大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(134) ~ ご近所の紅葉を愛でる ~

b0102572_1621142.jpg
b0102572_15512059.jpg
b0102572_15513146.jpg


妻は朝から東京からの古い友達と奈良へと古寺拝観にお出かけ。私は午前中ボランティアの用事を済ませて、午後からは、団地内の紅葉が見頃だと聞いたので、ご近所の紅葉を愛でに出かける。団地内いくつもある公園や街路樹として植えられている、「ナンキンハゼ(南京櫨・南京黄櫨)」、「プラタナス(スズカケニキ/鈴懸の木)」、「フウ(楓)」や「カエデ(槭、槭樹、楓)」がすっかり色づいている。そして猪名川河畔の春の名物、「エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)」もやはり見事に色づいていた。名所まででかけなくても、十分に紅葉は楽しめた。

「ナンキンハゼ」、色の鮮やかな何枚かの葉を拾って帰ってきた。

「カラーズ/ダンス/Colors/Dance」。「ジョージ・ウィンストン/George Winston」の大ヒット環境音楽アルバム、「オータム/Autumn」(1980) から。 

Autumn

George Winston / Windham Hill Records



「George Winston - Colors/Dance」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2016-11-15 10:54 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26377564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(135) ... クヌギ林にチェーン・ソーの音響く  >>