大屋地爵士のJAZZYな生活

カテゴリ:我が青春のジャズ・グラフィティ( 18 )

音楽的同志「A」君へ

b0102572_172759.jpg


 一枚のハガキが届いた。学生時代のバンド仲間のA君から。そこには、「・・・進行性の難病を発症し、2年経過した今、日常生活でも息切れすることが多くなり、リタイア後、アルトサックスで6回、ギターで1回7年間続けたJAZZ LIVEを断念することにした ・・・」とあった。

 彼は、私の学生時代のバンド仲間でアルト・サックスを吹いていた。そのテクニックはかなりのもので、我がバンドの音楽の方向性やキャラに不可欠だったと言っても過言ではなかった。就職後、音楽活動からは遠ざかっていたが、定年を機に、ふたたびサキソフォンを手に取り、プロの指導を受け、ジャズクラブでライブを開くまでに腕を上げていった。病を発症してからは、サキソフォンに変えてギターをはじめ、これまたライブを開くレベルまで瞬く間に上達していった。そして7年間、年1回のライブを続けていたのである。そんな彼がライブを断念したというのである。

b0102572_23002192.jpg 毎年、ライブの案内をもらいながら、行けなかったことが残念。ただ遠くから快復を願うばかり。彼のハガキは、「これからは、音楽、読書、映画鑑賞などまだまだ人生を楽しみたいと思います」と結ばれていた。察するに余り有るが、「人生楽しみ方はいくつもある」と元気づけたい。

 そんな彼に贈る曲は、「The Good Life」。この曲は元々、フランスのシンガー・ソングライター、音楽家、俳優の「サッシャ・ディステル /Sacha Distel」によって、1962年にメロディがつくられたという。ジャズのスタンダードとなったのは、1963年、「トニー・ベネット/Tony Bennett」が最初に英語詩でレコーディングし、ヒットしたからである。そして、1973年にはディステル自身によってフランス語の歌詞がつけられたという。「トニー・ベネット」のほか、多くのアーティストたちによってカバーされている。

【 The Good Life 】   
    作詩;ジャック・リアドン/Jack Reardon 作曲;サッシャ・ディステル/Sacha Distel

「♪ Oh, the good life,         そうね、グッドライフ
  full of fun seems to be the ideal  楽しさ一杯で理想的な生活におもえるわね
  Mm, the good life,         ふ~ん、グッドライフ
  let's you hide all the sadness you feel 悲しみを感じてもみんな覆い隠してくれるも・・・
  You won't really fall in love      でもあなたが本当の恋に落ちることはないでしょうね
  for you can't take the chance     あなたにそんなチャンスは訪れないだろうから
  So please be honest with yourself,   だから自分自身に正直になりなさいよ
  Don't try to fake romance       偽りのロマンスを作り上げてはいけないわ

  It's the good life           グッドライフ、私が思うには
  to be free and explore the unknown まだ経験してないことを恐れずに求めていくこと
  Like the heartaches          それがたったひとりで向き合わなければならない
  when you learn you must face them alone    「心の痛み」だとしても
  Please remember I still want you, どうぞ忘れないで 私がまだあなたを想っていることを
  and in case you wonder why      そして人生に疑問を感じたり、道に迷ったら
  Well, just wake up,           目を覚まして、
  kiss the good life goodbye    あなたの思うグッドライフにさよならをしてほしい ♪」

I Wanna Be Around

Tony Bennett / Sbme Special Mkts.


 
「Tony Bennett - The Good Life」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-03-19 15:05 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(0)

潮風に身を任せたあの夏

b0102572_0145416.jpg


『「海の日」に思い出すのは ・・・』を書きながら、写真を見ていたら、何かあの頃が急に懐かしくなって ・・・。そんな爺さんのセンチな思い出話の続き。

厳しい練習の合間、連休や夏期休暇の楽しみはなんといってもクルージング。救助艇を兼ねて会社に買ってもらった24フィートの木造クルーザーを駆って、淡路島、沼島、友ヶ島、小豆島、徳島 ・・・など夏休み、冬の連休の大抵は瀬戸内海のクルージングに明け暮れた。いや、みんな若かった。

瀬戸内に沈む夕陽、一面の夜光虫にきらめく海面、獅子座の流星群、台風が近づく中の帰帆、ガス欠による漂流 ・・・。思い出しても美しいだけでなく、スリリングな体験も懐かしい。

