大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(150) ~ ちょっとレトロな雰囲気の路地を抜けて ~

b0102572_13273701.jpg
b0102572_13283072.jpg


 今日のウォーキング。いつもの道とは別に、山沿いの道を歩く。この近辺には、新しい住宅地の傍らに、古くからの農家や畑、路地、お寺などがあり、ちょっとレトロな雰囲気で牧歌的な風景が広がっている。すっかり春めいた日差しを浴びながら、ゆっくりとウォーキングを楽しむ。

 今宵の曲、春の定番曲、「You Must Believe In Spring(邦題:(やがては春が・・・)」。「ビル・エヴァンス/Bill Evans」の演奏が有名ですが、今宵は、「ジーン・ディノヴィ/Gene DiNovi」のピアノで ・・・。

 1928年ニューヨーク生まれというから、今年89歳のご長寿ピアニスト。流れるような華麗な演奏は、私のお気に入りのアルバム、「ゴールデン・イヤリング/Golden Earring」(2002年録音)から。

Golden Earring by Gene Dinovi (2006-10-23)

Gene Dinovi / Pony Canyon Japan



「Gene DiNovi - You Must Believe In Spring」

          
 


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-03-23 13:23 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26726747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山でも春の気配が濃くなってきた 久しぶりに太陽の下でピザを食べる >>