大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 08月 13日 ( 1 )

路傍の花、樹々の鳥(177) ~ ご近所の極楽 ~

b0102572_1811015.jpg
b0102572_18112890.jpg

 ご近所の泥沼に「ハス(蓮)」の花が咲いている。この猛暑の中で、そこだけが清々しく、静謐な雰囲気が漂う。そして、お盆が近づく。

 さて今宵の曲は、「蓮の花、Lotus Blossom」。昔、学生時代、ジャズ喫茶でよくかかっていたのを思い出します。「ケニー・ドーハム/Kenny Dorham」の最もよく知られているアルバム、「クワイエット・ケニー(静かなるケニー)/Quiet Kenny」(1959)から。パーソナルは、「Kenny Dorham (trumpet)」、「トミー・フラナガン/Tommy Flanagan (piano)」、「ポール・チェンバース/Paul Chambers (bass)」、「アート・テイラー/Art Taylor (drums)」。

Quiet Kenny (Reis)

Kenny Dorham / Prestige



「Kenny Dorham Quartet - Lotus Blossom」

          

 わたしは、「ケニー・ドーハム」の方が馴染みが深いのですが、同名の有名な曲があります。「デューク・エリントン/Duke Ellington」の「Lotus Blossom」。こちらのオリジナルは、「ビリー・ストレイホーン/William Thomas "Billy" Strayhorn」ですが、「ウラジミール・シャフラノフ/Vladimir Shafranov」の演奏で。アルバムは、「East To Love」(2007)

EASY TO LOVE

ウラジミール・シャフラノフ・トリオ / 澤野工房



「Vladimir Shafranov Trio ー Lotus Blossom」

          

 1967年に白血病で他界した「ビリー・ストレイホーン」に捧げた、「デューク・エリントン」の追悼アルバムからの「Lotus Blossom」がアップされていました。アルバム、「And His Mother Called Him Bill」(1967)から。「デューク・エリントン」の片腕であったといわれる「ビリー・ストレイホーン」への切々たる想いも伝わってきます。

His Mother Called Him Bill

Duke Ellington / RCA Victor Europe



「Duke Ellington ー Lotus Blossom」   

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-08-13 10:14 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)