大屋地爵士のJAZZYな生活

今日イチのいい顔は ・・・

b0102572_1173066.jpg
b0102572_1185262.jpg

今日イチのいい顔。大真面目なドヤ顔でピザ生地をこね、トッピングをしている男の子。横からお母さんが手助けしようとしても、「イヤ!!」とはねつけている。所属している森林整備ボランティア・クラブが、月に一度開催している子供のための木工作りのイベントでの一コマ。木工のほか、手打ちうどん、手作りピザなどを作ってもらって窯で焼いているが、子供たちはこの調理の時が一番真剣のようだ。そして、楽しいのは木工と食事時。いつもながら、子供たちの発想力には驚かされているが、今日イチの作品は恐竜。こちらも迫力のあるイイ顔。

b0102572_11541416.jpg

さて、今宵の癒し姫、ヒーリング・ディーヴァは、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」。わずか33歳という若さで、皮膚癌のために1996年11月2日に亡くなってしまった。しかも生前にリリースされたアルバムは、たった一枚。死後のリリースも含めても、本人が残したアルバムがたった3枚。しかし、その素晴らしい歌唱力がゆえに、死後に人気があがり、遺族や関係者により、未発表音源などから、いまだにリリースが続き、死後20年たった今でも我々を癒してくれている。

本人が生前にリリースが予定していたアルバム、「Eva By Heart」(1996)、死後、遺族らによってリリースされたコンピレーション・アルバム、「Songbird」(1998)に収録されている「Time Is A Healer」を聴いてみましょうか。英語に「Time is the great healer(時は偉大な治療者)」ということわざがあるが、多分そこが由来のこの歌のタイトルは、「やがて時が癒してくれる」という意味でしょう。

【 Time Is A Healer 】  
               Written by Diane Scanlon, Gregory Darryl Smith.

「♪ I found a picture        ふと見つけた
   of your smiling face.      あなたが微笑む一枚の写真
   Bringing old memories     鍵をかけ、ずっと遠ざけていた  
   that I had locked away.     昔の思い出が蘇る
   The burden of anger,      心が張り裂けそうな痛み
   from a heart filled with pain,  そんな怒りがもたらす苦しみ
   was finally lifted         でもその苦しみからやっと解放され
   and I smiled at you again, Oooh. 私はふたたび微笑みを取り戻した

   If time is a healer         もし、時が壊れてしまった
   then all hearts that break     すべての心を癒してくれるなら
   are put back together again    きっとふたたび元通りになるよ
   cause love heals the wounds it makes  愛は心の傷を癒す力があるから

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

Eva by Heart

Eva CassidyLiason



Songbird

Eva Cassidy / Blix Street



「Eva Cassidy - Time Is A Healer」

          

  



  
[PR]
by knakano0311 | 2016-11-29 10:03 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26407107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 長尾連山の林の中を「太子の冷泉... 路傍の花、樹々の鳥(137) ... >>