大屋地爵士のJAZZYな生活

冬に向けて始まった弱肉強食の世界

b0102572_21174288.jpg

 来春始まる炭焼きの窯木にする「クヌギ(椚、櫟)」の伐採を続けている。伐採をしていて、妙なものが目に入ってきた。「ヤマカガシ(山楝蛇)」と思われる蛇の死骸である。高さ7~8mはあろうと思われるクヌギの天辺付近である。体長30cmほどであるから幼体とも思われるが、こんな天辺まで登るのは不思議である。多分、「カラス(烏、鴉)」か「モズ(百舌鳥)」、「イヌワシ(犬鷲)」、「ノスリ(鵟)」などの猛禽類に捕食され、置かれたものであろう。冬に備えて始まったいわゆる「百舌の早贄(はやにえ)」に類するこの森の弱肉強食の世界を垣間見た。

b0102572_17383431.jpg

 さて今宵、冬を少し先取りして、かって一世を風靡したブラスロックの雄、「ブラッド、スウェット&ティアーズ/Blood, Sweat & Tears (BS&T)」のバラードから、「Sometimes In Winter」。ロック・サウンドに、Jazzyなホーン・セクションを配し、新風を吹き込んだ「BS&T」。1969年に発表されたセカンド・アルバム、「Blood, Sweat & Tears」から。

 このアルバムは、1969年グラミー賞の最優秀アルバムを受賞し、彼らはブラス・ロックの中心的バンドとなった。しかしながら、ボーカルの「クレイトン・トーマス/David Clayton-Thomas」のふるまいにプレイヤーの多くが反発、バンドはまもなく瓦解してしまった。

 バンド名の「ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ(Blood, Sweat & Tears)」という言葉は、「ジョニー・キャッシュ/Johnny Cash」の曲名をそのまま拝借したものらしく、さらに、1940年にドイツとの戦いを鼓舞する「ウィンストン・チャーチル/Sir Winston Leonard Spencer-Churchill」首相の名言、「Blood, toil, tears, and sweat(血と苦労と涙と汗しか与えることができません)」に基づいた命名であるという。

Blood, Sweat & Tears

Blood,Sweat & Tears / Sony



【 Sometimes In Winter 】   by Blood, Sweat & Tears

「♪ Sometimes in Winter          冬のある日に
   I gaze into the streets          とある通りをじっと見つめていた
   And walk through snow and city sleet   そして雪とみぞれ混じりの街を歩いて
   Behind your room             君の部屋の近くまで行った

   Sometimes in Winter          冬のある日に
   Forgotten memories           君との思い出を忘れしまった
   Remember you behind the trees     ヒューヒューと枯葉を鳴らす木
   With leaves that cried          その傍らで君を思い出そうとしていた

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「Blood Sweat and Tears - Sometimes In Winter」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-17 17:52 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

わが街を代表する木、台場クヌギの大貫禄

b0102572_14374496.jpg
b0102572_1438754.jpg

 街の中心部の再開発がすすみ、そこに大きな公園がオープンした。オープンを記念する祭りが開かれているということで出かけてみた。

 かって炭焼きが盛んだった黒川地区の「台場クヌギ」が、街を代表する木として、もうひとつの街を代表する木、「エドヒガン(江戸彼岸)」桜と並んで移植されていた。樹齢数十年、いや百年近くはあろうかという台場クヌギの老木。10年くらいのサイクルの輪伐を繰り返し、すっかり根元(台場)の部分が太くなり、貫禄と風格を感じさせる。それでもなお、若木を萌芽させ、育てていく生命力の強さ、懐の深さに感心する。こんな木を見て子供たちが何かを感じてくれれば ・・・。

b0102572_1511411.jpg

 さて、今宵は「ステイシー・ケント/Stacey Kent」の新アルバム、「アイ・ノウ・アイ・ドリーム/I Know I Dream」から。2015年発表の「テンダリー/Tenderly」以来2年ぶりの新作となるが、彼女の長年の夢だったというオーケストラとの共演を実現。美しいストリングス・サウンドをバックに、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の「ダブル・レインボウ/Double Rainbow」や「フォトグラフ/Photograph」、「セルジュ・ゲンスブール/Serge Gainsbourg」の「失われた恋/Les Amours Perdues」、「ニノ・フェレール/Nino Ferrari」の「マデュレイラ通り/La Rua Madureira」といった曲を、相変わらずのキュートな歌声で聴かせている。