嵐の中を帰帆し、灯台をかわし、港にたどり着いた時のあの安堵感。飲んだ一杯のコーヒーの美味しさ。そんなことを思い出しながら、今宵の曲は、「ハーバーライト/Harbor Lights(港の灯り)」。この曲を聴いたのは洋楽に目覚めた中学生の頃、「プラターズ/The Platters」の歌唱であった。元々はどうもポーランド語の歌だったらしく、それを英語に翻訳して、1950年に発表されたらしい。この曲を聴くとヨットに明け暮れた日々を思い出す。我が青春のポップス・グラフィティの一曲。

【 Harbor Lights 】  English lyrics by Jimmy Kennedy

「♪ I saw the harbor lights       港の灯りをみていると
  They only told me we were parting 君は遠くにいってしまったんだと感じる
  The same old harbor lights      かっては君を僕のもとへと運んできた
     that once broughts you to me  同じ港の灯りなのに  

   I watch'd the harbor lights     港の灯りをみつめていた
  How could I help if tears were starting? 涙が流れ出しても止められない
  Goodbye to tender nights      優しかった夜よさようなら
      beside the silvery sea     銀色に輝く海に寄り添う夜よ

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

「プラターズ」のほか、「エルヴィス・プレスリー/Elvis Presley」まで、山とカバーがあります。今宵は、「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」で ・・・。

Without a Song

Willie Nelson / Sony Mod - Afw Line


  
「HARBOR LIGHTS - WILLIE NELSON」

          

   


   
[PR]
by knakano0311 | 2016-07-24 15:43 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(2)

「海の日」に思い出すのはあの頃

b0102572_16494835.jpg


7月18日は「海の日」。そんなことに気がついて、ヨットに明け暮れていた社会人なりたての頃、1970年代を思い出していた。ヨットを始めたのは会社に入ってから、最初の職場、研究所の同僚に誘われたからである。当時の会社は、時代に先駆けて週休2日制。関西は全く初めての地で、知り合いもなく、特にすることもなかったから、なんとなくはまっていった。当時、会社のヨット部は、全国大会にも何回も出場を果たした実業団の中では強豪チームであった。ちなみに艇庫に隣接する西宮ヨットハーバーは、「太平洋ひとりぼっち」の「堀江謙一」さんがアメリカ・サンフランシスコに向けて、「マーメイド号」で密かに出航したハーバーでもあった。

5月から10月は、仕事を終えた金曜日の夜に、西宮の浜の艇庫に集合。土、日と朝から練習をくり返した日々であった。朝から海に出ては練習、昼まで帰ってこない。その当時は、熱中症なんてこれっぽっちも考えたことがなかった。無謀といえば無謀な毎日ではあった。夜になると、練習で火照った体に、いわゆる浜風が心地よく、その感覚を今でも覚えている。もう、船に乗らなくなってから40年くらいか ・・・。ときどき、波しぶきをスプレーのようにたて、波に乗って滑るように走る爽快感を再び味わってみたいと思う事がある。

ヨットは、風を味方につけてのスポーツ競技である。今宵は「ジョージ・ベンソン/George Benson」によって、一世を風靡したフュージョンの名曲、「ブリージン/Breezin' 」(1976)を 。

ブリージン

ジョージ・ベンソン / Warner Music Japan =music=



「George Benson - Breezin'」

          

   
[PR]
by knakano0311 | 2016-07-21 15:24 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(2)

夏ジャケ・ギャラリー  ~ 懐かしきCTI3000シリーズから ~

b0102572_15345847.jpg
b0102572_15351279.jpg
b0102572_15353018.jpg
b0102572_15354677.jpg
b0102572_15361262.jpg


かって、CDではなくLPレコードと呼ばれた頃、ジャケットに一際アート性を持ち込んで、一世を風靡したレコードのレーベルがあった。プロデューサーの「クリード・テイラー/Creed Taylor」によって創設され、そのジャケットの画期的とも言える斬新さと音楽性の多様さ、時代感覚で、1970年代に起こったジャズの新潮流〈クロスオーヴァー/フュージョン〉を牽引したアメリカのジャズ・レーベル「CTI」シリーズ(Creed Taylor IncorporatedまたはCreed Taylor International)である。テイラーのジャズの大衆化を図るというこの狙いは見事にあたり、イージー・リスニング・ジャズ、あるいはクロス・オーバー、フュージョンのブームを作ったのである。私もそんなCTIシリーズに魅せられたひとりでもあり、CTIのいくつかは「我が青春のジャズ・グラフィティ」となっている。(参照拙ブログ「我が青春のジャズ・グラフィティ(6)~ 続・大人の眼差し ~」「我が青春のジャズ・グラフィティ(7)~ 青春の光と影 ~」など)

