大屋地爵士のJAZZYな生活

そして神戸   ~久しぶりにトアロード界隈へ~

b0102572_1827848.jpg
風も心地よく、久しぶりにいい天気。ふらっと神戸を散策に出かけました。
神戸は、海と山とが接し、人も多くなく、ゆったりとしたヨーロッパ・テイストの街。今でも暮らしてみたいと思う街です。旧居留区に多くある、オシャレなブティックのウィンドショッピングと、アジアン・テイストなカフェ&ダイニング「Villabli Garden」でのランチから始めました。


今年は神戸開港140年。旧居留地、かっての外国人居留地が建設されたのは、神戸港が開港した1868(明治元) 年のこと。貿易を行うために外国人が住むことを許された外国人居留地は、明治政府から与えられた区域の田畑や砂地を埋め立てて造られました。基本設計を担当したのはイ ギリス人土木技師J・Wハートで当時としては珍しく、歩道と道路を分け、下水道も整備されてした。居留地内は126区画に区割りされ、木造レンガ造り2階建てコロニアル(植民地)スタイル、石作りの洋館スタイルのレストラン、ホテル、テーラー、ビルなどが建設されたそうです。 

b0102572_1850321.jpg
そして、元町から、かって入社した頃、休日によく訪れたトア・ロード界隈へ。あの大震災のあとすっかり町並みも変わってしまったらしく、当時よくコーヒーを飲んだ「サント・ノーレ」はいまはもうなく、ギターライブを聴きながら、ピザをほうばった「ピノキオ」は嬉しいことに、未だ健在であった。かってこの通りにあった「トーア・ホテル(東亜ホテルか?)」に、その名を由来する「トアロード」、ハイカラ、オシャレ、エキゾティックの代名詞であった「トアロード」界隈も今はすっかり若者の町となった感じで、中国風の建物のほか、アジアン風、米国西海岸風もありのごった煮ではあるが、一種カラっとした明るい新しい街の雰囲気を抵抗感もなく楽しめました。この界隈に限ってのことだが、表面に出てこない問題はいろいろあるかもしれないが、震災からの復興は順調にすすんでいるように思えた。とくに若い人たちにより賑わいと活気を取り戻しているのが本当にうれしい。トア・ロードから北野町へと続く坂道を散策、帰りの途中、元町の中古レコード店でで見つけたCDを買い、すっかりリフレッシュした気分で帰宅。

日本ではあまり知られていませんが、美人で歌唱力がある私の好きなシンガーの「スー・レイニー/Sue Raney/雨の日のジャズ」を見つけました。雨の音の効果音により始まり、そして終わる粋でハートウオームなアルバム。

雨の日のジャズ
スー・レイニー ビリー・メイ楽団 / 東芝EMI
ISBN : B000HOJBCW
スコア選択:


「SEPTEMBER IN THE RAIN - SUE RANEY」

          


9月2日は、「マウント六甲ジャズ・フェスティバル」。プロ・ミュージシャンのほかに、あの映画「スウイング・ガールズ」のモデル校となった「高砂高校ビッグ・フレンドリー・ジャズ・オーケストラ」や、神戸ジャズ・ストリートなど多くのコンサートに出演をしている芦屋の甲南高校・中学校の音楽クラブ「甲南ブラスアンサンブル」が出演するという。JAZZ発祥の神戸ならではのこと。ここにも若い人たちによるうれしいJAZZへの取り組み。

あらためて思うのだが、これほど全国各地で多くのJAZZフェスティバルが催される国も、世界を見ても本当に珍しいと思う。
[PR]
by knakano0311 | 2007-09-01 17:39 | おやじの遠足・街歩き | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/7380312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キレイになろう!応援サイト at 2007-09-17 13:29
タイトル : 美容&美容整形
  美容に関する情報を取り揃えています♪... more
Tracked from 雪山小僧♪ at 2007-12-01 22:38
タイトル : スキーとスノーボードの情報です。
スキー&スノーボードの情報サイトです。今年こそは初めてみよう!という方からスキー&スノーボードが大好きな方まで色々な情報をご用意しています。ぜひご利用下さい。掲示板は常時更新していきます... more
<< あまのじゃくの歌が聞こえる ... One and Only  ~... >>