大屋地爵士のJAZZYな生活

夢の甘き香り

b0102572_17283035.jpg

 気品ある甘い匂いが強く漂ってくる。「クチナシ(梔子、巵子、支子)」。春の「ジンチョウゲ(沈丁花)」、秋の「キンモクセイ(金木犀)」と並んで「三大香木(さんだいこうぼく)」と呼ばれているという。たしか我が家の庭にもあったはずなのだが、さて ・・・?

 さて、今宵、高貴で甘美な女性の夢にまつわる曲を。まず、「クレオパトラの夢/Cleopatra's Dream」。ジャズのスタンダード中のスタンダード曲。作曲は、「バド・パウエル(Bud Powell)」。1958年録音のアルバム、「シーン・チェンジス/The Scene Changes' 」の冒頭の曲であるが、本国ではさほど評価されなかったのに、日本ではビ・バップの代表曲、パウエルの代表曲となった。確かに日本人好みの曲であるので、日本向けの企画アルバムに、好んで取り上げられる傾向があるようだ。

 今宵は、「ケニー・バロン/Kenny Barron(p)」、「ジェイ・レオンハート/Jay Leonhart(b)」、「アル・フォスター/Al Foster(ds)」の手練からなる、「スーパー・トリオ/Super Trio」のアルバム、「Super Standard/SUPER TRIO」(2004)から。「ヴィーナス・レコード」リリースだから、このトリオも一時的に結成されたんでしょう。

スーパー・スタンダード

スーパー・トリオ / ヴィーナスレコード



「Cleopatra's Dream - Super Trio」

          

 さて、2曲目は、「ニカの夢/Nica's Dream」。この曲も有名でビ・バップを代表する曲。いろんな人が演奏している。作曲は、1956年「ホレス・シルヴァー/Horace Silver」で、オリジナルの演奏は、「アートブレイキーとジャズ・メッセンジャーズ/Art Blakey&The Jazz Messengers」。

b0102572_21245162.png

 「ニカ/Nica」というのは、「パノニカ・ドゥ・コーニグズウォーター/Pannonica de Koenigswarter」男爵夫人のニックネームで、ジャズ界のパトロンとして有名だった女性。彼女は、有名なイギリスの財閥「ロスチャイルド/Rothschild」一族の令嬢として、1913年ロンドンで生まれた。やがてフランスの外交官男爵と結婚し、メキシコに赴任したが、メキシコ生活が退屈で気に入らず別居して、ニューヨーク5番街のホテルのスイート・ルームを住まいにし、そこに当時のパイオニア的ジャズ・ミュージシャンを集めて、ジャム・セッションを開いていたと言う。特に「セロニアス・モンク/Thelonious Monk」と「チャーリー・パーカー/Charlie Parker」のパトロンとして有名で「Bebop Baroness(ビバップ男爵夫人)」と呼ばれていたという。

 「クリント・イーストウッド/Clint Eastwood」監督の「チャーリー・パーカー」の半生を描いた作品「バード/Bird」(1988)のラスト近くに、チャーリー・パーカーが吐血するシーンがあるが、その部屋こそが「ニカ」の部屋であり、彼の死を看取る資産家の女性が、「ニカ」であった。

バード [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 「Nica's Dream」のほか、「ソニー・クラーク/Sonny Clark」の「Nica」、「セロニアス・モンク」の「Pannonica」、「ケニー・ドリュー/」の「Blues for Nica」、「トミー・フラナガン/」の「Thelonica」などは彼女のために書かれた曲。

 「ホレス・シルバー」の演奏で、「Nica's Dream」。

Horace Scope

Horace Silver / Blue Note Records



「Nica's Dream - Horace Silver Quintet. 」

          

 詩もつけられています。

【 Nica's Dream 】   by Bobby Shew

「♪ A song happy and gay,     この歌はハッピーで陽気
  A song that we know       誰もが
  All the musitians will play.    演奏したくなるくらい
  You know, so it would seem,   そうなってほしい願っているんだ
  Everybody loves NICA'S DREAM.  誰もがニカの夢を愛して欲しいと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・

  She had a vision         彼女はビジョンを持っていた
  That jazz would one day be    いつの日にかジャズが
  The music that's of        音楽として認められることを
  The future, you see.        そんな未来を
  Don't you agree?         君もそう思うだろ    
  We'll help to see that       我々は互いに助け合うべきだと
  Her vision will come true.     彼女のビジョンが実現するまで
  And all the world will be      そして世界の全ての人が
  Blessed by it too.         それによって祝福されるまでは

  This song is here to stay my friend. 友よ、この歌はずっとここに残る
  Just wait and see.          そしてその日が来るのを見届けよう
  The people have made        人々がこの歌を
  It part of jazz history.        ジャズの歴史の一ベージにすることを
  You know, so it would seem,     そうなってほしい願っているんだ
  Everybody loves NICA'S DREAM.   誰もがニカの夢を愛して欲しいと  ♪」


 歌うは「ディー・ディー・ブリッジウォーター/Dee Dee Bridgewater」。「ホレス・シルヴァー」へのトリビュート・アルバム、「Love & Peace」から。

Love & Peace: A Tribute to Horace Silver (Reis)

Dee Dee Bridgewater / Emarcy / Umgd



「Dee Dee Bridgewater - Nica's Dream」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-07-02 09:53 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26953663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やはり半夏生には蛸を食う やっかいな羽化の季節 >>