大屋地爵士のJAZZYな生活

きな臭くなってきた

b0102572_9394522.jpg

 夏休みも半分を超えたが、山の遊び場、水の流れには相変わらず多くの子供たち。そんな平和な風景をよそに、妙にきな臭くなってきた。異様なほどエキセントリックなふたりの指導者の脅しあい、舌戦が、チキン・レースへとエスカレートしている。独裁、圧政、権力世襲がつづく隣国、北朝鮮からあのような指導者が出てくるのは、至極当たり前と思うのだが、わからないのはその対極にある米国。自由、人権擁護、民主主義のお手本のような国から、あのような大統領が選出されたこと。選挙中も、就任当初からもその行動や手腕が危ぶまれていたものの、ここに来て露骨に危惧されたとうりの正体を現してきたように思える。結局、国の体制などとは関係なしに、どこの国でも、出るときはとんでもない指導者は出てくるということか。「アメリカ・ファースト」を実践すれば、この危機が戦争になり、結果大きな被害を受けるのは韓国と日本である。我々はただ黙って、愚かなふたりの繰り広げる、この馬鹿げたチキン・レースを見守るしかないのか。
   
 かって、高校の名画鑑賞会で見た映画に、「渚にて(原題:On the Beach)」(1959)がある。第三次世界大戦が勃発し、世界全土は核攻撃によって放射能汚染が広がるという核戦争後の恐怖を淡々と描いた、「スタンリー・クレイマー/Stanley Kramer」監督、「グレゴリー・ペック/Gregory Peck」主演の映画である。有名になったその主題歌が、オーストラリアが発祥の歌で、同国を代表とする歌、「ワルチング・マチルダ/Waltzing Matilda」。「Waltzing」は「当てもなくさまよい歩く」という意味らしく、身寄りのない貧しい放浪者が、「マチルダ」と名付けた毛布とともに、オーストラリア大陸を彷徨うという歌だという。

渚にて [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



「On The Beach - opening scene - Waltzing Matilda」

          

 その「ワルチング・マチルダ」を自分の歌の中で効果的に活かしきったのが、「トム・ウェイツ/Tom waits」。1976年に発表したアルバム、「スモール・チェンジ/Small Change(小銭)」の1曲目、「トム・トラバーツ・ブルース/Tom Traubert's Blues」で、「放浪の旅」の隠喩として「Waltzing Matilda」の一節が使われている。また、このブルースが、フジテレビのドラマ、「山崎豊子」の「不毛地帯」でもエンディング・テーマとして使われたことが記憶に残っている。

【 Tom Traubert's Blues 】   by Tom waits

「♪ Wasted and wounded,          疲れ果てて傷ついてしまったんだ
    it ain't what the moon did       でも、それは月のせいではないんだ 
  I got what I paid for now         今になって昔の報いを受けてるだけさ
  See ya tomorrow             また明日会おうよ
    hey Frank can I borrow         ヘイ、フランク、金を貸してくれないか
  a couple of bucks from you        2、3ドルでいいんからさ
  To go waltzing Matilda, waltzing Matilda, ワルチング・マチルダさ、放浪の旅に出るんだ
  You'll go waltzing Matilda with me     お前もいっしょに俺と行こうぜ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

Small Change

Tom Waits / Elektra / Wea



「Tom Waits - Tom Traubert's Blues "Waltzing Matilda" 」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-08-17 13:37 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27050740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maya653 at 2017-08-17 16:12
先日大岡昇平原作の映画「野火」を観まして、戦争の悲惨さに
改めて衝撃を受けました。国の指導者にこそ観て欲しい映画です。
Commented by knakano0311 at 2017-08-17 17:08
maya653 さん  これだけ戦争の悲惨さを伝える映画、文学、写真、遺産 ・・・があるのに、人間の最大の特徴は学習する能力であるというのに、どうしてなくならないのでしょうか。
<< お盆にヒサカキを伐る 叱られる日々 >>