大屋地爵士のJAZZYな生活

九月の花、九月の歌(1) ~ September Song ~

b0102572_15272374.jpg


この時期、庭のあちこちに咲き出すのが、「ハナカタバミ(花片喰)」。原産地は南アフリカのケープ地方の多年草。日本へは江戸時代に観賞用として渡来したという。葉の先端が食べられたように欠けていることから「片喰」と名付けられた。

「九月の歌」といえば、定番は「セプテンバー・ソング/September Song」。やはりこの歌を取り上げないわけにいかないでしょう。「セプテンバー・ソング/September Song」は、「クルト・ワイル/Kurt Weill」作曲、「マックスウェル・アンダーソン/Maxwell Anderson」作詞のブロードウェイ・ミュージカル、「ニッカボッカ・ホリディ/Knickerbocker Holiday」の挿入歌。かってこのブログでも、歌詞とともに、「ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman」の歌声で取り上げました。(参照拙ブログ「60歳過ぎたら聴きたい歌 (93) ~ 九月の歌 ~」

「九月の歌」というタイトルではあるが、歌詞の内容は、人生を12ヶ月に喩えた歌。『明るい夏が終る9月になると、人生も秋にさしかかり、残された日々が大切になる ・・・。残り少ない時間をあなたと共に過したい』。そんな我々世代が共感できる歌。

b0102572_21281184.jpg

今宵は、アジアの癒し姫、「ジャシンタ(ジャシンサとも)/Jacintha」のアルバム、「ラッシュ・ライフ/Lush Life」(2002)から。

「ジャシンタ」。本名「Jacintha Abisheganaden」、1957年マレーシア生まれ。ピアノを弾き語る中国人の母と、クラシック・ギタリストでスリランカ人の父を持ち、シンガポールで活躍しているJAZZボーカリスト、女優。10代の頃にピアノとボーカルを学び、シンガポール国立大学を卒業した後、芝居と音楽の世界に入ったという。

Lush Life

Jacintha / JVC


 

「SEPTEMBER SONG - JACINTHA」


          

そして、ボーカルなしのインスツルメンツでも、「チェット・ベイカー/Chet Baker」をあげてみます。「ケニー・バレル/Kenny Burrell」の絶妙のギターと絡んだアルバム、「チェット/Chet」から。

チェット+1

チェット・ベイカー / ユニバーサル ミュージック



「Chet Baker ー September Song」

            
  



  
[PR]
by knakano0311 | 2016-09-11 10:08 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26177548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九月の花、九月の歌 (2) ~... 台風が過ぎて山には秋の気配が漂... >>