大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 04月 08日 ( 1 )

セピア色の街を抜けて

b0102572_1411726.jpg


 車検のためディーラーに車を預けた後、ちょうど雨もあがったので、猪名川沿いから阪急電鉄の川西能勢口駅までぶらぶらとウォーキング。この時期、猪名川をまたいで、たくさんの鯉のぼりがはためくが、川をまたぐ作業は雨で中止らしく、何本かの柱にカラフルな大きな鯉のぼりが翻っていた。我が家で、鯉のぼりや武者人形を飾らなくなってから、もう何年経つのだろうか。桜の名所、五月山にもやっと開花が訪れたようだ。

b0102572_14134282.jpg
b0102572_14141538.jpg
b0102572_1414291.jpg
b0102572_14144257.jpg


 駅へと向かう途中に、駅近くながら、まるで開発から取り残されてしまったかのように、古い昭和の雰囲気が、そのまま残る一角がある。かってはこの地で蜂を飼育していたのだろう、蜂の巣箱や蜂の巣が積み上げられている蜂蜜店。そして、まさしく昭和。大きな煙突と入口の松が目を引く銭湯。いずれも幼少期を過ごした故郷の家の近くにもあった。あの頃はそんな風景が当たり前だった。いまは、巨大なマンションの陰にひっそりと佇んでいる。セピア色の街 ・・・。

b0102572_14233586.jpg


 そして、極めつけは、忘れられたかのように場末の雰囲気が色濃く残る何軒かの飲み屋。ロケーションが、お稲荷さんの前の路地というのもいい。きっと日暮れたら提灯に明かりが灯り、いまでも昔を懐かしむかのように、おなじみのお客さんが来るんでしょう。こんな雰囲気っていいなあ。

 さあ、今宵の曲。「That Old Feeling」。「懐かしく感じたあの気持ち」とでも訳しましょうか。1938年制作のファッション業界を描いたミュージカル映画、「1938年のヴォーグ/Vogues of 1938」の挿入歌というから、古い古いスタンダード曲です。「ルー・ブラウン/Lew Brown」作詞、「サミー・フェイン/Sammy Fain」作曲という。

 「チェット・ベイカー/Chet Baker」で聴いてみましょうか。私がこの歌を知ったのは、「Chet Baker Sings」(1956年)というアルバム。そう、あの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン/My Funny Valentine」で有名になったアルバムです。冒頭に収められているのだが、チェットのトランペット・ソロの後に、チェット節とも言える、あの甘いくすぐるようなが声が流れてきます。

【 That Old Feeling 】  by Lew Brown / Sammy Fain

「♪ I saw you last night          昨晩、君を見たとき感じた 
        and got that old feeling        あの懐かしい気持ち
  When you came in sight         君が視界に入ってきた瞬間
        I got that old feeling         懐かしい気持ちを感じたんだ
  The moment that you danced       君が踊っているあの時
          by I felt a thrill          ぼくはドキドキして
  And when you caught my eye       君と目があった時は
          my heart stood still        心臓が止まりそうだった

  Once again I seemed to          もう一度昔にもどったような
         feel that old yearning      あの懐かしい気持ちを感じた気がして  
  And I knew the spark of          まだ僕にも恋する火花が
         love was still burning       残っているんだと感じた
  There'll be no new romance for me,   でも新しい恋なんて僕にはきっとダメだろうな
           it's foolish to start        恋をまた始めるなんて愚かなこと
  For that old feeling, is still in my heart   君への想いがまだ残っているんだから
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

Chet Baker Sings

Chet BakerPacific Jazz



「Chet Baker - That Old Feeling」

          

 没後8年、もう懐かしいと思うピアニストになってしまった、「エディ・ヒギンズ/Eddie Higgins」のアルバム、「ベッドで煙草はよくないわ /Don't Smoke In Bed」(2000)からも。パーソネルは、「Eddie Higgins(p)」、「ジョン・ピザレリ/John Pizzarelli (g)」、「ジェイ・レオンハート/Jay Leonhart (b)」。

ベッドで煙草はよくないわ (初回プレス限定)

エディ・ヒギンズ・トリオ / ヴィーナス・レコード



「That Old Feeling - Eddie Higgins Trio」

          
  



  
[PR]
by knakano0311 | 2017-04-08 09:44 | おやじの遠足・街歩き | Trackback(1) | Comments(0)