大屋地爵士のJAZZYな生活

ご近所の夕陽桜

b0102572_189279.jpg
b0102572_1810222.jpg


久しぶりに、夕日がきれいなので、私の住宅のすぐ近くにある階段、例のおとぼけ桜がある階段を上がってみた。見下ろす住宅の白壁が夕日が染まり、桜のピンクとの鮮やかなコントラストを見せてくれる。逆光に透かす、「ソメイヨシノ(染井吉野)」の花びらもまた美しい。遠くの箕面の山の斜面、谷筋に咲いているのは、「エドヒガン(江戸彼岸)」であろう。

b0102572_1811598.jpg


我が家のすぐ東の丘の斜面にいつも咲く「ヤマザクラ(山桜)」。こちらも夕陽を浴びて輝いている。一庫公園や黒川、水明台の「エドヒガン」。これだけ、ご近所で桜を楽しめれば、有名桜やブランド桜を、わざわざ見に行く必要もあるまい。眼福、眼福 ・・・。

b0102572_10454047.jpg

さて、夕日と桜が綺麗だったので、今宵の一曲、選んだのは、オーストラリアのほっこりおばさん、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel 」の歌う「カナダの夕陽/Canadian Sunset」です。

「Canadian Sunset」は、ジャズ・ピアニスト「エディ・ヘイウッド/Eddie Heywood」作曲、「ノーマン・ギンベル/Norman Gimbel」作曲によるポピュラー・ソング。1956年、「ヘイウッド&ヒューゴ・ウインターハルター楽団/Heywood and Hugo Winterhalter」のインスツルメンタル・バージョン、「アンディ・ウイリアムス/Andy Williams」のボーカル・バージョンのいずれもヒット・チャートの上位を獲得した。

【 Canadian Sunset 】

「♪ Once I was alone          かってわたしは一人ぼっちで
   So lonely and then         とても寂しかったが
   You came, out of nowhere    あなたがどこからともなくやって来た
   Like the sun up from the hills  丘の向こうから太陽が昇るように

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」


アルバムは、「アート・オブ・ラウンジ 3/The Art Of Lounge volume 3」。前作、1、2同様、みんながよく知っているPOPSやスタンダードを、ジェントルでほっこりした歌声が、聴く人を癒してくれる。

Vol. 3-Art of Lounge

Janet Seidel / CD Baby



「Canadian Sunset - Janet Seidel」

          

 


 
[PR]
by knakano0311 | 2016-04-07 11:28 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25585520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 桜散らしの雨 今に活かしたい里山ではあるが ・・・ >>