大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 04月 04日 ( 1 )

60歳過ぎたら聴きたい歌 (96) ~ 君住む街角で/On The Streets where you Live ~

b0102572_17175814.jpg
b0102572_17181346.jpg


 いつも周辺のほかの桜より1週間ほど早く咲く、階段脇の「ソメイヨシノ(染井吉野)」がちょうど見ごろになってきた。この時期、きっと日本中の多くの人々が、自分たちが住んでいる地域に咲く桜を見て、「きれい! ああ、ここに住んでよかった」と思っているに違いない。

 そんな想いを抱いて、今宵の「60歳過ぎたら聴きたい歌」は、「君住む街角で/On The Streets where you Live」。ご存知、「マイ・フェア・レディ/My Fair Lady」のナンバー。そして、歌姫は、1966年生まれのオランダのジャズ・シンガー、「イルセ・ヒュイツインガー/Ilse Huizinga」。

b0102572_17382282.jpg

 6歳の時に家に来た古いピアノが、彼女を音楽に目覚めさせるきっかけだったという。「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」、「ボリー・ホリディ/Billy Holiday」、「アビー・リンカーン/Abbey Lincoln」らのレコードの影響でジャズに関心を持つようになった。そして、17歳の時、「北海ジャズ・フェスティバル/the North Sea Jazz Festival」で「ベティ・カーター/Betty Carter」のライヴを聴き、ジャズ・ボーカルのレッスンを受け、歌手デビューへといたるようになったという。

 さて、「君住む街角で」。ブロードウェイのナンバーを集めた魅力的なアルバム、「Beyond Broadway」(2005) から。ピアノ・トリオにサックスを加えたカルテット仕立て。ピアノは、彼女の夫で、アレンジャー、作曲家でもある「エリック・ヴァン・デル・リュイート/Erik van der Luijt」とのおしどりデュオ。

【 On The Streets where you Live 】 by Alan Jay Lerner / Frederick Loewe

「♪ I have often walked down the street before  いままで何度もこの通りを歩いてきたし
  But the pavement always           足元にある敷石も今までどおり
  Stayed beneath my feet before        前と変わったわけではない
  All at once am I                でも君が住んでいる街だと知った途端
  Several stories high              ビル数階分ほど
  Knowing I'm on the street where you live   舞い上がってしまう気分

  Are there lilac trees               ライラックの樹はあるかい
  In the heart of town?               街の真ん中に?
  Can you hear a lark in any other part of town?  街で雲雀のさえずりが聞こえるかい?
  Does enchantment pour              魅力が溢れ出しているかい?
  Out of every door?                どのドアからも
  No, it's just on the street where you live     いやそうだとすれば、
                             それはきっと君住む街にいるからだ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

Beyond Broadway

Ilse Huizinga / Maxanter



 彼女のパフォーマンスは、あまりYOUTUBEにアップされていないが、夫君エリックとのデュオ・ライブから。
 
「Ilse Huizinga - On The Streets where you Live」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-04-04 21:30 | 60歳過ぎたら聴きたい歌 | Trackback | Comments(0)