大屋地爵士のJAZZYな生活

お盆にヒサカキを伐る

b0102572_1472635.jpg

 お盆の山作業。みんな高齢者、熱中症を警戒しながら、あまり無理をせずに、山頂までのぼり、軽い伐採作業で終える。いつもは植生の多様性を妨げているため、伐採の対象となっている、常緑広葉樹の「ヒサカキ(非榊、柃、姫榊)」を伐る。仲間の何人かは、持って帰り、墓や仏壇に備えるそうだ。「サカキ(榊)」が手に入らない場合、「ヒサカキ」を代わりとして、墓・仏壇へ「仏さん柴」として供え、また玉串として利用することが多いと聞く。我々も新年、炭窯の「窯開き」の時に玉串として奉じている。間伐の対象木であるが、お盆のこの期間は役に立っているようだ。

 英語で、「alternative(オルタナティブ)」というと、「代わりとなるもの、代替物、代替案」、「選択肢」などの意味で使われるが、最近では、トランプ政権が、黒を白と強弁する手段として、「オルタナティブ・ファクト/alternative fact(もうひとつの事実)」と言葉を使ったことでも話題となった。

 音楽のジャンルを表す言葉としても、「alternative」、「alternative music」が使われることがある。「従来の音楽の型やジャンルにはまらない」、あるいは「既存のポップ・ミュージックの概念を打ち壊す」という意味で「alternative」が使われているようだ。そんな、「alternative music」としてカテゴライズされている二人が今宵の歌姫。

 なにが従来の型にはまらないかって? 講釈無用。聴いていてだければ、直ぐにわかります。最初に聴いたときは、結構、衝撃的でした。「ガブリエラ・アンダース/Gabriela Anders」のアルバム、「Wanting」(1999)と「スザンヌ・ヴェガ/Suzanne Vega」のアルバム、「Solitude Standing(孤独 ひとり)」(1987)から。

Wanting

Gabriela AndersWarner Bros.



 ボッサ・ユニット、「ベレーザ/Beleza」のリード・ボーカルだったアルゼンチン出身の歌姫の歌う「イパネマの娘」。

「Gabriela Anders - The Girl From Ipanema」

          

 ア・カペラが衝撃的だった、「トムズ・ダイナー/Tom's Diner」。NYの雨の朝。カフェで一人朝食をとる女性の目に映った情景を通じて、大都会に生きる人々の孤独を歌い上げている。
  
【 Tom's Diner 】   by Suzanne Vega

「♪ I am sitting  In the morning  At the diner  On the corner
   I am waiting  At the counter  For the man To pour the coffee
   And he fills it  Only halfway  And before   I even argue

   He is looking  Out the window  At somebody  Coming in

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

Solitude Standing

Suzanne Vega / A&M



「Suzanne Vega - Tom's Diner (original version) 」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-08-18 10:02 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27055031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(178) ... きな臭くなってきた >>