特に「3000番シリーズ」なかから、夏向きジャケット、トップ5をギャラリー・アップしてみました。残念なことに、これらを含めたLPは、ほとんど散逸してしまっている。もちろんCDでもジャケットは楽しめるし、ジャケ買いなどいまでも私もしているが、LPレコードに比べると、そのアート性、楽しさにおいては太刀打ちできない。

まるで「コルコヴァードの丘 /Corcovado」の丘に聳え立つキリスト像のように、波飛沫にの中に浮かび上がるシルエットは、「Tide」。

「Antonio Carlos Jobim - Tide (1970) - Full album」

          

サバンナを駆ける一頭のキリン。「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の「WAVE」のジャケット。

「Antonio Carlos Jobim - Wave (1967) Full Album」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-08-11 09:44 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(0)

Comin' Home Baby

b0102572_17275078.jpg


玄関先のプランターに水を撒いていて気がついた。脱皮したばかりの「カマドコウロギ(竈蟋蟀)」?(難しい字ですね・・)、あるいは「カマドウマ(竈馬)」でしょうか、じっと葉に掴まっている。健気 ・・・。この時期、次から次へと、我が家を訪れるいろいろな虫が繰り広げる自然の営み。いや、見ていて飽きないもんですね。

b0102572_113285.jpg 

ふいに浮かんできた曲は、「カミン・ホーム・ベイビー/Com'in Home Baby」。60年代、ボサノバの流行とともに、大ヒットしたジャズ・フルート奏者、「ハービー・マン/Herbie Mann (1930 – 2003)」の出世曲。まあ、当時のJAZZ喫茶では、しょっちゅう流れていたように記憶しています。アルバムは、「ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン/Herbie Mann At The Village Gate」。祭囃子を思わすような、ベースの長いイントロに続いて、グルーヴ感いっぱいのフルートが印象的な曲。そのベースを弾いていた「ベン・タッカー/Ben Tucker」の作曲。これも「我が青春のジャズ・グラフィティ」の1曲。1961年11月17日ニューヨーク、「ヴィレッジ・ゲイト」でのライヴ。

ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン

ハービー・マン(fl) / ワーナーミュージック・ジャパン



「Comin' Home Baby - Herbie Mann」
 
          

「ハービー・マン」は、1930年、ニューヨーク・ブルックリンでルーマニアとロシアの家系をもつユダヤ人の両親の間に生まれた。プロとして初めて舞台に立ったのは15歳のときであるという。最初は、バス・クラリネット、テナー・サックスおよびソロ・フルートを担当したが、20歳を過ぎる頃からはバップ・フルートの第一人者たるべく、フルート一本に絞ったという。

多くの人が、彼を評価する所以は、彼はフュージョンあるいはワールドミュージックの開拓者であったことであろうか。1959年には政府支援のアフリカ旅行に同行してアフロ・キューバン・ジャズのアルバム、「フルーティスタ/Flutista」を録音、1961年には、ブラジルに旅し、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antônio Carlos Jobim」や、「バーデン・パウエル/Baden Powell」ら現地ミュージシャンを引き連れてレコーディングをするため帰国し、その後米国において「Comin’ Home Baby」の大ヒットを皮切りに、「ボサ・ノヴァ」の一大ブームを起こしたことは有名な話である。

また、1960年代半ばには、まだ無名の「チック・コリア/Chick Corea」をバンドに加え、売り出したり、1969年のヒット・アルバム、「メンフィス・アンダーグラウンド/Memphis Underground」では、当時「フュージョン」という言葉すらなかった時代に、ロックあるいはソウル・ミュージックとジャズとをクロス・オーバーするという手腕を発揮してみせた。これも「我が青春のジャズ・グラフィティ」の1枚。

