大屋地爵士のJAZZYな生活

カテゴリ:秘密の花園( 4 )

ちょっと暑苦しいかも知れませんが ・・・

b0102572_10241371.jpg


空梅雨、豪雨、強風、一転して猛暑 ・・・。めまぐるしく天候が変わる。そして、なにか梅雨の実感がないまま、週末には「梅雨明け宣言」も出るかもしれないという。

さて、前回は「男節」、爽やかに梅雨を過ごせる「女節」のニュー・カマーはないかと探していたが、「爽やかに」というその思いとは全くうらはらですが、あるブログで紹介されて、ジャケ買いしたのが、「カレン・ソウザ/Karen Souza」。のっけからインパクトのある写真(いずれもNETから拝借)で恐縮ですが、この妖艶さというか、コケティッシュなお色気は、もう枯れ始めている爺さんを引き戻すほどの「チカラ」がありますね。そして、まさしく「女節」といえるハスキーで魅力的な声の持ち主。

彼女、アルゼンチンの出身だそうです。セカンド・アルバムが、彼女の名をつけた「ホテル・ソウザ/Hotel Souza」。売れているそうです。冒頭のボッサ・テイストの「Paris」が流れてくると、もうホテルでもてなされ、くつろいでいるような、そんなリラックスした気分になってくるアルバム。

Hotel Souza

Karen Souza / Music Brok



フル・アルバムが、YOUTUBEにアップされていましたので、「ゆっくりくつろいで聴いてください」と言いたいところですが、エアコンをかけておかないと、曲が進むにつれ、すこしムンムンした気分になるかもしれませんよ。

「Karen Souza - Hotel Souza [Full CD]」

          


b0102572_1034726.gif


私は知らなかったが、「寺島靖国」氏のコンピ・アルバム、「FOR JAZZ AUDIO FANS ONLY VOL.5」にも収録された話題になったという、前作「Essentials」も、やはりアンニュイで悩ましく、なかなかのもの。この手のアルバムは絶対、こうでなくっちゃいけません。

Essentials

Karen Souza / Music Brokers Arg



そうなると、ライブの映像が見たくなりますね。上のアルバムから「Every Breath You Take」。邦題「見つめていたい」、イギリスのロックバンド、「ポリス/The Police」の楽曲です。

「Karen Souza - Every Breath You Take」

          

「Essentials」では、ジョビンやビートルズ、マイケル・ジャクソン、ポリスなどをカバーしているが、彼女の歌いぶりに慣れてきたころ、なんとなく「Karen Souza」の名前に、かすかに聴き覚えがあるのに気が付いた。「お色気たっぷり」、「ロック系シンガーのフェイク・ボッサ・カバー」、「アルゼンチンの女性シンガー」がキーワードでした。かって、2005年ころだったでしょうか、フェイク・ボッサ・ブームのころ、「Bossa n’ XXXX」というタイトルでリリースされた、一連のお色気ジャケのフェイク・ボッサ・アルバムの「ローリング・ストーンズ/ Rolling Stones」編、「Bossa n’ Stones」で、音量を上げるのをはばかるほどのお色気たっぷりボイスで「Satisfaction」を歌っていたシンガーではないかと気が付いたのである。

そう気が付いて、3つのアルバムを通して聴いてみると、なんと変われば変わるもの、最初の露骨なまでの「うっふん ・・・」唱法を抑えて、JAZZシンガーとしてすっかり歌が上手くなり、そして売り(?)のお色気も、上品さを加え、成熟した大人の女性のさらに洗練されたものになっているようです。久しぶりの「秘密の花園」入り決定 ・・・。

b0102572_17191558.jpg

Bossa n’ Stones

オムニバス / GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)



音量を上げるのをはばかるほどの「Satisfaction」は、下記アンダーライン部をクリックして、自己責任でお聴きください。


「karen souza - satisfaction」

b0102572_17224955.jpg

 
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2013-07-06 10:16 | 秘密の花園 | Trackback | Comments(0)

師走に見つけたBeauty On Bass  ~ Nicki Parrott ~

b0102572_17244384.jpg
『ブロンドの長い髪をなびかせながら、ウッド・ベースを弾き、マイク・スタンドでジャズを歌う美女-それが、ニッキ・パロット。』

