大屋地爵士のJAZZYな生活

わが街を代表する木、台場クヌギの大貫禄

b0102572_14374496.jpg
b0102572_1438754.jpg

 街の中心部の再開発がすすみ、そこに大きな公園がオープンした。オープンを記念する祭りが開かれているということで出かけてみた。

 かって炭焼きが盛んだった黒川地区の「台場クヌギ」が、街を代表する木として、もうひとつの街を代表する木、「エドヒガン(江戸彼岸)」桜と並んで移植されていた。樹齢数十年、いや百年近くはあろうかという台場クヌギの老木。10年くらいのサイクルの輪伐を繰り返し、すっかり根元(台場)の部分が太くなり、貫禄と風格を感じさせる。それでもなお、若木を萌芽させ、育てていく生命力の強さ、懐の深さに感心する。こんな木を見て子供たちが何かを感じてくれれば ・・・。

b0102572_1511411.jpg

 さて、今宵は「ステイシー・ケント/Stacey Kent」の新アルバム、「アイ・ノウ・アイ・ドリーム/I Know I Dream」から。2015年発表の「テンダリー/Tenderly」以来2年ぶりの新作となるが、彼女の長年の夢だったというオーケストラとの共演を実現。美しいストリングス・サウンドをバックに、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の「ダブル・レインボウ/Double Rainbow」や「フォトグラフ/Photograph」、「セルジュ・ゲンスブール/Serge Gainsbourg」の「失われた恋/Les Amours Perdues」、「ニノ・フェレール/Nino Ferrari」の「マデュレイラ通り/La Rua Madureira」といった曲を、相変わらずのキュートな歌声で聴かせている。

 しかしなんて言っても、特筆すべきは、今年のノーベル文学賞受賞作家、「カズオ・イシグロ」氏が再び、詩を提供していることであろう。いずれも彼女のパートナーであるサックス奏者、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」が作曲しているが、ブルーノートへの移籍後第一弾、「市街電車で朝食を/Breakfast On The Morning Train」(2007)では、表題曲と「アイス・ホテル/The Ice Hotel」、「I Wish I Could Go Travelling Again」、「So Romantic」の4曲を。「The Ice Hotel」は2008年に「インターナショナル・ソングライティング・コンペティション」のジャズ部門で最優秀楽曲賞を受賞している。

b0102572_16252754.jpg

 そして、「ドリーマー・イン・コンサート~ライヴ・イン・パリ/Dreamer In Concert」(2011)では、さらに、「Postcard Lovers」を、「チェンジング・ライツ/The Changing Lights」(2013)では、タイトル曲のほか、「The Summer We Crossed Europe In The Rain」、「Waiter,Oh Waiter」と3曲が提供されている。そして新作「I Know I Dream」では、日本の新幹線にインスパイアされたという「バレット・トレイン(新幹線)/Bullet Train」が提供され、「The Changing Lights」がオーケストラ・バ-ジョンで収録されている。彼らはもう10年ちかくのコラボである。

 「カズオ・イシグロ」氏のノーベル文学賞受賞に際して、「ステイシー・ケント」は次のようにコメントを寄せている。

 『 今日はきっと皆さんもこの素晴らしいニュースを耳にしたことでしょう。カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞しました! とても胸躍る話です!!! とても興奮して、文章になりません。私はイシグロの大ファンでしたが、彼が私とジムのファンということで、BBCラジオ4で「無人島に持って行きたい作品」として、私たちの曲をかけてくれたことを知ったのは、ずっと後のことです。そのようにして私たちは出会い、友人になり、そこからトムリンソン/イシグロのソングライティング関係のすべてが始まりました。読んでくださって、そしてこのハッピーな、ハッピーなニュースを共有してくださってありがとうございます!!! (BARKS記事より拝借)』

b0102572_14521480.jpg


アイ・ノウ・アイ・ドリーム/ I Know I Dream
ステイシー・ケント/Stacey Kent
SMJ




 まだ、アルバムがYOUTUBEにアップされていないので、前作でも紹介された「The Changing Lights」をライブ・バージョンで聴いてみましょうか。

【 The Changing Lights 】  by Kazuo Ishiguro/Jim Tomlinson

「♪ Were we leaving Rio         もうリオを離れて
  Or were we in New York?        ニューヨークについたのね
  I remember bossa nova on the breeze  そよ風に乗って聴こえるボサノバが恋しい

  We were in the back seat        広くはないタクシーの
  Of a cab we couldn't afford        バックシートに二人で座り
  You were holding my old rucksack     あなたは膝の上に私の古いリュックを
             on your knees     抱えていた

  You leaned towards your window     あなたは車の窓にもたれかかり
  To see the traffic up ahead         前方の車の流れを見ていた
  "These commuters here," you said   「この通勤する人たちは、まるで
  "Could be the walking dead."   ウォーキング・デッド(歩く死者)のようだ」と言った

  And we vowed to guard our dreams   そして私たちは夢を守りぬくことを誓いあった
  From all the storms that lay ahead    どんな嵐が行く手に横たわろうとも
  From the winds of fear and         恐れや年月、妥協といった     
       age and compromise             逆風が吹こうとも
  And we laughed about the hopelessness  そして多くの人々を取り巻く
  Of so many peoples lives          この希望が見えないこの状況を笑い飛ばした
  As we slowly moved towards        ゆっくりと前に進んでいけば
  The changing lights.            きっと光は変わると

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

「Stacey Kent – The Changing Lights」

          
  
 アルバムからその他の曲も ・・・。

「Stacey Kent - Double Rainbow」

          

「Stacey Kent - To Say Goodbye (Official Music Video) 」
 
          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-11-16 18:03 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27691815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬に向けて始まった弱肉強食の世界 夕暮れの都市美に見入る >>