大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(154) ~ 次の主役は・・・ ~

b0102572_1455358.jpg
b0102572_14551381.jpg
b0102572_9551840.jpg


 ウォーキングをしていて目にとまったのが、「ツツジ(躑躅)」。桜の次にくる主役。その「ツツジ」が、もう出番をせっついているようだ。「ツツジ」の品種は多いので、なかなか名前まではわからない。最初の写真は名前はわからないが、花が玉状に咲いていて豪華絢爛。2枚目は、これはこのへんの里山や雑木林でよく見かける色鮮やかな「コバノミツバツツジ(小葉の三ツ葉躑躅)」。準備万端整っているようだ。そして、我が家の庭先に咲く「タンナゲンカイツツジ(耽羅玄海躑躅)」。何年か前に、六甲山の森林植物園で求めたものであるが、今朝起きたら、小雨の中、鮮やかな赤紫色の花が開いていた。

b0102572_14552947.jpg


 もちろん、桜もまだ主役を譲る気配はないようだ。いまが絶好調。午前中に雨も上がったが、花はしっかり残っており、花散らしの雨とはならず、むしろ一層色鮮やかに映えている。こんなことわざを思い出した。「April showers bring May flowers.」「四月の驟雨(しゅうう)が五月の花をもたらす」。

b0102572_11531731.jpg

 今宵の歌は、「四月の雨/April Showers」。1921年の「Bombo」というブロードウェイ・ミュージカルのために作られた曲で、劇中、「アル・ジョンソン/Al Jolson」が唄ったという。作曲は、「ルイ・シルヴァース/Louis Silvers」、作詞は「バド・デ・シルヴァ/Bud De Sylva」。

 そして、今宵の歌姫は、アメリカの女優、歌手「ジュディ・ガーランド/Judy Garland」(1922年 - 1969年)。やはり女優で歌手の「ライザ・ミネリ/Liza Minnelli 」は、2度目の夫、映画監督「ヴィンセント・ミネリ/Vincente Minnelli」との子であることでも知られている。1939年のミュージカル映画、「オズの魔法使い/The Wonderful Wizard of Oz」でドロシーを演じて、一躍ハリウッドの人気者となった。「虹の彼方へ/Over The Rainbow」の歌唱はあまりにも有名。しかし、容姿・演技力・歌唱力ともに素晴らしい才能を持ちながら、薬物で身を持ち崩し、睡眠薬の過剰服用により、47歳の若さで亡くなった。その彼女が歌う「四月の雨」。

【 April Showers 】  written by Louis Silvers and lyrics by B. G. De Sylva

「♪ Though April showers   4月って
  May come your way,   よく雨に降られるけど
  They bring the flowers   この雨は花を育て
  That bloom in May     5月に咲かせるの

  And if it's raining,    もし雨に降られても
  Have no regrets     嫌にならないで
  Because, it isn't raining rain, you know, 雨を降らしているわけではないの
  It's raining violets.    すみれ(花)を降らしていると思ってね
  ・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

Very Best of Judy Garland: The Capitol Recordings 1955-1965

Judy Garland / EMI Gold Imports




「Judy Garland ー April Showers」


       
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-04-10 11:45 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26774321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 続々・庭先の小さな春 続・庭先の小さな春 >>