大屋地爵士のJAZZYな生活

川沿いを歩いた夜は真夏のノクターンを

b0102572_1563150.jpg

車をメンテのためディーラーに預け、ちょっと暑いが、阪急川西能勢口駅までと、猪名川沿いに歩きはじめる。この近辺には、応神天皇の時代に、我が国に裁縫、機織、色染めの技術を伝え、現在も神社に祀られている二人の媛、「呉服媛(くれはとりひめ)・穴織媛(あやはとりのひめ)」にまつわる伝説、史跡、地名が多く残っている。「呉服媛」の所縁の橋、「呉服(くれは)橋」、媛たちの乗った船がついたといわれる「唐船ケ渕(とうせんがふち)」、「絹延橋(きぬのべばし)」などがそれで、その昔、養蚕技術や機織技術をもった朝鮮半島からの渡来人たちが、この近辺に住み着いていたことを推測させる。川面を心地よい風が吹き抜け、あまり暑さを感じない。 

b0102572_16105925.jpg

昔からの屋敷が立ち並ぶ住宅街の狭い道を行くと小さな森に囲まれた延喜式内社、「小戸神社(おおべじんじゃ)」の前に出る。兵庫県指定天然記念物、「大楠 」を過ぎるともう阪急川西能勢口駅。

買い物とランチを済ませ、車を引取りに来た道とは違った経路を戻る。市の中心部が再開発中で、更地となっただだっ広い土地や、建設用クレーンが目に付く。そんな都会の一角から、甘酸っぱい独特の香りがあたり一面に漂っている。川西市の名産で今が旬のいちじく畑である。

b0102572_16111630.jpg

さて、こんな真夏の宵には、真夏のノクターン。前回に続いて、最高のベーシスト、「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden 」と、ピアニストの「ゴンサロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」が、パーカッショニストの「イグナシオ・ベロア/Ignacio Berroa 」というキューバ出身のチームとトリオを組み、きら星のごときゲストたちを迎えてプレイしているアルバム、「ノクターン/Nocturne」。

うっとりとするようなこのアルバム、もはや説明不要。パーソネルは、「Charlie Haden(b)」、「 Gonzalo Rubalcaba(pf)」、「Ignacio Berroa(ds) 」、「Joe Lovano(sax)」、「David Sanchez(sax)」、「Pat Metheny(g)」、「Federico Britos Ruiz(violin) 」。録音は2000年、8月、マイアミのスタジオにて。

Nocturne

Charlie Haden / Umvd Labels



何曲かは何回も取り上げているが、今回は全11曲、トラックリスト順にアップしておきます。真夏のノクターン、たっぷりとお楽しみください。
1)En La Orilla Del Mundo (At The Edge Of The World)
2)Noche De Ronda (Night Of Wandering) ft;Pat Metheny
3)Nocturnal
4)Moonlight (Claro De Luna)
5)Yo Sin Ti (Me Without You)
6)No Te Empenes Mas (Don't Try Anymore)
7)Transparence
8)El Ciego (The Blind)
9)Nightfall
10)Tres Palabras (Three Words)
11)Contigo En La Distancia/En Nosotros (With You In The Distance/In Us)

「① Gonzalo Rubalcaba & Charlie Haden - En La Orilla Del Mundo (At The Edge Of The World)」

          

「② Pat Metheny, Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba - Noche De Ronda (Night Of Wandering)」

          

「③ Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba - Nocturnal」

          

「④ Charlie Haden - Moonlight (Claro de Luna) 」

          

「⑤ Gonzalo Rubalcaba & Charlie Haden - Yo Sin Ti (Me Without You)」

          

「⑥ No Te Empeñes Mas(Don't Try Anymore) - Charlie Haden」

          

「⑦ Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba - Transparence」

          

「⑧ Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba - El Ciego (The Blind) 」

          

「⑨ Nightfall - Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba」

          

「⑩ Charlie Haden - Nocturne - Tres Palabras (Three Words)」

          

「⑪ Charlie Haden - Contigo En La Distancia/En Nosotros (With You In The Distance/In Us)」

          
[PR]
by knakano0311 | 2016-08-22 14:24 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26123653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ジャズ・ハーモニカのレジェンド... 役者やのう ・・・ >>