 しかしなんて言っても、特筆すべきは、今年のノーベル文学賞受賞作家、「カズオ・イシグロ」氏が再び、詩を提供していることであろう。いずれも彼女のパートナーであるサックス奏者、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」が作曲しているが、ブルーノートへの移籍後第一弾、「市街電車で朝食を/Breakfast On The Morning Train」(2007)では、表題曲と「アイス・ホテル/The Ice Hotel」、「I Wish I Could Go Travelling Again」、「So Romantic」の4曲を。「The Ice Hotel」は2008年に「インターナショナル・ソングライティング・コンペティション」のジャズ部門で最優秀楽曲賞を受賞している。

b0102572_16252754.jpg

 そして、「ドリーマー・イン・コンサート~ライヴ・イン・パリ/Dreamer In Concert」(2011)では、さらに、「Postcard Lovers」を、「チェンジング・ライツ/The Changing Lights」(2013)では、タイトル曲のほか、「The Summer We Crossed Europe In The Rain」、「Waiter,Oh Waiter」と3曲が提供されている。そして新作「I Know I Dream」では、日本の新幹線にインスパイアされたという「バレット・トレイン(新幹線)/Bullet Train」が提供され、「The Changing Lights」がオーケストラ・バ-ジョンで収録されている。彼らはもう10年ちかくのコラボである。

 「カズオ・イシグロ」氏のノーベル文学賞受賞に際して、「ステイシー・ケント」は次のようにコメントを寄せている。

 『 今日はきっと皆さんもこの素晴らしいニュースを耳にしたことでしょう。カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞しました! とても胸躍る話です!!! とても興奮して、文章になりません。私はイシグロの大ファンでしたが、彼が私とジムのファンということで、BBCラジオ4で「無人島に持って行きたい作品」として、私たちの曲をかけてくれたことを知ったのは、ずっと後のことです。そのようにして私たちは出会い、友人になり、そこからトムリンソン/イシグロのソングライティング関係のすべてが始まりました。読んでくださって、そしてこのハッピーな、ハッピーなニュースを共有してくださってありがとうございます!!! (BARKS記事より拝借)』

b0102572_14521480.jpg

アイ・ノウ・アイ・ドリーム/ I Know I Dream
ステイシー・ケント/Stacey Kent
SMJ



 まだ、アルバムがYOUTUBEにアップされていないので、前作でも紹介された「The Changing Lights」をライブ・バージョンで聴いてみましょうか。

【 The Changing Lights 】  by Kazuo Ishiguro/Jim Tomlinson

「♪ Were we leaving Rio         もうリオを離れて
  Or were we in New York?        ニューヨークについたのね
  I remember bossa nova on the breeze  そよ風に乗って聴こえるボサノバが恋しい

  We were in the back seat        広くはないタクシーの
  Of a cab we couldn't afford        バックシートに二人で座り
  You were holding my old rucksack     あなたは膝の上に私の古いリュックを
             on your knees     抱えていた

  You leaned towards your window     あなたは車の窓にもたれかかり
  To see the traffic up ahead         前方の車の流れを見ていた
  "These commuters here," you said   「この通勤する人たちは、まるで
  "Could be the walking dead."   ウォーキング・デッド(歩く死者)のようだ」と言った

  And we vowed to guard our dreams   そして私たちは夢を守りぬくことを誓いあった
  From all the storms that lay ahead    どんな嵐が行く手に横たわろうとも
  From the winds of fear and         恐れや年月、妥協といった     
       age and compromise             逆風が吹こうとも
  And we laughed about the hopelessness  そして多くの人々を取り巻く
  Of so many peoples lives          この希望が見えないこの状況を笑い飛ばした
  As we slowly moved towards        ゆっくりと前に進んでいけば
  The changing lights.            きっと光は変わると

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

「Stacey Kent – The Changing Lights」

          
  
 アルバムからその他の曲も ・・・。

「Stacey Kent - Double Rainbow」

          

「Stacey Kent - To Say Goodbye (Official Music Video) 」
 
          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-16 18:03 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

