大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 08月 29日 ( 1 )

鷺草が大乱舞 ~ 丸山湿原にて ~

b0102572_10404588.jpg
b0102572_10415046.jpg
b0102572_10453341.jpg

 8月の始めに「丸山湿原」で、「サギソウ(鷺草)」、別名「サギラン(鷺蘭)」が咲き始めたと聞いて早速見に行ったことは、記事に書いた。(参照拙ブログ「夢でもあなたを想う花」) そのときは、一部の湿原に30株ほどであったが、最盛期の今、訪れてみると、3湿原に数百株の数で咲いている。花そのものが3cmほどの小さな花なので、湿原一面にというわけには行かないが、それでも大乱舞である。ボランティアの皆さんによって木道が設えてあるので、間近まで寄って観察できる。

b0102572_1059516.jpg

 そして、幸運にも日本一小さなトンボとして知られる「ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)」も。体長2cmほどのトンボで、世界的にも最小の部類に属するという。兵庫県では、環境省の準絶滅危惧相当するCランク に指定されている。

b0102572_06055.jpg

 林道の脇に咲いているのは、秋の山地に咲く野菊の1種で、「シラヤマギク(白山菊)」。普段あまり見ることのできない虫や花が見られる貴重な湿原である。

 今宵のピアノ・トリオは、「アレッサンドロ・ガラティ・トリオ/Alessandro Galati Trio」。 「How Imsensitive」の英語名で知られている「Insensatez」を。アルバムは、「On A Sunny Day」(2015)から。パーソネルは、「Alessandro Galati - piano」、「ガブリエル・エヴァンゲリスタ/Gabriele Evangelista - bass」、「ステファーノ・タンボリーノ/Stefano Tamborrino - drums」。

On A Sunny Day

Alessan Galati Trio / Vi Ve



「Insensatez ー Alessandro Galati Trio」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-08-29 09:19 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)