こんな、帯のコピーが目につき、思わず衝動買い。わたしもかって学生バンドでベースを弾いていたので、すぐに反応してしまったのかもしれない。ジャケットは、確かにブロンドの美女が横抱きにベースを抱えているが、「マイク・スタンドでJAZZを歌う」というのがなかなかイメージできない。早速、「Nicki Parrott」とうちこんで、検索したらいくつかのサイトが出てきました。納得。中には、You Tube や My Space で演奏シーンの動画を見ることが出来るサイトもありました。

b0102572_17414234.jpg
こんな感じですね。いや~、実にいい感じですね。
女性ジャズ・ベーシストの存在は、結構珍しいが、それでもさほど珍しくはなくなった。女性だけのピアノトリオ「The Three Angels」のベースやDVDで見かけた「クリス・ボッティ」のバックのベーシストなどが思い浮かべられる。しかし、ウッド・ベースを弾きながら、マイク・スタンドでジャズを歌う女性アーティストの存在はこれまで記憶がない。彼女はオーストラリア出身でニューヨーク在住らしいが、CDを聴いてみて、すっかり気に入ってしまった。セクシーで、甘く切ないシルキー・ボイス。ベースの腕前も決して侮れない。名手ルーファス・リードから学んだというバリバリの正統派。収録曲も、「ムーン・リバー」「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」「クライ・ミー・ア・リバー」「ベサメ・ムーチョ」などから、ベース・ソロも聴ける「緑は異なもの」、「捧げるは愛のみ」などツボを心得たスタンダードの選曲ですね。

ほんとにヴィーナス・レコードさんは、マーケティングがうまい。感心しますね。
スムース・ジャズに流れるわけでなく、といってギンギンのリアル・ジャズを押し付けるわけでなく、「ベースを弾いてスタンダードを歌うブロンド美女」という新しい「JAZZ アイドル?」を誕生させ、甘く切ない団塊オヤジの「JAZZ心」をギリギリのところで、ビジュアルにもくすぐるという術をよく心得ていると思う。

その「Venus Records」にすっかり乗せられて衝動買いをしてしまったCDは、「Nicki Parrott/Moon River」。ベースと美女が絡むジャケットは久々の「秘密の花園」入りで~す。

多分発売直前に日本版タイトルが変わったのであろう、HMV、Amazonもアルバム・タイトルのデータは、「クライ・ミー・ア・リバー」になっている。

b0102572_1861796.jpg
クライ・ミー・ア・リバー
ニッキ・パロット / / ヴィーナス・レコード
ISBN : B000WOYLJ0
スコア選択:

「Moon River - Nicki Parrott」

          

やはりライブ映像が見たいですねえ。では、「BESAME MUCHO - NICKI PARROTT」。素人が撮ったのでしょうか、アングルがめちゃくちゃ。

          
[PR]
by knakano0311 | 2007-12-20 17:21 | 秘密の花園 | Trackback | Comments(0)

ひさびさの「秘密の花園」入り 

いやー! ひさびさの我が「秘密の花園」入りの女性JAZZ歌手を発見しました。「秘密の花園」ってなんだ?という読者の方に説明しますと(第7回のブログ参照)、私の場合、エロカッコイイと思われる女性JAZZ歌手を、アルバムジャケットに惹かれて、おもわず買ってしまう(これを「ジャケ買い」といいますが)、いわば、セクハラ的衝動によってコレクションされたアルバムを指します。ただし、その女性歌手本人の写真によるジャケットに限っていますので、ヴィーナスレコードなどの、その種のジャケットは適用外です。
しばらく花園入りがなかったのですが、新規加入アルバムは「マレン・モーテンセン/MALENE」。
1982年北欧デンマークの生まれの24歳。日本デビューは「デイト・ウィズ・ア・ドリーム」であったが、このときの印象は、美人歌手には違いないが、ジャケットもエロカッコよくもなく、確かに歌はうまいが、肩に力が入っている感じで、「テイク・ファイブ」などなかなかやるなといった程度の印象であった。

今回は、まずジャケットから違う。見た瞬間、「007 ドクター・ノー」の初代ボンドガール「アシューラ・アンドレス」を思い出したほど。ファッション・モデルにスカウトされたことがあると言うほどの美貌とスタイルの持ち主。彼女も「天から二物を与えられた」女性。ジャケットを開くとお宝写真が・・・・、垂涎ものですね。
本アルバムをプロデュースしたのは、ピアニスト、「ニルス・ラン・ドーキー」の弟で、ベーシストの「クリス・ミン・ドーキー」。曲のうち約半数はマレン自身のコラボによるオリジナル曲であるが、アレサ・フランクリン、イーグルス、ビリー・ホリディなどもカバーしている。冒頭のオリジナル「テンプテーション」のベースラインによるイントロから、もう魅かれてしまいます。時にはエモーショナルに、時には可憐に、ストレートにナチュラルに、ロリータな一面もまた聴かせます。
「クリス・ミン・ドーキー」のベースがまたよく歌っていて、改めてアコースティック・ベースの素晴らしさを満喫できる。


MALENE
マレン・モーテンセン / / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000JVS3DQ
スコア選択:


デイト・ウィズ・ア・ドリーム
マレン・モーテンセン / / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B0009YCOYW
スコア選択:


「Malene Mortensen - Take Five」

          

