大屋地爵士のJAZZYな生活

記憶の中の月(9) ~ 歩いてみようか、月の夜は ~

b0102572_13233524.jpg


「夜出歩く」ということがすっかりなくなってしまった。子供扱いだった小中学校の頃は、夜歩きといえば、家に風呂がなかったから銭湯へ行く時か、お祭り見物くらい。高校、大学時代になると、クラブ活動やコンパ、バンド活動に、卒業研究、卒業論文と俄然多くなった。就職してからは、「夜出歩く」といったらもっぱら飲み屋街。定年退職後はそれもなくなり、最近は年に1,2回程度。飲んだあと帰ってくるのが面倒くさくなってしまったからでもある。    

京都や大阪、神戸まで足を伸ばさなくとも、こんなに自然が近くの所に住んでいるのだから、月だ、星だ、夜桜だ。紅葉のライトアップやクリスマスのイルミネーション、火祭り、地蔵盆、千灯会、花火大会 ・・・と、夜歩きを誘う地域のイベントも数多くある。最近はそれもおっくうになってしまった。

「月の歌」を特集してみて、気候が良くなったので、「夜になったら、窓を開けて空を見てみよう。月を見ながら歩いてみようか。」という気になった。なにかいいことが起こるかも知れない。(写真はNETより拝借)

b0102572_13543657.jpg

さて締めくくりの「月の歌」です。かって「向田邦子」が、そのエッセイ集「眠る盃」の中の一篇「水羊羹」で、「水羊羹に一番似合う」と評した女性シンガーがいる。「ミリー・ヴァーノン/Milli vernon」。アルバムは、「イントロデューシング/Introducing」(1956年録音)。(参照拙ブログ「向田邦子の愛したJAZZ   ~水羊羹にあうJAZZ~」「羊羹って、いまが旬? 」 など)

その中の一曲が、「ムーン・レイ(月光)/Moon Ray」。「エラ ・ フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」の歌唱で知られている歌。レトロな中にも、ムーディに端正に、そして密やかに歌う。「向田邦子」は「ミリー・ヴァーノン、生きているのか、死んでいるのか ・・・」と書いたが、健在のようです。

【 Moon Ray 】  by Artie Shaw / Nat Madison / Arthur Quenzer

「♪  Moon Ray            月の光よ
    cast your spell upon my lover, 私の恋人に呪文をかけて
    Under this starlit cover,     この星空の下で
    Use all your magic charms!  あなたの持てる魔法の力全てを使って
        ・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

なにか、「セーラームーン」を思わせるような雰囲気の歌。

イントロデューシング

ミリー・ヴァーノン / ミューザック



「Milli Vernon - Moon Ray」

          

b0102572_1526285.jpg

「ダイアナ・クラール/Diana Krall」、「ホリー・コール/Holly Cole」に続くカナダ出身の実力派女性シンガー、「エミリー・クレア・バーロウ/Emilie-Claire Barlow」が歌うのは、あの「ビリー・ホリデイ/Billie Holiday」の「月光のいたずら/What A Little Moonlight Can Do」。アルバムは、「The Very Thought Of You」(2007)から。スィートでチャーミングで親しみやすい彼女の歌声は、多くのファンを魅了してやまない。

【 What A Little Moonlight Can Do 】 作詞・作曲;Harry Woods

「♪ Ooh, ooh, ooh          ウーウーウー
   What a little moonlight can do  これはきっと月の光のいたずら
   Ooh, ooh, ooh          ウーウーウー
   What a little moonlight can do to you 月の光があなたにいたずらしたのね
   You in love              あなたが恋に落ちるように
   Your heart's fluttering all day long   あなたの心は舞い上がり  
   You only stutter cause you for sure   間違いなくあなたは有頂天
   Just throw that out of the way     なにも手がつかない
   I love you               そんなあなたが好き
        ・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

Very Thought of You

Emilie-Claire Barlow / Empress Music



そのスキャットの冴えが楽しめる「エミリー・クレア・バーロウ」の歌唱。

「Emilie-Claire Barlow - What a Little Moonlight Can Do」

          

最後は、懐かしい「ナット・キング・コール/Nat King Cole」の歌声から。「月光価千金(げっこう あたい せんきん)」というレトロな邦題が付けられた「Get Out And Get Under The Moon」です。作られたのは1928年。日本では、「エノケン(榎本健一)」等によって紹介されて有名な曲。

【 Get Out And Get Under The Moon 】 
           Music: Larry Shay / Lyrics: William Jerome & Charles Tobias

「♪ When you're all alone, any old night   ひとりぼっちの夜で
   And you're feeling out of tune      気分が晴れないと感じたら
   Pick up your hat and close up your flat  帽子をとって、戸閉まりをして
   Get out and get under the moon     月の光輝く外に出てみよう
        ・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

ツイン・ベスト・ナウ

ナット・キング・コール / EMIミュージック・ジャパン


 
「Nat King Cole - Get out and get under the moon(月光価千金)」

          
[PR]
by knakano0311 | 2016-10-15 18:08 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26192359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いつもながらの味を 秋のかたち、秋のうた(8) ~... >>