大屋地爵士のJAZZYな生活

秋のかたち、秋のうた(4) ~ この街が一番 ~

b0102572_1432137.jpg
b0102572_18211967.jpg


遊びの山の「ヤマボウシ(山帽子、山法師)」の実が大きく色付いてきた。マンゴーに似た味が楽しめる。我が家の庭の「ムラサキシキブ(紫式部)」、あるいは「コムラサキ(小紫)」も ・・・。この地に引っ越してきてから20数年。生まれてから高校までは松本、大学生活を送った仙台、就職し結婚して大阪と何箇所か過ごしてきたが、この地が一番長くなってしまった。

都会と田舎、両方の良さを併せ持つこの地が気に入っている。このまま終の棲家となればいいが ・・・。誰しもがだろうが、住めば都。この街が一番。

秋の歌。今宵は、Autumn In New York(ニューヨークの秋)」。「そこで生まれて育ったわけでなないが、NYは私を受け容れてくれる。やっぱり大好き。この街が一番。」 そんな想いにあふれた曲。

随分昔に、ニューヨークを訪れたとき、ちょうど「ニューヨーク・シティ・マラソン」に出くわした。タイムなどは関係なく、夕暮れ近くなっても、ゴールの「セントラルパーク」に笑顔で帰ってくる参加者たち。そんな光景を見て、この街を走ることがすきなんだと感じたことを思い出した。

b0102572_11424770.jpg

作詞・作曲は、「ヴァーノン・デューク/Vernon Duke(1903 - 1969)」。「パリの四月/April In Paris」や「言い出しかねて/I Can't Get Started」などのスタンダードで知られている音楽家。本名を、「ヴラジーミル・アレクサンドロヴィチ・ドゥケーリスキー(ロシア語:Владимир Александрович Дукельский」といい、ロシア貴族の御曹司だったが、ロシア革命を逃れ、合衆国に家族で亡命、ガーシュインの勧めでポピュラー音楽の世界に入っったという。

そんな彼が、1934年、ミュージカル・ショー「Thumbs Up!」のために作曲した曲の中の1曲で、13年後、「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」のレコーディングによりヒットした。

【 Autumn in New York(ニューヨークの秋) 】

「♪ Autumn in New York         ニューヨークの秋
   Why does it seem so inviting    どうしてこんなに魅力的なんだ
   Autumn in New York        ニューヨークの秋
   It spells the thrill of first-nighting  まるで初日の幕が開くようにワクワクする

   Glittering crowds and shimmering clouds きらびやかな人びと、キラキラ光る雲
   In canyons of steel          峡谷のような摩天楼に漂うそれらを見ると
   They're making me feel - I'm home  ああ、我が家に帰ってきたんだと実感する

   ・・・・・・・・・・・・・・・・

   Lovers that bless the dark      夜の闇に感謝し     
   On benches in Central Park     セントラルパークのベンチに座る恋人たち
   It's autumn in New York       それこそがニューヨークの秋
   It's good to live it again        やっぱりこの街が一番 ♪」

b0102572_21202180.jpg
 
さて、「ニューヨークの秋」。歌う歌姫は、「キャロリン・レンハート/Carolyn Leonhart」。1971年、ニューヨーク生まれのジャズ・ボーカリスト。父は、ベーシストとして名高い「ジェイ・レンハート/Jay Leonhart」。音楽一家に育ったため、早くからその音楽的才能の開花を期待されていたという。高校で音楽教育を受け、ゴスペル・コーラス・グループで歌い、ジャズへの傾倒を深めていった。やがて、「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet(MJQ)」の「デヴィッド・マシューズ/David Matthews」に見出され、2002年、日本のレコード会社、「キングレコード」から自信名義のアルバム、「Autumn in New York」でデビューを果たした。

ニューヨークの秋

キャロリン・レンハート、 デヴィッド・マシューズ・トリオキングレコード



「Carolyn Lenhart - Autumn in New York」

          

続いてはかなり古くなりますが、「モダン・ジャズ・クインテット/Modern Jazz Quartet」の演奏で ・・・。アルバムは名盤の評価が高い「ジャンゴ/Django」から。

ジャンゴ

モダン・ジャズ・クァルテット / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Modern Jazz Quartet - Autumn In New York」

          

 


  
[PR]
by knakano0311 | 2016-09-21 18:10 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26198528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ちょっと早いようですが 秋のかたち、秋のうた(3) ~... >>