大屋地爵士のJAZZYな生活

桜は人を笑顔にさせる

b0102572_23335749.jpg


あすは雨だというので、青空が広がる今日、もう一度「エドヒガン」を見ておこうと、妻も一緒にいつもの山へ。午前中なら逆光にならずに、さぞ青空に映えるだろうと思っていってみたが、果たしてそのとおりであった。休みとあって、何人かの来園者が、この天然記念物に指定された「エドヒガン」の群落を見に訪れていた。口々に「なんと、きれい!!」と感嘆の声を上げているのを聞くと、開花に間に合わせるため、周辺整備に苦労したことも喜びに変わる。やはり、桜は、見る人も手入れをする人も笑顔にさせる。

b0102572_2342172.jpg


「メイク・サムワン・ハッピー/Make Someone Happy」でも聴いてみましょうか。ボランティア活動の真髄を表しているようなタイトルですが ・・・。いろいろなアーティストにカバーされているスタンダード。今宵は、「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」のボーカルと「ビル・エヴァンス/Bill Evans」のピアノ・ソロで ・・・。

b0102572_025221.jpg

「ソフィー・ミルマン」。ロシア・ウラル山脈出身で冷戦崩壊後の混乱の中、イスラエルに移住、そこで育ち、その後カナダへ。トロント大学生のときJAZZ歌手デビュー、現在はカナダ、アメリカを中心に活躍する若手イチオシ女性ボーカルの一人。

「ペリー・コモ/Perry Como」あたりが最初に取り上げて有名になった歌らしい。作詞は「ベティ・コムデン/Betty Comden」、「アドルフ・グリーン/Adorf Green」のコンビ、作曲「ジュール・スタイン/Jule Styne」。ミュージカル「Do Re Mi」(1960年)の中の曲という。

【 Make Someone Happy 】 作詞;Betty Comden & Adorf Green 作曲;Jule Styne

「♪ Make someone happy,           誰かを幸せにしてあげよう       
   Make just one someone happy,   ある誰かを幸せにしてあげればいい
   Make just one heart the heart you sing to.  その人の心に歌いかけてあげよう
   One smile that cheers you,       必要なのは元気づける笑顔、それと
   One face that lights when it nears you,  そばに来ると周りがパッと明るくなる笑顔だ
   One girl you’re ev’rything to.      そしてあなたが全てと思ってくれるその人
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」


Make Someone Happy

Sophie Milman / Linus



「Sophie Milman - Make Someone Happy」

          

「トニー・ベネット/Tony Bennett」とのデュエットなど、「ビル・エヴァンス」も好んで取り上げているが、ここではピアノ・ソロで ・・・。アルバムは、「Alone Again」から。

Alone Again

Bill Evans / Ojc



「Bill Evans - Make Someone Happy」

          
 




 
[PR]
by knakano0311 | 2016-04-03 09:54 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25613879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今に活かしたい里山ではあるが ・・・ 10年がかりでクヌギを育てる >>