大屋地爵士のJAZZYな生活

目にはさやかに見えねども

b0102572_1461965.jpg
b0102572_1463044.jpg
b0102572_1464280.jpg

 伐採作業のため、今日も頂上を目指して、木漏れ日の山道を登っていく。麓から吹き上がってくる風が心地よく、一休みすると、もう動くのが億劫になってしまう。「ニイニイゼミ」、「アブラゼミ(油蟬、鳴蜩)」、「クマゼミ(熊蝉)」、「ミンミンゼミ」が一斉に鳴いている。里では、秋の季語にもなっている「ヒグラシ(蜩、茅蜩、秋蜩、日暮、晩蝉)」も鳴き始めたという。「ナツハゼ(夏櫨)」が赤い実をつけている。「ナツハゼ」の実は、「日本のブルーベリー」と呼ばれ、花や果実を観賞するだけではなく、果実を生食やジャムなどに加工して楽しむ人も多く、近年人気が高いという。夏に「ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木)」のような紅葉が見られることから名づけられた。

 頂上へ抜けると、見上げる青空には、「うろこ雲(鱗雲)」にも似た雲が ・・・。こんな歌が浮かぶ。

   秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる  
           (古今和歌集・巻4・秋歌上 藤原敏行朝臣 秋立つ日よめる)

 「立秋(りっしゅう)」は、二十四節気の第13節。たしか、8月7日ごろ。

 さて、涼しさと心地よさを誘うジャズ ・・・。そんな環境音楽みたいなジャズがあります。「カリビアン・ジャズ・プロジェクト/Caribbean Jazz Project」。

b0102572_15115822.jpg
 その昔、ニューヨークへ出張した時、日本でもっとも有名といっていい、老舗ジャズ・クラブ「ブルーノート/Blue note」を訪れた時に、出演していたバンドが、「カリビアン・ジャズ・プロジェクト」。その時が初めてであった。実力派ヴィブラフォン&マリンバ・プレイヤーの「デイヴ・サミュエルス/Dave Samuels」が率いるラテン・ジャズ・ユニットで、ヴィブラフォンと、スティール・パン(スチール・ドラム)の音色がトロピカルなムードを盛り上げ、初めて味わうトロピカルでさわやかな音の感触に酔いしれたことを覚えています。

 初期の主要メンバーは3人。 「Dave Samuels」のほか、ソプラノ・サックス&アルト・サックス&クラリネットが、「パキート・リベラ/Paquito D'Rivera」そして、スティール・パンは、「アンディ・ナレル/Andy Narell」。

 「スティール・パン/Steel pan」は、カリブ海最南端の島国・トリニダード・トバゴ共和国で発明された、ドラム缶から作られた音階のある打楽器で、独特の倍音の響きを持った音色が特徴。アメリカやヨーロッパでは、「スティール・ドラム/Steel Drum」と呼ばれることが多いが、トリニダード・トバゴでは、「スティール・パン」もしくは単に「パン」と呼ぶのが一般的であるという。大勢の人でバンドが組め、演奏できるので、最近、日本でも女性を中心に演奏を楽しむ人が増えているとか。

 「ブルーノート」で買い求めたアルバム、「アイランド・ストーリー/Island Stories」(1999)から「Bluellespie」。

Caribbean Jazz Project: Island Stories

Various ArtistsHeads Up


 
「The Caribbean Jazz Project - Bluellespie」
 
          
[PR]
by knakano0311 | 2017-08-04 09:33 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27027551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夢でもあなたを想う花 夢が膨らむように、風船葛も膨らむ >>