大屋地爵士のJAZZYな生活

お母さん! もっとしっかりしつけなさい

b0102572_16314375.jpg

 今日もクヌギの伐採作業。鹿除けネットに仔鹿が絡んでいるのを見つけた。体長60~70cm位であろうか、多分今年生まれた仔鹿である。頭部に角が生えかけているから牡の仔鹿。少し離れた林の中から心配そうに見守る母鹿の姿。伐採作業のため、一部ネットを開放しているのでそこから入り込んだが、我々が作業を始めたので、逃げようとして、慣れない仔鹿がネットに絡まったものと思われる。

 首をネットの間に突っ込んでしまい、どうやっても抜けずに、もがいている。息が上がってしまい、時々休んで不安げにこちらを見ている。このまま、暴れたら、首に絡まり窒息するか、足を骨折するか、いずれにしても死んでしまう。仕方がないので、ネットをカッターで切って逃がすと、安心したように、親子で連れ立って、林の中へと消えていった。

 母鹿よ! しっかりしつけなさい! もっとしっかり教えなさい、我が子に。 ここへ迷い込んだら、ネットに絡まり大変危険だと。クヌギの再生林には入り込むなと。それが我々との共存への道である。

 ということで、今宵の曲は、「Teach Me Tonight(邦題:今夜教えて)」。「My heart belongs to daddy(私の心はパパのもの)」と同じ系統の歌で、ちょっと意味深でやばくて、色っぽい曲なので、お色気たっぷりに歌われることが多いようです。作詞「サミー・カーン/Sammy Cahn」と作曲「ジーン・ド・ポール/Gene De Paul」による1953年の作品。

【 Teach Me Tonight 】  by Sammy Cahn / Gene De Paul

「♪ Did you say I got a lot to learn?     「もっとたくさん学ばないとね」と言ったわね
  Well don't think I'm trying not to learn?   学ぶ気がないなんて思わないでね
  Since this is the perfect spot to learn,    学ぶには今ここがパーフェクトな場所だから
  Teach me tonight.              今夜教えてネ

  Starting with the ABC of it         まずはABCから始めて
  Right down to the XYZ of it         最後のXYZまで徹底的にネ
  Help me solve the mystery of it,      謎が解けるまで
  Teach me tonight              今夜教えてネ

  The sky is blackbord high above you    空が黒板のように広がっているわ
  If a shooting star goes by,         もし流れ星が流れたら
  I'll use that star to write "I love you"     その流れ星で、「I love you」と
  A thousand times across the sky      1000回も空に書くわ

  One thing isn't very clear my love     でも、まだはっきりしないことが一つあるの
  Should the teacher stand so near my love 先生、そんなに近づいてきちゃっていいの?
  Graduation's almost here my love      卒業はもう間近かしら
  Teach me tonight.              今夜教えてネ           ♪
   
   
 いや、ヤバイですね、この歌は。「君子、危うきになんとやら」でしょう。これは ・・・。

 まずは、「ニコール・ヘンリー/Nicole Henry」。アルバムは、「Teach Me Tonight」(2005)。叙情あふれる演奏を聴かせる、「エディ・ヒギンズ・トリオ/」をバックにして、ソウルフルに歌うところから。

b0102572_2357279.jpg

 米ペンシルベニア出身のジャズ歌手。教会や学校のコーラス隊で歌い始め、6歳の時にはチェロを習ったという。マイアミ大学芸術学部を卒業後、女優・モデルとして活躍する傍らクラブでR&B歌手としての活動を行ない、その後ジャズ界へと移行。2004年発表のデビュー・アルバム、「The Nearness of You」が、年間トップ・セラー・アルバムとなり、一躍脚光を浴びる。その後は、マイアミを拠点にシンガーとしてはもちろん、女優、モデルとしても活躍を続けているが、2013年には「ソウル・トレイン賞」で「最優秀トラディショナル・ジャズ・パフォーマンス賞」を受賞し、そのダイナミックな歌唱力にますます磨きがかかったようだ。

ティーチ・ミー・トゥナイト
ニコル・ヘンリー・ウィズ・エディ・ヒギンズ・トリオ ニコル・ヘンリー エディ・ヒギンズ・トリオ / ヴィーナスレコード

 
「Nicole Henry - Teach Me Tonight」

          

b0102572_10154663.jpg

 さて、次は、「アレクシス・コール/Alexis Cole」。アルバムは、「Close Your Eyes」(2013)。なんせリリースは、「ヴィーナス・レコード」。ジャケットからして期待させますが、「ジョン・ディ・マルチーノ/John Di Martino」のピアノ・トリオをバックに、期待通りに歌います。1976年、ニュー・ヨーク生まれで、音楽一家に育ち、高度な音楽教育も受けたが、「ウェスト・ポイント士官学校」で、階級は 「Staff Sergeant (2 等軍曹)」という、軍隊の経験があることも、びっくりです。

b0102572_024339.jpg


クローズ・ユア・アイズ
アレクシス・コール
ヴィーナスレコード





「Teach Me Tonight - Alexis Cole」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-11-18 13:34 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/27698824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(188) ... 冬に向けて始まった弱肉強食の世界 >>