大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(132) ~ 秋は地に空に ~

b0102572_11285080.jpg
b0102572_1129421.jpg
b0102572_11291728.jpg


「メキシカンブッシュセージ(アメジストセージ、サルビアレウカンサ・メキシカンブッシュセージとも)」がその紫の穂状の花を、まるで尾のように空に向かって高く掲げている。そして、名を知らない初めて見る花も ・・・。

空を揺るがす爆音に目をやると、自衛隊のヘリコプター8機ほどが編隊を組んで南へと飛んでゆく。この光景も毎年のことで、なれっこになってしまった。この地に引っ越してきて最初にこの音を聴いたときは、本当にびっくりして、「すわ、何事ぞ!」と家から飛び出したものである。陸上自衛隊の駐屯地が隣町伊丹市にあり、市民との交流を目的とした「伊丹駐屯地祭」が毎年11月に行われ、そのパレードに参加するため、福知山の基地から予行演習のため飛来した編隊らしいのだ。もう、この地域の秋の風物詩にすらなっているように思える。

b0102572_1733045.jpg

さて、「10月の歌」は、「When October Goes」。「10月が過ぎ去ると ・・・」そんな意味でしょうか。「バニー・マニロウ/Barry Manilow」自身の作曲になるヒット曲。「ミスター・アメリカ」と呼ばれ、「Moon River」、「酒とバラの日々/The Days Of Wine And Roses」などでオスカーをとった、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」(1976年没)の作詞である。彼の妻が彼の死後、遺品を整理していた時にこの詩を偶然見つけ、そのとき直ちに「マニロウに曲をつけて歌ってもらおう」というインスピレーションが閃いたそうである。

「バリー・マニロウ」。1943年生まれ。私たちと同世代で、「コパカバーナ/Copacabana」という大ヒット曲をもつアメリカのポピュラー音楽の歌手、ピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー。この歌は、1984年ポピュラー畑の彼にしてはJAZZ・ブルース色の濃厚な、全曲オリジナルで構成されたアルバム、「2:00 AM Paradise Cafe」に収録されている。これからの冬の夜長、グラスを傾けながらゆったり聴くにはぴったりの一枚であろう。まるでNYあたりの小さなJAZZクラブの片隅に居るような気分に浸れる極上のジャズ・バラード・アルバム。

【 When October Goes 】  by Johnny Mercer / Barry Manilow

「♪ And when October goes    そして、十月が過ぎ去ると
   The snow begins to fly     雪が降り始める
   Above the smokey roofs    煙たなびく煙突の上に
   I watch the planes go by    飛行機が飛んでゆく
   The children running home  子どもたちは家路を急ぐ 
   Beneath a twilight sky      暮れなずむ空の下
   Oh, for the fun of them     なんと楽しかったか
   When I was one of them    私もそんな子供達の一人だった

   And when October goes      そして、十月が過ぎ去ると
   The same old dream appears  あの夢がよみがえる
   And you are in my arms      今あなたは私の腕の中で
   To share the happy years     幸せな時を共に味わっているが
   I turn my head away         私は頭を逸らせ         
   To hide the helpless tears      流れる涙を隠す
   Oh how I hate to see October go  ああ、十月よ、行かないで
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


2:00 Am Paradise Cafe

Barry Manilow / Sbme Special Mkts.



「When October Goes - Barry Manilow」

          


b0102572_17465462.jpg

さて、女性シンガーの歌唱となると、この歌、「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」を選ぶ人が多いようですが、今宵は、「ナンシー・ウィルソン/Nancy Wilson」としましょうか。

「ナンシー・ウィルソン」。1937年生まれ、御年79歳。アメリカ合衆国、オハイオ州出身の女性ジャズ&ブルース歌手。今までに70枚以上のアルバムをリリースし、3度のグラミー賞を受賞したレジェンド的な大ベテラン。現在も健在で音楽活動を続け、最近作は「Turned to Blue」(2006)。このアルバムは、その年の「グラミー賞・ベスト・ジャズ・ボーカル・アルバム」を獲得したという。アルバム、「With My Lover Beside Me」(1991)からのピックアップ。

「Nancy Wilson ー When October Goes」

          

  

  
[PR]
by knakano0311 | 2016-10-12 17:28 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26258946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 記憶の中の月(8) ~ 満ちて... 記憶の中の月(7) ~ 美しき... >>