大屋地爵士のJAZZYな生活

60歳過ぎたら聴きたい歌(97) ~ アンフォゲッタブル/Unforgettable ~

b0102572_23103460.jpg
b0102572_2311183.jpg
b0102572_23132810.jpg


 桜の季節は、本当に短い。桜の記事をブログにアップしている間に、もうあらかたは散ってしまった。さて、桜の陰で「ここにあり! 忘れないで!」と自己主張をしている山の花たちです。

 桜と同時期に咲き、桜に隠れた感があるが、その豪華さ、華麗さで自身を主張しているかのような 「シデコブシ(幣辛夷、四手拳)」。桜の後の定番。森の中で出会う、その鮮やかな色にはいつも感動させられる「コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)」。「さくらんぼ」に似た赤い小さな実をつけ、果実酒にすると美味しいと先達は言うのが、「ユスラウメ(梅桃、山桜桃梅)」。

b0102572_22575381.jpg


 私たちをアンフォゲッタブル。ビロードの声、「ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman」が歌うのは、「アンフォゲッタブル/Unforgettable(忘れられない)」。つぎつぎとアンフォゲッタブルな人たちの顔が浮かんでくる歳になりました。ということで、「60歳過ぎたら聴きたい歌」にアップ。

 この曲、「アービング・ゴードン/Irving Gordon」が作詞・作曲をし、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」が、1951年にリリースして大ヒットしたジャズのスタンダード・ナンバー。1991年になって、コールの愛娘、「ナタリー・コール/Natalie Cole」がオーヴァーダビングによって、父娘のデュエットを実現させ大ヒット、グラミー賞の3部門を受賞したことでも知られている。

【 Unforgettable 】

「♪ Unforgettable     忘れられない
  That's what you are   あなたのことが
  Unforgettable      忘れられない
  Though near or far   近くにいても 離れていても
 
  Like a song of love that clings to me  まるで心の中で響く愛の歌みたい 
  How the thought of you does things to me あなたへの想いがどれほどのものか
  Never before has someone been more   今まで誰にも抱いたことなかったわ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

Unforgettable

Johnny Hartman / Grp Records



「Johnny Hartman - Unforgettable」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-04-19 09:18 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26789348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 観桜ご近所ドライブツアー(番外... 路傍の花、樹々の鳥(155) ... >>