夕暮れの都市美に見入る

b0102572_13464487.jpg
b0102572_13474933.jpg
b0102572_13481694.jpg

 久しぶりの梅田。一年ぶりのヨット部のOB会である。梅田の居酒屋に、10人ほどの仲間が集まった。寄り道をしようと少し早めに家を出て、阪急梅田駅からグランフロント大阪、そしてJR大阪駅を通り抜ける。この界隈、景観が最近大きく様変わりしたが、まだ私の土地勘は残っているとみえて、迷うこともなく飲み会の場所へとたどり着く。ちょうど夕暮れどき、グランフロント大阪のビル群が夕日に映える。こんな都会の美しい夕暮れを久しぶりに見た。そして駅へと足を急ぐビジネスマンたち。もうそのスピードや流れにもう、ついていけなくなっている。10年ほど前までは、あの群れのひとりだったのだ。1年ぶりに仲間と歓談、痛飲。

 今宵のピアノ。まだ馴染んではいないのだが、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」のリリシズムを継ぎ、「ブラッド・メルドー/Brad Mehldau」などからもリスペクトされ、現代最高峰のピアノの詩人とも囁かれる「フレッド・ハーシュ/Fred Hersch」を聴いてみる。

b0102572_17112955.jpg

 その名を聞いてはいたが、なぜか聴く機会のなかった「フレッド・ハーシュ」。『至高のソロ再び・・・現代最高峰のピアノの詩人フレッド・ハーシュ唯一無二の世界。ここでしか感じられない感動。ラストのビリー・ジョエルの楽曲は心を揺さぶってやまない名演!』そんなコピーに誘われて聴いてみました。

 1955年、オハイオ州シンシナティ生まれ。4歳の時にピアノを始め、両親から熱心な教育を受け、9歳ころからは作曲も始めたという。音楽的にはかなり早熟で、9歳から13歳まで理論、作曲、アナライズのレッスンを受ける。音楽学校に入学した15歳の時には、四声や対位法、様々なスタイルで作曲できるようになっていたという。1980年代にデビューし、ジャズの伝統とクラシックの語法を消化したピアノスタイル、ジャズ・スタンダードの再解釈などで人気を集め、若手のピアニストに大きな影響を与えたという。

b0102572_21505968.jpg

 2008年、HIVウィルスが脳に転移し、発作と2ヶ月間の昏睡状態に陥るが、死の淵を乗り越え、2010年のアルバム「Whirl」で完全復活を果たしたという。そのことによる彼の死生観が、その陰影あるタッチに深みを与え、感性を一層研ぎ澄ましたのではなかろうか。そんな心境が、アルバムに添えられている彼の言葉から読み取れる。

 『私は、もう40年以上、ジャズを演奏してきました。そして今、ピアノの前に座ったときの最良の心理状態は、「さあ、何が起こるのか、見てみよう!」という気分だと思うようになりました。・・・ 経験を積んできた今の私にとって、フレーズからフレーズへ身を任せ、ひたすら演奏するという自由が、非常に心地良く思えるようになったのです。』(フレッド・ハーシュ、寺井珠重訳)

 そんな彼の心根が感じ取れるでしょうか。聴いてみましょうか、「フレッド・ハーシュ」。夕暮れの都市美のように聴き入ってしまうかもしれません。

b0102572_13224290.jpg

Open Book/オープン・ブック [日本語帯・解説付]
Fred Hersch
Palmetto Records / King International



「Plainsong ー Fred Hersch」

          

「Eronel - Fred Hersch」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-15 10:17 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

「山、笑う」 ご近所の紅葉狩りへ

b0102572_1021378.jpg
b0102572_10213476.jpg
b0102572_10235696.jpg

 紅葉が見頃。知られざる紅葉の名所、森林ボランティアの活動フィールドの一庫(ひとくら)公園から、麓のダム湖に注ぐ、一庫大路次川(ひとくらおおろじがわ)の渓谷沿いを歩いてみた。鮮やかな紅葉が目を奪う。まさに、「山、笑う」。有名な紅葉名所に行かなくても十分である。豊かな自然に恵まれたこの地に住んでいることを素直に喜ぶ。

b0102572_1203879.jpg

 ジャズとポップスの垣根をこえて活躍する、いわゆる「Jazzy,Not Jazz」の次世代を担う才能の一人と評されている、オーストラリアの女性ヴォーカリスト&コンポーザー、「ブリアーナ・カウリショウ/Briana Cowlishaw」の歌に、「The Mountains Changing Face」と言う歌がある。まさにこんな情景を表すタイトルである。