メンフィス・アンダーグラウンド

ハービー・マン(fl、arr) / ワーナーミュージック・ジャパン



「HERBIE MANN - Memphis Underground (Full Album)」

          
 


 
[PR]
by knakano0311 | 2014-08-03 10:03 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(2)

小雨のヨットハーバーで盛り上がる

b0102572_17253279.jpg

朝からどんよりと暗い空、そして小雨が振り出したが、いそいそと出かける。前の会社では、と言っても相当昔、若いころの話であるが、ヨット部に所属し、毎年初夏から秋にかけては、休みはいつもヨットの練習に明け暮れていた。そんなことを、何回かこのブログでも書いたことがある。(参照拙ブログ「仲間、再会、別れ ・・・」「風良し、波良し、天気良し」「夏の気配  ~潮風の記憶~」など) そんなヨット部が今年で創部50周年を迎え、それを記念して現役ヨットマン、OBヨットマン/現役社員、OBヨットマン/OB社員で交流会をしようということで、現在の艇庫がある「新西宮ヨットハーバー」に集合した。創部は昭和38年(1963年)、何人かのヨット経験者によって創部された。もちろんその先輩たちはまだお元気である。私が当時の同僚に誘われて入部したのが、1970年か71年であったと思う。ほかに楽しみもなく、近くではあるが、今とは違った場所にあった西宮浜に毎週通ったものである。その時の仲間たちとの交流が今でも続いているのである。

b0102572_22511625.jpg

天気が良ければ、クルーザーで海に出るはずであったが、あいにくの雨に加えて、寒冷前線の通過に伴う相当の風。陸に上がってもうすっかり足元もおぼつかなくなっている爺さん達を乗せては危険という当然の判断で、停泊中の見学と記念写真のみとなり、早々のBBQパーティとなった。時間を忘れるほどの大盛り上がり、初めて会った後輩もヨット仲間なら百年の知己のように話も弾む。そして聞けば、やはりこのご時世、ご多分に漏れず、クルーザーの繋留料、艇庫の賃料など経費の負担が企業内スポーツの継続には重くのしかかってきているが、どうにか会社の理解もあって、かろうじて継続できているという。ここまで50年続けてきたのだ。何とか継続をとエールを送りつつ、夕暮れ近づくハーバーを後にした。

b0102572_2255362.jpg

さあ、古き良き仲間たちに会えたので、今宵はあの若かりし頃を思い出しながら、ブルーノートの復刻盤から聴いてみましょうか。「グラント・グリーン/Grant Green」。1960年代を代表するギタリストといえば、一人は言わずと知れた「ウェス・モンゴメリー/Wes Montgomery」、そしてもう一歩の旗頭が、「グラント・グリーン」であった。当時のジャズ喫茶でも、ウェス派とグラント派がはっきり分かれ人気を二分していたように思う。奏法でも「ウェス・モンゴメリー」が、コード・ソロ、オクターヴ奏法を多用したのと対照的に、シングル・ノート(単音)のメロディを主体にプレイした。

「グラント・グリーン」。1935年、ミズーリ州セントルイス生まれ。デビューのきっかけは、「ジミー・スミス/Jimmy Smith」とのセッションだったという。オーソドックスなビ・バップから、モード・ジャズ、そしてジャズ・ファンクに至るまで、さまざまなジャンルで活躍したため、グリーンはモダン・ジャズ・ファンだけにとどまらず幅広い支持を獲得した。しかし、残念ながら1979年に47才という若さで亡くなっている。

b0102572_2258374.jpg

私が学生時代はモダン・ジャズの全盛期、よくジャズ喫茶に通っていた。そこでよく流れていたグリーンのアルバムが、「アイドル・モーメンツ/Idle Moments」(Blue Note, 1963)。なんといっても、このタイトル曲に、皆痺れていたものである。「デューク・ピアソン/Duke Pearson」のピアノに始まり、「グラント・グリーン」のギターと「Bobby Hutcherson/ボビー・ハッチャーソン」のヴィブラフォンがテーマを奏でる。このメロディラインが実にうっとりするほど魅惑的なのだ。そしてアドリブが、ギター、ピアノに続いて、柔らかく優しい「ジョー・ヘンダーソン/Joe Henderson」のテナー。さらにクールで緊張感を高める「ボビー・ハッチャーソン」のヴァイヴへと続く。この1曲だけで十分堪能といえるアルバムである。

