大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 04月 09日 ( 1 )

続・庭先の小さな春

b0102572_1441177.jpg
b0102572_14414744.jpg


 昨日一日降り続いた春雨と暖かさ。我が庭先の「クロモジ(黒文字)」の花が一気に花開いた。我が家では、その細い枝と葉を時折摘んでは、乾燥して、爽やかな口当たりの「黒文字茶」としていつも重宝している。今年も美味しい茶を期待しています。そして、「ダイコン(大根)」の花も ・・・。

 さて4月の歌です。定年直後、イースターのころに、フィレンツエからパリへと旅したことを思い出して、「I'll Remember April」。 ジャズ・スタンダードとして知られている曲で、もともとは、「ジーン・デ・ポール/Gene DePaul」が、人気コメディ映画、「凸凹カウボーイの巻/原題:Ride 'em Cowboy」(1942年)に提供した曲で、作詞は、「パトリシア・ジョンソン/Patricia Johnston」と「ドン・レイ/Don Raye」が担当し、その年のアカデミー賞の最優秀主題歌賞にノミネートされたという。ちょっと切なく悲しい歌ですが ・・・。

【 I'll Remember April 】 by Don Raye, Gene de Paul, Pat Johnston

「♪ This lovely day will lengthen into evening  素敵な一日が夕暮れとともに幕を閉じ
  We'll sigh goodbye to all we ever had    人はその日の出来事全てにさよならをする
  Alone where we have walked together    ふたりで歩いた道を今は一人で歩みながら
  I'll remember April and be glad      過ぎし4月を思い出しては幸せな気持ちに浸る
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

b0102572_15405370.jpg

 ディーヴァは、イタリア出身のジャズ歌手で、美しく艶やかでいて情熱な「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」。アルバム、「カムズ・ラヴ/Comes Love」(2008)から。「アリーチェ・リチャルディ」は、1975年イタリア、ミラノ生まれ。「プッチーニ」などを輩出した「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」に入り、バイオリンとピアノを学び、その後、「ミラノ国際音楽アカデミー」で、彼女より一足先にJAZZシンガー・デビューを果たしている「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。

カムズ・ラヴ

アリーチェ・リチャルディ / EMIミュージック・ジャパン



「Alice Ricciardi - I'll remember april」

          

 そして、ジプシー・スウィングの魅力にあふれた「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」のアルバム、「Gypsy In My Soul」(2012)から、「パリの四月/April In Paris」。
 

Gypsy in My Soul

Connie Evingson / Minnehaha Music



「April in Paris - Connie Evingson」

          

 最後は、南ヨーロッパの春の陽気を感じさせる「ポルトガルの四月/April In Portugal」を、ほっこりおばさん、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」の歌声で。アルバムは、「マナクーラの月/Moon Of Manakoora」(2012)。

マナクーラの月

ジャネット・サイデル / MUZAK



「April In Portugal ー Janet Seidel」

          


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-04-09 09:38 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)