大屋地爵士のJAZZYな生活

2017年 09月 09日 ( 1 )

ふるさとの葡萄を懐かしむ

b0102572_17301490.jpg

 店先にたくさんの葡萄が並んでいる。葡萄の季節。信州の実家の周辺には、林檎畑と並んで多くの葡萄畑がある。本格的なワイナリーも ・・・。両親が健在だった頃は、この季節になると、ふるさと山辺の甘い葡萄がたくさん届いた。極上の美味。それも昔の話になってしまった。知らず知らずのうちに、店先で葡萄の産地を確認する私。

 「ダイアナ・クラール/Diana Krall」の歌に、「Peel Me A Grape(葡萄を剥いて)」という歌がある。「ブロッサム・ディアリー/」に楽曲提供をするなど、コンポーザー兼ピアニストとして知られるジャズ・ピアニスト、「デイヴ・フリッシュバーグ/Dave Frishberg」の作詞・作曲になる。 

 「葡萄を剥いて」から始まって、「コークを頂戴、ナッツを剥いて、ワインを冷やして、クラブを茹でて、薔薇の花を伐って ・・・」、次から次へとおねだりを繰り出してくるわがまま娘?の歌。こんなツンデレ娘、いそうですね、近くに ・・・。

【 Peel Me A Grape 】   by Dave Frishberg

「♪ Peel me a grape, crush me some ice      葡萄を剥いて そして氷も用意してね
  Skin me a peach, save the fuzz for my pillow  桃も剥いてよ 枕のケバをむしらないで
  Start me a smoke, talk to me nice    煙草を吸わせて、ちょっと素敵に話しかけてみて
  You've got to wine and dine me        私をワインで酔わせご馳走してくれたわね

  Don't try to fool me, bejewel me    私をからかわないで、宝石が欲しいわ
  Either amuse me or lose me      楽しませてくれないなら さよならよ
  I'm getting hungry, peel me a grape  お腹がペコペコよ、葡萄を剥いて頂戴よ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 「ダイアナ・クラール/Diana Krall」。私にとって、彼女が最も輝いていた頃の4作目のアルバム、「ラヴ・シーン/Love Scenes」(1997)から。

Love Scenes

Diana Krall / Grp Records



 ニューポート・ジャズ・フェスティバルのライブ・バージョンで。

「Diana Krall - Peel Me A Grape (Newport Jazz Festival)」


          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-09 09:24 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)