ジョニ・ミッチェル、キャロル・キング等のテイストも併せ持つ、「ノラ・ジョーンズ」や「マデリン・ペルー」とは全く違うタイプの、注目すべき「新世代」女性シンガー・ソングライターといえそう。

b0102572_114247.jpg

[PR]
by knakano0311 | 2007-02-18 18:59 | 秘密の花園 | Trackback | Comments(0)

第7回 秘密の花園

b0102572_17334045.jpg

女性Jazzボーカルの楽しみ方は本当に奥が深いものがある。最近、女性歌手を評して「エロかっこいい」なんて言葉が流行っているが、言いえて妙!!この道は、はまったら、まっしぐら。
CDを聴いて楽しむ以外にも、いろいろ楽しみ方があります。アルバムジャケット、DVD、関連図書など。  なかでも女性ボーカルの場合は、アルバムジャケットに惹かれて、おもわず買ってしまう「ジャケ買い」。これがいいんだなあ。ヴィーナスレコードはボーカル以外でも、頻繁に女性ヌードをジャケにつかうことで有名であるが、ジャケットを開くと髭面の3人組がなどということもあり、やはり「ジャケ買い」は女性に勝るものはないと思う。数ある「ジャケ買い」から、中身(音楽)も、ジャケットに負けていないくらいよかったものを紹介したいと思う。

まずは「Gabriela Anders 」の「Wanting」。ミニスカートのスレンダーな女の子がすこしうつむき加減で歩いている姿を望遠で撮ったと思われる写真。「楚々とした風情」と言う表現がぴったり。なにかのストーリーを感じさせ、映画の1シーンを思わせるようなジャケット。どんな顔をしているのだろう? 聴いてみると、これがロリータボイスで、耳元でささやかれているような全身がけだるいマッタリ感につつまれる。(なぜかジャケットが表示されない場合はクリックを)
アルゼンチン出身の歌姫と言うが、情熱のラテンの国でもこのマッタリ感は通用するのだろうか?

Wanting
Gabriela Anders / Warner Bros.
スコア選択:


第2作目「Last Tango in Rio」が出たというので、早速買ったら、今度は顔のドアップ。超美人である。だがやはり紛れもない、ラテン系、肉食系の猫顔である。前作以上に輪をかけた超ロリータボイスで全身をくすぐってくれる。「アダブラカダブラ」などいう呪文めいた曲がさらに脱力感を加速する。ロリコン親父には超オススメのアルバム。
私に関していえば、「秘すれば、花・・・」。そこはかとない儚さ、可憐さを感じる前作のジャケットほうが好みか。

Last Tango in Rio
Gabriela Anders / Narada
ISBN : B0002Y4T8S
スコア選択:

つぎのおすすめは、スウェーデンの妖精「Lisa Ekdahl」。こちらも伏せ目がちで、横ずわり。
おやじの弱点をちゃんと見抜いていらしゃるから憎いこと。声はこれまた「ガブリエラ」と同じロリータボイス。
「Back to Earth」、「When Did You Leave Heaven」どちらも歌もジャケットもオススメ。ささやくような声で、あの往年のナットキングコールの「Lonely One」やスタンダードの「Cry Me A River」、「My Heart Belongs to Daddy 」なんかを歌うからたまらない。
元祖?ロリータボイスののブロッサム・ディアリーも真っ青か。

Back to Earth
Lisa Ekdahl Peter Nordahl Trio / RCA
ISBN : B00000IFUZ
スコア選択:

When Did You Leave Heaven
Lisa Ekdahl / RCA
ISBN : B000003ETV
スコア選択:

最後のオススメは、「Simone」。いや成熟した女の魅力がジャケットから漂ってきますネ。まさに「エロかっこいい・・・」。「ムーンライト・セレナーデ」はタイトル曲をはじめ、スタンダード満載のアルバム。特に「ベサメムーチョ」はメロメロになること請け合い。もう1枚の「ロマンス」はあまり知られていないが、「A Blossom Fell」「Just Squeeze Me」など珠玉のバラードが魅力の一枚。バックのロマンティック・ジャズ・トリオも絶妙なサポート。

ムーンライト・セレナーデ
シモーネ ジョン・ディ・マルティーノ ハンス・グラヴィシュニック フィリップ・コップマイヤー / ヴィーナスレコード
ISBN : B00018GZEG
スコア選択:

ロマンス
シモーネ&ロマンティック・ジャズ・トリオ シモーネ ロマンティック・ジャズ・トリオ / ヴィーナスレコード
ISBN : B000657MMS
スコア選択:

いやー、ジャケ買いも決して捨てたもんではありませんぞ!!

「Gabriela Anders / Wanting」

          
 
[PR]
by knakano0311 | 2006-07-01 17:37 | 秘密の花園 | Trackback | Comments(0)