大屋地爵士のJAZZYな生活

秋のかたち、秋のうた(2)  ~ どんぐりの歌が聞こえる ~

b0102572_15212291.jpg
b0102572_15213956.jpg
b0102572_1522846.jpg


今年は、遊びの山の「ドングリ(団栗)」が豊作のようである。こんな光景を見ると、秋が来たなと感じるのである。上から、「クヌギ(椚、櫟)」のドングリ、「コナラ(小楢)」のドングリ、そして「アラカシ(粗樫)」のドングリである。

さて、先だってのブログで取り上げた、「リオ・パラリンピック/Rio 2016 Paralympic Games」のドイツの義足の走り幅跳びの選手、「マルクス・レーム/Markus Rehm」であるが、8m21cmを跳んで、金メダルに輝いた(障がいクラス:T44)。この記録は、健常者の「リオ五輪」、第4位のアメリカの「ジャリオン・ローソン」の記録、8m25cmに次ぐ記録である。ニュースのコメンテイターの言葉にちょっとうなずけた。「眼鏡やコンタクト・レンズを着けても健常者の競技会に出場できるのなら、義足などでの出場についても、もう少し優しくあってもいい。」 (参照拙ブログ「スポーツ・スペクタキュラー・パラリンピック」

b0102572_0214349.jpg

秋の歌。「アーリー・オータム/Early Autumn」を選んでみた。オランダのおしどり夫婦アーティスト、「マリエル・コーマン & ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ/Marielle Koeman & Jos Van Beest Trio」。アルバム、「From The Heart」から。

1948年、「ラルフ・バーンズ/Ralph Burns」が「ウディー・ハーマン楽団/Woody Herman」に書き下ろした曲で、歌詞は1952年に、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」が後付けで書いたもので、「次の秋は君と迎えることはないだろう」というせつない歌。


【 Early Autumn 】 
           作曲:Ralph Burns, Woody Herman 作詩;Johnny Mercer

「♪ When an early autumn walks the land and chills the breeze
   And touches with her hand the summer trees,
   Perhaps you'll understand what memories I own.
     初秋が大地を覆い、風を冷たくし、夏の木々にタッチする頃
     君はぼくが抱いていた思い出がなんだったかわかってくれるだろう   

   There's a dance pavilion in the rain all shuttered down,
   A winding country lane all russet brown,
   A frosty window pane shows me a town grown lonely.
     雨の中、公園のダンス場は閉鎖され、曲がりくねった田舎道は茶色になる
     霜の降りた窓ガラスを見ていると、街には人気がなくなっていることに気がつく

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   Darling if you care, please, let me know,
   I'll meet you anywhere, I miss you so.
   Let's never have to share another early autumn. 
     愛する人よ、もしまだ僕の気にかけているなら、どうぞ教えて
     僕は君に会いにどこへでも行くよ とても寂しいから 
     でも、きっと次の秋は君と迎えることはないだろう  ♪」


FROM THE HEART

マリエル・コーマン & ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ / 澤野工房



「Jos van Beest Trio featuring Marielle Koeman - Early Autumn」

          
[PR]
by knakano0311 | 2016-09-19 10:07 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26198534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋のかたち、秋のうた(3) ~... 秋のかたち、秋のうた(1) >>