大屋地爵士のJAZZYな生活

寒壱百日の大荒行

b0102572_20521740.jpg


 地域の鉄道会社、能勢電鉄が行っている「のせでん悠遊セミナー」、今回は、『「寒壱百日の大荒行」~北極星に抱かれて ~』と題し、関西身延真如寺 能勢妙見山 住職 「植田観樹」師のお話。

 能勢妙見山は日蓮宗の霊場ですが、日蓮宗では、千葉県市川市にある大本山の「正中山法華経寺」で、毎年11月1日から翌年2月10日までの寒壱百日(かんいっひゃくにち)の間、大荒行(だいあらぎょう)が行われるという。志をもった荒行僧が、早朝2時に起床し、3時から夜11時まで、睡眠時間わずか3時間足らずの日課で、一日7回の水行と読経に明け暮れるという過酷な修行の日々を送る。食事は朝夕2回、梅干1個を添えた白粥と味噌汁だけという。

 講師は、この大荒行を5回も経験した「植田観樹」師。このような厳しい修行が「いつ始まったのか」、「そして何のために修行するのか」、荒行は結界の中での秘儀なので詳細は語ることができないらしいが、自身の修行体験を踏まえて、現代における修行の意義を改めて考え、先人の智慧とその継承・実践ということについて話を聞く。

b0102572_1891240.jpg

 修行に入ってから30日くらい経つと、幻覚、幻聴が現れ、精神的な辛さがつのり、やがて初めに抱いていた「修行に挑戦」という気負いは消え、「修行させていただいている」という想いを抱くようになったという。やがて、師の守護神である北極星、妙見さまに抱かれ、生かされているという感謝と悦びを感じるようになり、満願の100日明けには、終わったというより、ここから真の修行が始まるという心境であったと語る。

 最後に紹介してくれたのは、荒行堂の左右に掛かった楠木に書かれた二句。「寒水白粥凡骨将死 ~かんすいびゃくじゅくぼんこつまさにかれなんとす~」。「理懺事悔聖胎自生 〜りざんじげしょうたいおのずからしょうず〜 」。前句の意味は、「寒中冷水を浴び、僅かに命を繋ぐに過ぎない白粥をすすり、死ぬほど厳しい修行をする」。後句は、「厳しい懺悔の修行を一心にすることにより、遂に生まれ変わったように御仏とちがわない尊い身と成る」という意味だという。(日蓮宗HP参照、写真も)

 世の大半の人はそうではないかと思うのだが、日頃、安逸な生活に流され、葬式、法事くらいしか宗教的行事、まして過酷な修行などを体験したことのない私にとって、なかなか興味深い新鮮な講話であった。

b0102572_20302829.jpg

 さて、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」待望の新アルバムは、ソロ・ピアノ・アルバム、「Live In Germany」。

 「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」、「メルセデス・ソーサ/Mercedes Sosa」、「エディット・ピアフ/Édith Piaf」の3人の偉大なるシンガーに捧げたトリビュート・アルバム。彼女たちにゆかりの曲を中心に選曲、それに3人のアーティストそれぞれに捧げたミラバッシのオリジナル曲、「06.Mercedes」、「09.Ella」、「12.Edith」を加えた13曲で構成。演奏は、2014年9月16日、ドイツ南西の都市、ルートヴィヒスブルグにあるバウアー・スタジオのコンサートホール。使用ピアノは、1923年製の「Steimway Grand Concert」ピアノ。

 「パリの空の下」をオープニングに、フランス・シャンソン、アルゼンチン・フォルクローレ、アメリカ・ジャズと3つの異なる大陸の音楽を甘美と憂愁に満ちたミラバッシの独特の響きで描き上げている。

Live In Germany

Giovanni Mirabassi / Cam



 最近の彼のアルバムにはちょっと首をかしげていたが、この新アルバムでは「ミラバッシ節」は健在であった。しかしながら、最初に聴いたソロ・アルバム、「AVANTI!」の衝撃、感動には残念ながら及ばなかった。

AVANTI!

ジョバンニ・ミラバッシ / 澤野工房



 まだ、YOUTUBEにアップされていないので、さわりが聴けるサイト、「Giovanni Mirabassi Live In Germany」
を紹介しておきます。

 そして、初めて聴いて衝撃を受けたアルバム、革命歌、反戦歌ばかりで構成されたアルバム、「AVANTI!」から、「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido(団結した人民は決して敗れない)」を。

「Giovanni Mirabassi - El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-02-24 09:53 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26666529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 気分はもう「サクラサク」 スマートメーターへ >>