大屋地爵士のJAZZYな生活

観桜ご近所ドライブツアー(4)  ~ 星への階 妙見山の桜 ~

b0102572_22594392.jpg
 昨日にひきつづく、観桜ご近所ドライブツアーは、ここもご近所の桜の名所「能勢妙見山(のせみょうけんざん)」へ。「能勢妙見山」は、妙見大菩薩を祀る北極星信仰の聖地。妙見大菩薩は北極星の神様で、常に北を指して動かないところから星の王様、つまり運命の星の流れを司る開運の神様と言われている。麓の「妙見の森ケーブル」、黒川駅に着くやいなや、絶景の桜が目に飛び込んでくる。
 
b0102572_23063683.jpg
 「妙見の森ケーブル」に沿って「ソメイヨシノ(染井吉野)」が咲き誇り、全長666m、高低差229mを5分で結ぶケーブルカーの車窓からは、日本一といわれるクヌギの輪伐の里山景観を見ることができる。
 

b0102572_23095959.jpg
 山頂駅から、しばらく歩くと、「エドヒガン(江戸彼岸)」の群落が広がっている。ここも、川西市指定の天然記念物であり、ボランティアと能勢電鉄によって、しっかり整備がされている。ひときわ目立つのは、美しい桜の下で多くの人に素敵な出会いがありますようにとの願いが込められ名付けられたという、大木「出会いの妙桜(であいのたえざくら)」。群落のシンボルツリーで、高さ21m、幹周り259cmほどあるという。「台場クヌギの小径」を歩いて、ケーブル駅まで戻ると、クヌギの輪伐が形作るモザイク状(パッチワーク状)の里山林で、日本一ともいわれる里山景観を見ることができる。
 
b0102572_23253963.jpg
 妙見山を後に最近大規模開発された隣接する箕面市の住宅団地へ。ここでは、近くの山の谷筋に群生する「エドヒガン」をみることができる。北摂地域ではなぜか、猪名川水系にだけ「エドヒガン」が自生するといい、こんな見事な遠景をこの地域ではいたるところで見ることができる。

 さて、今宵の曲、「星への階(きざはし)/Stairway to the Stars」、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」です。アルバムは、「ムーン・ビーム/Moon Beams」(1962) 。パーソネルは、「Bill Evans: piano」、「チャック・イスラエル/Chuck Israels: bass」、「ポール・モチアン/Paul Motian: drums」。 私が住んでいる地域でも、実家の松本でも、夜が明るく、星を見ることが難しくなり、機会も減ってしまった。妙見山でもそうだと聞く。

ムーンビームス

ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック



「Bill Evans - Stairway to the Stars」
        



[PR]
by knakano0311 | 2017-04-17 13:01 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26790135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 観桜ご近所ドライブツアー(5)... 10年先も山作業ができる体力が... >>