大屋地爵士のJAZZYな生活

棚田の蜻蛉

b0102572_1654151.jpg
b0102572_16551984.jpg


車を走らせて、久しぶりの能勢町・長谷の棚田へ。日本の棚田100選にも選ばれている棚田。稲穂が青々と綺麗に出揃っている。今年も豊作か。「シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)」、「アキアカネ(秋茜)」、いわゆる「赤とんぼ」が群れをなして飛び回っている。ちょっとだけ気温も低いように感じる。盆が終われば、もう秋の気配が忍び寄ってくる。開放感を味わった短い夏の束の間の刻。

b0102572_13284650.jpg

さて、今宵のディーヴァ、遅ればせながら、アルバム、「Slow Fox」で「スウェーデン美女シンガー図鑑」入りをした、「モニカ・ボーフォース/Monica Borrfors」。(参照拙ブログ「スウェーデン美女シンガー図鑑(13 ) ~ 忍び寄って来たバラード唄い ~ 」


1954年ストックホルム生まれというから、まず相当な熟女。写真やジャケットからの印象では、年相応のちょっとぽっちゃりした女性のようだ。モニカは、'80年代から頭角を現してきたスエーデンでも結構名の知れた歌手らしい。後に夫となる「イョスタ・ニルソン/Gösta Nilsson」のピアノに魅せられて歌手になり、1980年にデビューしたという。現在ストックホルムを中心として活躍を続け、10枚を超えるアルバムをリリースしているという。彼女の声は北欧女性シンガーに多い、ややハスキーがかった歌声で、大人の雰囲気やムードを醸し出しながらバラードを歌う、「これは掘り出しもの」と私に思わせた「バラード唄い」。

Hello Young Lovers!

Monica Borrfors / Gazell Records



「MONICA BORRFORS ー It's easy to remember」

          

  



  
[PR]
by knakano0311 | 2016-08-15 11:55 | 地域の中で・・・ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26102292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-08-16 13:09
タイトル : 「日本の里100選」に選ばれタ日本の原風景
越後 松代・松之山、星峠の棚田 Terracedrice fields of Matsdai and Matsunoyama in Tokamachi,Niigata Prefecture  新潟県十日町市松代・松之山地域には棚田があります。農村の原風景として、心の安らぎを感ずる風景として愛されてきました。緑豊かな田んぼや里山の風景や植物など四季折々に美しい自然の景観が受け継がれていることから、「日本の里100選」に選ばれています。その中でも星峠の棚田は、日本一の棚田と言われ全国的に知られるようにな...... more
<< いろいろな形があっていい ツマグロヒョウモンの季節 >>