大屋地爵士のJAZZYな生活

ハード・バップの熱い夜

b0102572_21374328.jpg
b0102572_18243851.png
 恒例、今年の「ジャズとホタルの夕べ2017」。そして、そう、シニアが大好きな「ハード・バップの夕べ」。迎えるアーティストは、「ハードバップ研究会」。場所は平たく言えば、地域のゴミ処理センターに併設されている環境学習のための施設の会議室。

 「ハードバップ研究会」。1984年、西宮生まれのトランペッター、「横尾昌二郎」、キーボードの「志水愛」を双頭リーダーとし、私がジャズに夢中になりだした頃、1950~60年代のジャズを愛してやまない若手アーティストのスペシャル・バンド。それに、テナー・サックスの「里村稔」が加わり、2管ホーン体制、「光岡尚紀(b)」、「弦巻潔(ds)」のリズム・セクションというクインテット仕立てであった。


b0102572_1819486.jpg
 18時開演、お客は「ホタルの夕べ」ということもあって、シニアから幼児までの幅の広さ。特別講座と称し、「ホレス・シルヴァー/Horace Silver」の「Blowin' The Blues Away」からスタート。黒人霊歌、ブルースからビ・バップ、クール・ジャズを経てハード・バップにいたる歴史も白板を使って簡単に講義。「チャーリー・パーカー/Charlie Parker」、「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」、「アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズ/Art Blakey and the Jazz Messengers」、「リー・モーガン/Lee Morgan 」、「ソニー・クラーク/Sonny Clark」など矢継ぎ早にハード・バップの雄が登場。コンサート・ホールではない、普通の会議室なんですが、いやあ盛り上がりましたね。あっという間の1時間半の熱い夜。

1. Blowin' The Blues Away
2. Ornithology
3. Boplicity
4. Moon River
5. The Sidewinders
6. Blue Minor
7. Peace
8. Dat Dere
アンコール Take The A Train

 そう一番、ポピュラーな曲ですね。「リー・モーガン」の「サイドワインダー/The Sidewinder」を同名のアルバムから。そして、「ソニー・クラーク 」の「Blue Minor」、「ホレス・シルヴァー」の「Blowin' The Blues Away」。

ザ・サイドワインダー+1

リー・モーガン / ユニバーサル ミュージック



「Lee Morgan - The Sidewinder」

          

 NHKの朝の連ドラ、「べっぴんさん」でよく流れていた曲。横尾本人もトランペッター役で3秒ぐらい出演したと話していた。こんな曲を使ったのは、もちろん時代背景もあるが、作曲者、「ソニー・クラーク」がなくなったのが、1963年。死後50年以上たったので著作権が発生しないため使い放題という裏話も披露。

クール・ストラッティン+2

ソニー・クラーク / ユニバーサル ミュージック



「Sonny Clark - Blue Minor」

          

 ハード・バップを代表するプレイヤーのひとり、「Song For My Father」や「Nica's Dream」にはわたしも心を熱くした「ホレス・シルヴァー」の「Blowin' The Blues Away」。

ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ+1

ホレス・シルヴァー / ユニバーサル ミュージック



「HORACE SILVER - Blowin' The Blues Away」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-13 09:25 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26917217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 朱鷺草に会いにいく 路傍の花、樹々の鳥(166) ... >>