大屋地爵士のJAZZYな生活

いよいよ梅雨明けだ

b0102572_14293672.jpg
b0102572_1815511.jpg


「18日昼前、気象庁は、九州南部・北部、四国、中国、近畿、東海が梅雨明けしたとみられると発表した」とニュースが報じている。

久しぶりに雲一つない青空。太陽が容赦なくジリジリと照りつける。蝉もうるさいほどに鳴き出した。誇らしげに咲く炎天の花。夏はこうでなくちゃと思う反面、やっぱりこの暑さ、老いの身にこの急激な暑さはこたえる。といいつつ、いくつかの用事をこなす。

さて、今宵の曲は、「ブルー・スカイ/Blue Skies」。「アーヴィング・バーリン/Irving Berlin」が1926年に書いたポピュラー音楽の歌。「幸せの象徴である青い鳥 (Bluebird of happiness)」を歌詞を盛り込んだ数多くの曲のひとつであり、次のような一節がある。

「♪ Bluebirds singing a song    青い鳥が歌を歌っている
   Nothing but bluebirds all day long. 間違いなく青い鳥が一日中  ♪」

b0102572_21422724.jpg

さて、最初の歌い手は、アメリカが誇る国民的シンガーといっていいでしょう。「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」。都会的な中にも、土の匂いがする歌手。スタンダードを本当に渋く、年輪を重ねた人にしか歌えないような味わいで歌っている。カントリー出身の歌手であるが、もはやカントリーという枠では括りきれない「ウィリー・ネルソン」の「スターダスト/Stardust」(1978)から。この曲は、1978年の「Billboard Hot Country Singles」の第1位にランキングされた。

Stardust

Willie Nelson / Columbia/Legacy



「Willie Nelson - Blue Skies」

          

2人目は、このブログで何度も取り上げている早逝の歌手、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」。生前としては最後に残された「ブルース・アレイ/Blues Alley」でのライブ・アルバム、「Live at Blues Alley」から。

Live at Blues Alley

Eva CassidyEva Music



「Eva Cassidy - Blue Skies」

          

最後は、その歌心溢れる「ビル・チャーラップ/Bill Charlap」のピアノの演奏にいつも聞き惚れてしまう「ニューヨーク・トリオ/New York Trio」のアルバム、「夜のブルース/Blues In The Night」から。

夜のブルース

ニューヨーク・トリオ / ヴィーナスレコード


 
「New York Trio- Blue Skies」

          



  
[PR]
by knakano0311 | 2016-07-20 10:06 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26018618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「海の日」に思い出すのはあの頃 自分で打った麺で冷やしぶっかけ... >>