大屋地爵士のJAZZYな生活

さすがに老いを感じてはきたが ・・・

b0102572_10202736.jpg
b0102572_10272059.jpg

 一年ぶりのクヌギの伐採、玉切り作業。急斜面の上り下りで息が上がる。踏ん張れず、バランスを崩し尻餅をつく。チェーンソーや鋸を持つ手が重い。一年前に比べ、間違いなく体力は下がっている。ヘルメット着用、声かけやロープなどを使い、安全最優先で作業を行っているが、実質、約2時間の作業が集中力と体力の限度である。

 来園者や公園事務所の職員からは、お世辞半分に「お若いですね」と言われるが、仲間の最年長は79歳、若い人でも65歳、十分に高齢者である。さすがに皆んな老いてはきたが、顔はまだいきいきと輝いている。この活動、仲間の皆んなにとって、楽しさや健康、活力をもたらしてくれているが、それにもまして、多少は世の中に役立っているということが、モチベーションの源泉にもなっている。ゆっくりと時間をかければ、まだまだ続けられそうである。

b0102572_1764012.jpg

 さて、今宵も哀愁のラテン。わたしもまだまだ負けていられませんと思うのが、「オマーラ/Omara」。アメリカのJAZZギタリスト、「ライ・クーダー/Ry Cooder」とキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ/Buena Vista Social Club」のメンバーのひとりで、「コンパイ・セグンド/Compay Segundo」と並んで人気があり、いまだ現役で活躍している。

 有名になったきっかけは、「ライ・クーダー」が、キューバ音楽の伝説的なアーティストたちをドキュメンタリーとしてまとめた映画、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。今はもうすっかり老いてしまったが、彼らが150年の歴史のある「ソン」という伝統音楽を、その後のキューバ革命の荒波をくぐってを守り続けてきたことを描いたドキュメンタリーである。この映画がきっかけで90年代末に世界的なブームを巻き起こしたが、その当時で平均年齢は70歳代、今ではオリジナル・メンバーの大半はすでに他界しているという。

 そういえば、「コンパイ・セグンド」、「オマーラ」のふたり、2015年、オバマ前米国大統領に招かれ、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が、ホワイトハウスで、演奏した時もパフォーマンスを披露した。(参照拙ブログ「ホワイトハウスに流れたカリブの熱風」「カリブから風が吹く」

b0102572_1765827.jpg

 「キューバの歌姫」と呼ばれる「オマーラ・ポルトゥオンド/Omara Portuondo」。1930年生まれと言うから、今年87歳である。老いてはいるが、輝きを失っていない魅力的な表情と素晴らしい歌唱力を持っている。その「オマーラ」が、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のメンバーたちと作り上げたソロ・アルバムが、「オマーラ/Omara」。その切々たる哀愁に心が動かされる。
 
 前述のブログ記事からの再録ですが、「オマーラ」の哀切の歌唱を ・・・。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ

オマーラ・ポルトゥオンド / ワーナーミュージック・ジャパン



 「ベインテ・アニョス/Veinte años (20年の歳月)」 。

「Omara Portuondo - Veinte años」

          

 「カンタ・ロ・センティメンタル/Canta lo sentimental (叙情歌)」

「Omara Portuondo - Canta lo sentimental」

          

 フルアルバムはコチラ、  「Omara Portuondo (Full Album) 」 
   


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-11-12 12:04 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27602314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「山、笑う」 ご近所の紅葉狩りへ 里山の語り部としても >>