 あまり馴染みがない歌手だが、「グレッチェン・パーラト/Gretchen Parlato」や「サラ・ガザレク/Sara Gazarek」などと比較される存在だという。アルバムは、「フィヨルド/Fjord」に収録。

 キャリアはよくわからないが、ニューヨークのプレイヤー達と制作したデビュー・アルバム、「When Fiction Comes to Life」(2011)は、オーストラリア国内賞で、「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」に選ばれたという。「フィヨルド/Fjord」は、3作目にして、同じくオーストラリアで活躍するピアニスト、「ギャヴィン・エイハーン/Gavin Ahearn」とのデュオ名義での発表。彼とは「The Wires Project 2013」というユニットを組んで活動しているようで、どうもその集大成のアルバムのようだ。全10曲のうち、ブリアーナによるオリジナル曲が3曲、ギャヴィンが1曲を提供、そして8曲がデュオ演奏。

 ブラジリアン、ジャズ・スタンダード、そしてビートルズのカバーを混じえ、端正なピアノ演奏だけをバックに可憐なブリアーナのヴォーカルが美しく響く静謐でリリカルな作品で、ノルウェイでの録音だという。そんな北欧の空気も感じさせる「ギャヴィン・エイハーン」のピアノに強く印象づけられた一枚。

FJORD

BRIANA COWLISHAW & GAVIN AHEARN / RIP CURL RECORDINGS / インパートメント



 本アルバムからYOUTUBEのアップはなかったが、ボーナスCDとしてつけられていた「ギャヴィン・エイハーン」とのユニット、「The Wires Project 2013」の「The Wires」をアップしておきます。

「The Wires - The Wires Project 2013」

          


 
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-13 13:45 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)

さすがに老いを感じてはきたが ・・・

b0102572_10202736.jpg
b0102572_10272059.jpg

 一年ぶりのクヌギの伐採、玉切り作業。急斜面の上り下りで息が上がる。踏ん張れず、バランスを崩し尻餅をつく。チェーンソーや鋸を持つ手が重い。一年前に比べ、間違いなく体力は下がっている。ヘルメット着用、声かけやロープなどを使い、安全最優先で作業を行っているが、実質、約2時間の作業が集中力と体力の限度である。

 来園者や公園事務所の職員からは、お世辞半分に「お若いですね」と言われるが、仲間の最年長は79歳、若い人でも65歳、十分に高齢者である。さすがに皆んな老いてはきたが、顔はまだいきいきと輝いている。この活動、仲間の皆んなにとって、楽しさや健康、活力をもたらしてくれているが、それにもまして、多少は世の中に役立っているということが、モチベーションの源泉にもなっている。ゆっくりと時間をかければ、まだまだ続けられそうである。

b0102572_1764012.jpg

 さて、今宵も哀愁のラテン。わたしもまだまだ負けていられませんと思うのが、「オマーラ/Omara」。アメリカのJAZZギタリスト、「ライ・クーダー/Ry Cooder」とキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ/Buena Vista Social Club」のメンバーのひとりで、「コンパイ・セグンド/Compay Segundo」と並んで人気があり、いまだ現役で活躍している。

 有名になったきっかけは、「ライ・クーダー」が、キューバ音楽の伝説的なアーティストたちをドキュメンタリーとしてまとめた映画、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。今はもうすっかり老いてしまったが、彼らが150年の歴史のある「ソン」という伝統音楽を、その後のキューバ革命の荒波をくぐってを守り続けてきたことを描いたドキュメンタリーである。この映画がきっかけで90年代末に世界的なブームを巻き起こしたが、その当時で平均年齢は70歳代、今ではオリジナル・メンバーの大半はすでに他界しているという。

