大屋地爵士のJAZZYな生活

「山、笑う」 ご近所の紅葉狩りへ

b0102572_1021378.jpg
b0102572_10213476.jpg
b0102572_10235696.jpg

 紅葉が見頃。知られざる紅葉の名所、森林ボランティアの活動フィールドの一庫(ひとくら)公園から、麓のダム湖に注ぐ、一庫大路次川(ひとくらおおろじがわ)の渓谷沿いを歩いてみた。鮮やかな紅葉が目を奪う。まさに、「山、笑う」。有名な紅葉名所に行かなくても十分である。豊かな自然に恵まれたこの地に住んでいることを素直に喜ぶ。

b0102572_1203879.jpg

 ジャズとポップスの垣根をこえて活躍する、いわゆる「Jazzy,Not Jazz」の次世代を担う才能の一人と評されている、オーストラリアの女性ヴォーカリスト&コンポーザー、「ブリアーナ・カウリショウ/Briana Cowlishaw」の歌に、「The Mountains Changing Face」と言う歌がある。まさにこんな情景を表すタイトルである。

 あまり馴染みがない歌手だが、「グレッチェン・パーラト/Gretchen Parlato」や「サラ・ガザレク/Sara Gazarek」などと比較される存在だという。アルバムは、「フィヨルド/Fjord」に収録。

 キャリアはよくわからないが、ニューヨークのプレイヤー達と制作したデビュー・アルバム、「When Fiction Comes to Life」(2011)は、オーストラリア国内賞で、「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」に選ばれたという。「フィヨルド/Fjord」は、3作目にして、同じくオーストラリアで活躍するピアニスト、「ギャヴィン・エイハーン/Gavin Ahearn」とのデュオ名義での発表。彼とは「The Wires Project 2013」というユニットを組んで活動しているようで、どうもその集大成のアルバムのようだ。全10曲のうち、ブリアーナによるオリジナル曲が3曲、ギャヴィンが1曲を提供、そして8曲がデュオ演奏。

 ブラジリアン、ジャズ・スタンダード、そしてビートルズのカバーを混じえ、端正なピアノ演奏だけをバックに可憐なブリアーナのヴォーカルが美しく響く静謐でリリカルな作品で、ノルウェイでの録音だという。そんな北欧の空気も感じさせる「ギャヴィン・エイハーン」のピアノに強く印象づけられた一枚。

FJORD

BRIANA COWLISHAW & GAVIN AHEARN / RIP CURL RECORDINGS / インパートメント



 本アルバムからYOUTUBEのアップはなかったが、ボーナスCDとしてつけられていた「ギャヴィン・エイハーン」とのユニット、「The Wires Project 2013」の「The Wires」をアップしておきます。

「The Wires - The Wires Project 2013」

          


 
[PR]
by knakano0311 | 2017-11-13 13:45 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27666481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夕暮れの都市美に見入る さすがに老いを感じてはきたが ・・・ >>