大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 04月 06日 ( 1 )

Guide Me Home ~結婚記念日に~

b0102572_15134111.jpg
b0102572_1421363.jpg
b0102572_17254325.jpg


 重ねること42回目の結婚記念日である。現役時代は忙しいことを言い訳にして、忘れがちであったが、リタイアしてからは、メモリアル・ディには、なにかと理由をつけて、外食をすることが多くなった。この日も、結構、蕎麦がいけるご近所の和食のファミレスへ。お目当ては、鯛めしと蕎麦。いつものように、国道から外れ、どこかの別荘地ではと錯覚するような風景を横目で見ながら、春の日差しあふれ、桜、梅、「アンズ(杏)」でしょうか、「スモモ(李、酢桃)」でしょうか、春の花が咲くのどかな切通しを、賑やかで開けた街へと下っていく。

b0102572_14315369.jpg
b0102572_1432843.jpg
b0102572_20511123.jpg


 42回目の結婚記念日といっても、特別な感慨はないが、振り返ってみれば、二人とも知り合いのいない関西で暮らし始め、被害はほとんどなかったが、阪神淡路大震災も目の当たりに経験し、3人の子供を育てあげ、両親を見送り、なぜか転勤もなしに定年を迎え、ボランティアなど好きな暮らし方をしながら平穏な日々を送るという、平凡を絵に書いたような人生であった。そして我が家が一番落ち着くと、二人とも思っていることに42年間が集約される。多少の紆余曲折はあったが、たいした病や災難にも見舞われなかったこと、好き嫌いがはっきりし、わがままな私に付き合ってくれた妻にも感謝したい。

 さて、今宵の曲は、そのピアノの音の美しさは格別であるスイスのベテラン・人気ピアニスト、「ティエリー・ラング/Thierry lang」率いるトリオで、「Guide Me Home」。ベテランなのにキャリアについてほとんど情報はなく、1956年生まれのスイス出身の作曲家、ジャズ・ピアニストで、フランスの芸術文化勲章を受章したということぐらいしか分からない。

 アルバムはどれも入手が困難なものが多いが、そんなソロ・アルバム、「Guide Me Home」から。  

Guide Me Home

Thierry Lang / EMI Import



「Thierry Lang - Guide Me Home」

          

  

  
[PR]
by knakano0311 | 2017-04-06 17:21 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)