 そういえば、「コンパイ・セグンド」、「オマーラ」のふたり、2015年、オバマ前米国大統領に招かれ、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が、ホワイトハウスで、演奏した時もパフォーマンスを披露した。(参照拙ブログ「ホワイトハウスに流れたカリブの熱風」「カリブから風が吹く」

b0102572_1765827.jpg

 「キューバの歌姫」と呼ばれる「オマーラ・ポルトゥオンド/Omara Portuondo」。1930年生まれと言うから、今年87歳である。老いてはいるが、輝きを失っていない魅力的な表情と素晴らしい歌唱力を持っている。その「オマーラ」が、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のメンバーたちと作り上げたソロ・アルバムが、「オマーラ/Omara」。その切々たる哀愁に心が動かされる。
 
 前述のブログ記事からの再録ですが、「オマーラ」の哀切の歌唱を ・・・。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ

オマーラ・ポルトゥオンド / ワーナーミュージック・ジャパン



 「ベインテ・アニョス/Veinte años (20年の歳月)」 。

「Omara Portuondo - Veinte años」

          

 「カンタ・ロ・センティメンタル/Canta lo sentimental (叙情歌)」

「Omara Portuondo - Canta lo sentimental」

          

 フルアルバムはコチラ、  「Omara Portuondo (Full Album) 」 
   


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-12 12:04 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

里山の語り部としても

b0102572_1443067.jpg

 秋晴れの空の下、今日も台場クヌギの伐採。気温も、太陽も、わずかに吹いてくる風も、チェーンソーの唸る音も、心地よい。汗を拭うのは、久しぶりである。作業をしていると園内を散策している人から、「どうして木を伐っているんですか? 何の木ですか? どうするんですか? 皆伐しても大丈夫ですか?」などの質問を結構受ける。菊炭のこと、地域の伝統文化だった炭焼きのこと、台場クヌギのこと、そして里山と人々の暮らしのことなど ・・・。そんなことを来園者にわかりやすく語るのも、森林ボランティアの重要な役目である。

 こんなに天気が良かった日の夜は、空気が澄んで、一段と月が綺麗。そんな夜に聴くのは、「大石学」のピュアなピアノ。

b0102572_9462573.jpg

 「大石学」。1963年、横浜生まれのジャズピアノ・キーボードプレイヤー、編曲家。「ヤマハ ネム音楽院」卒業後、プロとしての活動をはじめる。「阿川泰子」、「松山千春」、「野口五郎」等のレコーディング・コンサートツアーに参加しつつキャリアを積んだという。私が知っているだけでも、「レディ・キム/Lady Kim」、「ケイコ・リー」、「伊藤君子」、「石野見幸」、「土岐麻子」などとのレコーディングやステージに、アレンジャー、歌伴として参加している。

 1997年に初リーダー・アルバム「Tears Rained Down」をリリース。2002年、「イーストワークス・エンターティメント(ewe)」より、「大石学トリオ」の1st「PAITED DESERT」を発表、以後2005年までの間にトリオ名義で4枚、トータルでは7枚のアルバムをeweから発表している。 また、2010年からは、澤野工房から、「Water Mirror」「Gift」「ETERNAL」などをリリース。その澄み切った音色と、静寂の「間(ま)」の絶妙なバランスにいつも魅かれてしまう。

 アルバム、「Water Mirror」と「Eternal」に収録されている曲から、ソロのメドレー。静かで穏やかな夜を思わせる「Calm」、「Winter Waltz」。彼自身の言葉によると、「WATER MIRROR=明鏡止水」だという。「ただただ、美しい音を出そう」という一念で奏でたその美しい響きが、鏡のように磨き上げられたような水面を波紋のように拡がっていく。

WATER MIRROR

マナブ・オオイシ / 澤野工房



ETERNAL

マナブ・オオイシ・トリオ / 澤野工房



「Calm ~ Winter Waltz - 大石学」

          

 アルバム、「TOSCA」からタイトル曲を。

TOSCA

大石学 / インディペンデントレーベル



「TOSCA - 大石学」

          

 ソロ・アルバム、「Water Mirror」に収録されている、「After The Rain」。アルバムからのアップがありませんでしたので、サックス奏者「土岐英史」との演奏で。

「Hidefumi Toki & Manabu Ohishi - After The Rain」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-11 09:52 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

