大屋地爵士のJAZZYな生活

木漏れ日の森の中を歩く

b0102572_15152417.jpg
b0102572_1517267.jpg
b0102572_15175472.jpg


いつもは、ボランティア活動で訪れる公園を、この日は妻のリクエストで、ウォーキングに訪れる。木漏れ日が美しい木立の中をゆっくりと頂上まで登る。やや汗ばむくらいで心地いい。ちょうど「エゴノキ」の花が満開。ビオトープには、まだ「モリアオガエル(森青蛙)」のおおきな卵塊が垂れ下がっていた。

b0102572_10161283.jpg

さて、「マイケル・ブーブレ/Michael Buble」のロマンチックなエバーグリーン・ラブソング、第3弾は、「The way you look tonight」。邦題は、「今宵の君は」。

1936年、「フレッド・アステア/Fred Astaire」主演の映画、「有頂天時代/Swing Time」のために書かれたそうで、この曲は「アカデミー賞映画主題歌賞」を受賞したという。作詞を頼まれた「ドロシー・フィールズ/Dorothy Fields」は、作曲者の「ジェローム・カーン/Jerome Kern」の演奏を聴いたとたん、そのメロディの美しさに、ポロポロと涙を流してしまったというエピソードが残っているくらい。1961年には男性コーラス・グループの「レターメン/The Lettermen」でリバイバル・ヒットした。

【 The way you look tonight 】  作詞;Dorothy Fields 作曲;Jerome Kern

「♪ Some day, when I´m awfully low    いつか、僕が落ち込んで
   When the world is cold            世間て冷たいなと思う時があっても
   I will feel a glow just thinking of you  君のことを思えば幸せに感じるだろう
   And the way you look tonight       今夜の君のことを思えば

   You´re lovely, with your smile so warm  君は可愛らしく、微笑みは温かく
   And your cheeks so soft              ほっぺは柔らかい
   There is nothing for me but to love you  君を愛することだけがすべてさ
   And the way you look tonight          今夜の君のことを

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・             ・・・・・・・・・・・・   ♪」

Michael Buble

Michael Buble / Reprise / Wea



ボッサアレンジが洒落た感じに ・・・。

「The way you look tonight - Michael Buble」

          
[PR]
by knakano0311 | 2016-05-22 00:15 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25815692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 母の好きだった花が 路傍の花、樹々の鳥(120) ... >>