Idle Moments

Grant Green / Blue Note Records



パーソネルは、「グラント・グリーン/Grant Green (g)」、「ジョー・ヘンダーソン/Joe Henderson (ts)」、「ボビー・ハッチャーソン/Bobby Hutcherson (vib)」、「デューク・ピアソン/Duke Pearson (p)」、「ボブ・クランショウ/Bob Cranshaw (b)」、「アル・ヘアウッド/Al Harewood (ds)」。

フル・アルバムがYOUTUBEにアップされているが、「Idle Moments」1曲で十分堪能 ・・・。

「Idle Moments - Grant Green」
 
          
 



 
 
[PR]
by knakano0311 | 2013-11-12 23:15 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(0)

「1969」

b0102572_13181225.jpg

このブログでも取り上げたが、「由紀さおり」の「1969」というアルバムが話題になっている。(参照「快挙には違いない」
     
      
1969年は、私が大学を卒業して就職した年。アポロ11号の月面着陸、全共闘の東大安田講堂事件などがあり、翌年が大阪万博開催、’70年日米安保改定の年、日本は高度成長期の真っただ中であった。



さて、今日(1月30日)の朝日新聞・ローカル面にこんな記事が載っていた。

『かって神戸・元町に有名なライブ喫茶「ロスト・シティー」があった。1960年代半ば、ブルーグラスに傾倒した学生たちが、大学ごとなどにバンドを組んで盛んに活動した。ロスト・シティーはそんな彼らの聖地 ・・・・・。そこで定期的に演奏していたのが「ブルーグラス45」。渡辺敏雄さん(65)ら大学生と高校生ばかり6人で1967年に結成したバンド。 ・・・ 』(朝日新聞)

この渡辺氏、ブルーグラス一筋で、昨年のグラミー賞にノミネートされた快挙のことも、このブログで取り上げたが、(参照「グラミー賞にノミネートされた日本人」) 今度は、2月下旬にシアトル近郊で開かれるフェスティバル「ウインターグラス」に招かれたという。これまた「由紀さおり」に勝るとも劣らない快挙である。還暦を迎えたメンバーの円熟のブルーグラスが本場アメリカ人にどう響くか。

b0102572_16311261.jpg
(写真;「TUT Excaliburs」より無断拝借)

そして「ロスト・シティー」。1969年に入社して1年間ほどは大阪の寮に住んでいたが、遊びに行くのは大阪ではなく、大抵は神戸か京都であった。ジャズ好きの私と、C&W好きの友達とよく行った神戸の店の一つが、当時、神戸大丸の近くにあった、今はなき「ロスト・シティ」であった。店の佇まいなど、もうまったく覚えていないが、C&W好きの若者の熱気でむんむんしていたことと、その音楽性の高さに感心したことは、記憶に残っている。   

「1969」。あのころの音楽界は豊かであったように思う。フォーク、POPS、歌謡曲、ボサノバ、映画音楽・・、由紀のアルバム「1969」に収録されている曲目をみてもそのことは分かる。日本の高度成長に拍車がかかり、あらゆるジャンルの音楽が一斉に花開き、私もそんな一人であったのだが、フォークやエレキの影響で誰もがギターを手にした時期であり、レコードが飛ぶように売れた時代であった。当時の「平凡パンチ」などに付録としてついてきた歌の歌詞やギターコードなどの楽譜が、いまでも手元に残っている。そして、どこの大学にもハワイアン、ジャズと並んでC&Wバンドがあった。

私は、いまでもカントリー&ウェスタン(C&W)とブルーグラスの区別もよくつかないが、それでも「ハンク・ウィリアムス/Hank Williams」、「ビル・モンロー/Bill Monroe」、「ジョニー・キャッシュ/Johnny Cash」、「グレン・キャンベル/Glen Campbell」、「ジョン・デンバ―/John Denver」、いまだに現役で活躍している大御所「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」らの名くらい知っているし、「北風/North Wind」、「ジャンバラヤ/Jambalaya」、「コーライジャ/Kawliga」、「コールド・コールド・ハート/ Cold, Cold Heart」、「ユア・チーティン・ハート/Your Cheatin Heart」、「思い出のグリーングラス/The Green Green Grass of Home」、「ウイチタ・ラインマン/Wichita Lineman」などの曲は今でもよく覚えている。そしてこのころヒットしていた曲で、好きだった曲は、「グレン・キャンベル」の「恋はフェニックス/By The Time I Get To Phoenix」であった。