炭焼き三昧の日々が始まる

b0102572_14192384.jpg
b0102572_14193760.jpg

 さあ、今年も始まった炭焼きへの準備作業、台場クヌギの伐採。私にとっては、8年目の炭焼きである。平均年齢70歳を超えてもなお、急斜面で伐採作業を頑張る仲間の爺さんたち。やはり皆んな山作業や炭焼きが好きなのである。どうやったらより美しい菊炭が焼けるのだろうか。伐採作業をしながらも、年が明けたら始まる炭焼きへの工夫や段取りについて思いを巡らす。これから4ヶ月、炭焼き三昧の日々。

b0102572_10182410.jpg

 さて、今宵聴くのは哀愁のラテン。スペインは、フラメンコの歌い手、「フラメンコ・カンタオール/flamenco cantador」と呼ばれる「ディエゴ・エル・シガーラ/Diego el Cigala」。その嗄れ声が魅力の歌い手ですが、彼が、キューバ・ジャズの「ゴッドファーザー」とも呼ばれる、キューバ音楽界の伝説的ピアニスト、「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」とコラボしたアルバム、「ラグリマス・ネグラス/Lagrimas Negras(黒い涙)」。

 「ディエゴ・エル・シガーラ」。マドリッド出身、1968年生まれ。私はフラメンコの世界はよく知りませんが、この世界で絶大なる人気を持っているという。その「エル・シガーラ」が、「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」と組んで、2003年に発表したのが、「ラグリマス・ネグラス/Lágrimas negras(黒い涙)」。このアルバムは、世界的大ヒットとなり、2004年のラテン・グラミー賞の最優秀トラディショナル・トロピカル・アルバム賞を受賞したという。

b0102572_10203752.jpg

 「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」。1918年、キューバ、ハバナ出身。1950年代のハバナのナイトクラブでピアニストとしてキャリアをスタートさせ、キューバ音楽の黄金期に活躍したが、1960年に「フィデル・カストロ/Fidel Castro」率いる革命政権樹立後キューバを去り、どのような政治信条であろうとも、独裁的な政権のある場所には二度と戻らないという本人の意思から、妻の故郷のストックホルムに住み、その後一度もキューバを訪れていないという硬骨の音楽家。76歳となった1994年にリリースしたアルバムをきっかけに、再度世界的な表舞台に立つこととなった。さらに、2003年制作の「Lágrimas negras(黒い涙)」が大ヒットを記録、普通のミュージシャンならとっくに引退している歳になって、初めて世界的な評価を獲得したのである。そして、2013年、95歳でその波乱の生涯を閉じた。

 「Lágrimas negras(黒い涙)」は、失恋した心の痛みを歌ったキューバの名曲。このアルバムは、キューバ音楽とフラメンコというジャンルを越えたいわば、フュージョンの傑作である。

「♪ あなたが去ってしまったので深く傷ついてしまったわ
    あなたの知ら ない所で私は涙にくれる
      私の命のような黒い涙をながして 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 フラメンコ独特の絞り出すような嗄れ声、キューバのリズムに乗って哀愁ほとばしるピアノ、言葉に詰まり、胸の奥深いところに、深々と沁みてくるような嘆き節 ・・・・。かって、スペインを旅し、こんな嗄れ声を幾度となく聴いたフラメンコ酒場を思い出す。

Lagrimas Negras

Bebo Valdes & Diego El Cigala / Bmg



「Bebo Valdés & Diego El Cigala.- Lágrimas Negras (Black Tears)」

          

「Bebo Valdés & Diego El Cigala.- Corazón Loco」

          

「Bebo & Cigala - Veinte años」

          

b0102572_14431457.jpg

 「ディエゴ・エル・シガーラ」。キューバ音楽だけでなく精力的にコラボをしているようだ。2010年4月には、ブエノスアイレスで、バンドネオンの「ネストール・マルコーニ/」、ギターの「フアンホ・ドミンゲス/」達とタンゴ音楽を分かち合うコンサートを行っている。そのライブ・コンサートの模様を、自身のアルバム、「シガーラ&タンゴ」やとしてまとめられ、YOUTUBEにアップされていました。圧倒的な迫力で迫りくるその凄まじいばかり哀愁。スペイン語が分からない私でも、ただ陶然とする。

b0102572_1437676.jpg

Cigala & Tango CD, Import
Diego el Cigala



「ディエゴ・エル・シガーラ/シガーラ&タンゴ ~ コンサートinブエノスアイレス」
   
          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-11-10 13:30 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)