大屋地爵士のJAZZYな生活

元気が出る朝の食卓

b0102572_1032514.jpg
b0102572_10325673.jpg

 先日、山で採ってきた「ヤマモモ(山桃)」のジャムが食卓に並ぶ。庭で採れた「キュウリ(胡瓜)」、「ミニトマト」のサラダ、そして「ナス(茄子)」の浅漬けも ・・・。大きく育ってきた「ゴーヤ」もそろそろか。元気が出る朝の食卓。

b0102572_23502985.jpg
 さて、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」は、「市街電車で朝食を/Breakfast on the Morning Tram」をオススメしています。聴いてみましょうか。同タイトルのアルバム(2007)からです。このアルバムは、フランス「ブルーノート」へ移籍した第一作であるが、従来のスダンダードを中心にすえたアルバムではなく、「Jazzy,not Jazz」のようなポップスに近い感覚に仕上げたアルバムとなっている。オリジナルのほか「セルジュ・ゲンズブール/Serge Gainsbourg」、「ピエール・バルー/Pierre Barouh」、「セルジオ・メンデス/Sergio Mendes」などもとりあげられていて、相変わらずチャーミングでその聴き心地のよさ。

 そして、最大のポイントは、「カズオ・イシグロ/Kazuo Ishiguro/石黒 一雄」のタイトル曲のほか、「The Ice Hotel」、「I Wish I Could Go Travelling Again」、「So Romantic」の歌詞4編。「カズオ・イシグロ」といえば、日本生まれのイギリス作家。1989年に長編小説「日の名残り/The Remains of the Day」でイギリス最高の文学賞、「ブッカー賞」を受賞している。またその作品を始め、2005年出版の、「わたしを離さないで/Never Let Me Go」などは、映画化、舞台化、TVドラマ化されているのでご覧になった方も ・・・。(参照拙ブログ「読むJAZZ(7)  ~音楽と夕暮れをめぐる五つの物語~ 」

b0102572_23592549.jpg
 作曲は、ステイシーの夫でサックスで支える、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。ライナー・ノーツで「カズオが書いてくれた歌詞はショートストーリーのような形になっていて、従来の歌の形式にはとらわれていないの。・・・・ わたしは二人の創りだした音楽の世界にノックアウトされてしまったわ。」とステイシーは語っている。

 「傷心のあまり眠れなかった朝を迎えるには朝の路面電車で朝食をとることが一番、食べれば悩みなんか消えてしまう」と歌う「市街電車で朝食を」など。ステーシーが語るように、良質の短編小説を読むような感性豊かな情景が拡がる。

【 Breakfast on the Morning Tram 】
                 作詞:Kazuo Ishiguro 作曲:Jim Tomlinson

「♪ So here you are in this city     この街に佇んでいる そうあなた
  With a shattered heart, it seems   こころを閉ざしているように見えるわ
  Though when you arrived       この街についたときから
        you thought you'd have   ずっと夢で考えていたような
  The holiday of your dreams        休日を過ごせるなんて思っていた
  You'd cry yourself to sleep if you could  できることなら泣きながら眠ってしまいたいと
  But you've been awake all night     しかし残念ね 一晩中起きていたんでしょ
  Well here's something that you need to do  何が必要か教えてあげようか
  At the first hint of morning light      夜が明けてしなくてはならない最初の事を

  Walk right across the deserted city   まだ誰もいない街を歩いて 
  To the Boulevard Amsterdam      アムステルダム大通りへ行き
  And wait there             しばらく待ってなさい
  For what the citizens here        この街の人たちがこう呼ぶ
  Refer to as the Breakfast Tram    「ブレックファスト・トラム」を薦めるわ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
  And even though you're a stranger  初めて訪れた土地にもなのに
  They'll make you feel         街の人たちは
  Right at home             家にでもいるように心地よくさせてくれる
  They'll be offering to refill your coffee  コーヒーのおかわりを注いでくれたりして
  They won't have you sitting there alone  人々はあなたを一人で放って置きはしない
  'Cause they've seen many others just like you  あなたのような人は大勢見てきたから
  And each one of them has had it happen too   みんな同じようなことを経験している
  So just enjoy your fresh croissant and jam  さあ、クロワッサンとジャムを楽しんで
  And don't neglect the Belgian waffles     ベルギー・ワッフルも忘れないで
  You'll soon forget your troubles        食べれば、悩みなんかすぐ消えるわ
  When you have breakfast on the morning tram  朝の電車で朝食をとれば   ♪」

市街電車で朝食を

ステイシー・ケント / ワーナーミュージック・ジャパン



「Stacey Kent - Breakfast on the Morning Tram」

  
          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-07-08 09:24 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/26973662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人間様にも動じることなく 織姫と彦星のみる夢は >>