大屋地爵士のJAZZYな生活

まだまだ未熟者です

b0102572_15222770.jpg

 ボランティアの活動日ではないのだが、新車のドライブを兼ねて、一庫公園まで車を走らす。急な坂道を1500回転ぐらいで、いとも簡単に登ってゆく。やはりディーゼル・エンジンのトルクの大きさが故か。いつもは山作業、めったにないことだが、今日は自然観察路をゆっくりと散策する。

 「チョッキリムシ」が活動を開始したようだ。まだ小枝であるが、小さな「ドングリ(団栗)」のついた「クヌギ(椚、櫟)」の枝が落ちている。「チョッキリムシ」が伐ったのである。かなり細い枝で、切れ味もイマイチ。そして「ドングリ」にはまだ孔を開けていないところを見ると、成虫になったばかりの練習、試し切りといったところか。まだまだ未熟者。そのうち、秋の訪れとともに、あの鋭い切れ味と穿孔の冴えを見せてくれるだろう。(参照拙ブログ「剣豪 チョッキリ虫」「技の冴え ~続・剣豪チョッキリ虫~」「剣豪チョッキリ虫の試し斬り」 など)

 里も山も空は秋の気配が濃くなって ・・・。
 
 深い青。秋の空を感じさせる曲がいいですね。今宵の曲は、まず、ボッサの名曲、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の「Look To The Sky」。アルバムは、1967年に録音の「Wave(波)」から。「クリード・テイラー/Creed Taylor」がプロデュースしたCTI/A&Mシリーズの作品で、1頭のキリンがサバンナを駆けてゆくというジャケが詩的で印象的。「クラウス・オガーマン/Claus Ogerman」編曲指揮のストリングス入りオーケストラとの共演によるイージーリスニング調の心地良いインストゥルメンタル。

WAVE

ANTONIO CARLOS JOBIM / A&M




「Antonio Carlos Jobim - Look to the Sky」


          

b0102572_1021992.jpg

 2曲目は、「ブルー・イン・グリーン/Blue in Green」。ジャズにおける「モード(旋法)奏法」がこれで完成したといわれる、「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」の1959年のアルバム、「カインド・オブ・ブルー/Kind of Blue」に収録されている。それを、個性派の代表的歌姫、私は、現代の巫女、あるいは千手観音と思っている「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」で聴いてみます。アルバムは、マイルスへのトリビュート・アルバム、「Traveling Miles」(1997年、1998年録音)から。ちなみにこの曲の作曲は、マイルスか「ビル・エヴァンス/Bill Evans」か、あるいは共作かという議論があったが、「ビル・エヴァンス」だったと認められているという。歌詞は、「カサンドラ・ウィルソン」自身による。そういえば、「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」もアルバム、「Blue In Green」(2011)で、マイルス自身による歌詞でうたっている。ゲスト・プレイヤーの「デイヴ・ホランド/Dave Holland(b) 」と「パット・メセニー/Pat Metheny(g) 」のイントロも素晴らしい。(参照拙ブログ「最後の桜と見頃の躑躅を楽しむ」

【 Sky And Sea (Blue In Green) 】
         Music by: Miles Davis/Bill Evans  Lyrics by: Cassandra Wilson

「♪ Tossed between the sky and sea     空と海の狭間に投げ出されてしまったから
  We'll sail until we find the harbor lights   私たちは港の灯をめざして航海する
  Our life is but a dream of blue in green  私たちの命は緑の中の青のように儚い
  Although it seems the end draws nearer  たとえ終わりが近づいていようとも
  With each passing day           情熱の日々が続く限り
  We'll always sail this way         私たちはずっと航海を続ける
  Until we find our home           安住の地を見つけるまで

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

トラヴェリング・マイルス+1

カサンドラ・ウィルソン / ユニバーサル ミュージック


  

「Cassandra Wilson - Sky and Sea (Blue in Green) 」


          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-08-15 13:20 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27049368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 叱られる日々 神戸開港150年、終戦記念日を... >>