大屋地爵士のJAZZYな生活

ツマグロヒョウモンの季節

b0102572_15432317.jpg


この時期ご近所でよく見かけるのが、「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」。あちこちの花に群れているし、ちょうど幼虫が羽化する季節でもある。何回か我が家の庭先でも、幼虫や蛹(さなぎ)、羽化するのを見かけたが、初夏に見かけた幼虫は、羽化を楽しみにしていたが、どこかへ行ってしまったか、鳥にでも食べられてしまったようで見かけなくなってしまった。また来年に ・・・。

b0102572_15565226.jpg

しばらく見ぬ間に、すっかり大人の風格をもち、本格派のジャズ歌手に脱皮したのは、イタリアの新鋭、「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」。2008年のデビュー・アルバム、「カムズ・ラヴ/Comes Love」を私はかなり注目していた。しかし、その後消息を聞かなかったが、最近2ndアルバム、「Optics」(2014)が出ていることを知った。6年ぶり、ちょっとお久しぶり過ぎるのでは ・・・。

その成長ぶりをお聴きあれ。パーソネルは、「Alice Ricciardi; vocals」、「ピエトロ・ルッス/Pietro Lussu; piano」、「エンリコ・ブラッコ/Enrico Bracco; guitar」、「Dario Deidda; bass」、「マルコ・ヴァレリ/Marco Valeri; drums」。イタリア気鋭のメンバーのサポートを受けての意欲的なアルバム。

Optics

Alice Ricciardi / CD Baby




「Alice Ricciardi ー DEEP SONG」

          

「Alice Ricciardi ー OPTICS」

          
[PR]
by knakano0311 | 2016-08-14 09:48 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26099502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棚田の蜻蛉 スカボロー・フェアのように >>