「僕がフェニックスに着くころ、彼女は目を覚まし、僕が出て行ったことに気がつくだろう ・・・」。ちょっぴり苦い別れの歌。後年、仕事でアリゾナ州の州都、フェニックスに降り立ったとき、空港のロビーからこの曲が流れていたのにちょっぴり感動。

By the Time I Get to Phoenix

Glen Campbell / EMI Special Products


 
「Glen Campbell - By The Time I Get To Phoenix」 
 
        
 
 
 
 
   
 
[PR]
by knakano0311 | 2012-01-30 18:08 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback(1) | Comments(0)

ベンチャーズから始まった

b0102572_10494699.jpg

NHK・BSプレミアムの「Show Time」。「谷村新司」がMCのこの日は、「ベンチャーズ/The Ventures」であった。1959年、「ドン・ウィルソン/Don Wilson」(1933年生まれ)と「ボブ・ボーグル/Bob Bogle」によって結成された。初来日は1962年のことで、日本側が用意したギャラが二人分しか用意できなかったため、ドンとボブの2人だけの来日となったという。大ブレークのきっかけとなった2度目の来日は1965年。ドン、ボブに加え、「ノーキー・エドワーズ/Nokie Edwards」、「メル・テイラー/Mel Taylor」の4人で、メンバーや人数の変遷はあるものの、この4人がオリジナル・メンバーと認識している。番組では、結成当時のエピソード、バンド名の由来や初来日のいきさつなどがドンの口から語られて非常に興味深かった。そして私の音楽の旅も遡ってみれば、「ベンチャーズ」から始まったのである。

50年も同じサウンドを維持し、毎年のように来日し日本各地でコンサートをひらく。「××ベンチャーズ」と名乗る「ご当地ベンチャーズ」や親父バンドは数知れず。かっての会社の仲間も、おじさんバンドでベンチャーズをやっているという賀状が届く。この一向に人気が衰える気配のない「ベンチャーズ」の魅力とは一体なんだろう? 谷村は「歌ではなく、インスツルメンタルで、しかも日本人の琴線に触れるそのメロディだ」と評していた。 
「ベンチャーズ」は、日本の若者に最も大きな影響を与えたバンドと言って過言ではない。あのころの若者の誰もがあの「テケテケ」サウンドに魅了されエレキ・ギターが飛ぶように売れたという。かくいう私も大きな影響を受けたその一人である。

b0102572_17582288.png

1961年(昭和36年)、高校に入学してから「禁じられた遊び」が弾きたくて、クラシック・ギターを買ってもらい、最初はカルカッシ・ギター教則本などで、クラシック・ギターを真面目に練習していた。大学入学は1965年(昭和40年)、まさにベンチャーズ2度目の来日の時である。クラシック・ギター部に入部したが、ベンチャーズの影響を受けるまでにそう時間はかからなかった。そしてギター部のメンバー3人を核に2人を加えて学生バンドを結成することになる。それからはバンド一直線の2年間。リサイタルを開き、バンドを後輩に譲るまで疾風怒濤の2年間、そのリサイタルは、1967年10月28日のことであった。

そのリサイタルで演奏した曲に「キャラバン/Caravan」がある。「デューク・エリントン/"Duke" Ellington」の手になる有名なスタンダードであるが、多分多くの日本人は、「デューク・エリントン」でよりも、「ベンチャーズ」の演奏でこの曲を知ったのではないだろうか。

「キャラバン Caravan'84 - The Ventures」 メルの十八番、スティック・オン・ベースも懐かしい。
 
           
 
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-09-19 00:34 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(2)

我が青春のジャズ・グラフィティ(10) ~J・J氏の伝説~

b0102572_2322231.jpg
(写真;© KOUICHI SAITO 世田谷文学館企画展HPより)




植草 甚一(うえくさ じんいち) (1908年(明治41年)8月8日 - 1979年(昭和54年)12月2日)
敬意と親しみを込めて、「J・J氏」と呼ばれた。
ミステリー評論家であった。
英米文学の評論家であった。
映画評論家でもあった。
エッセイに添えられたペン画、コラージュが上手かった。
48歳にしてジャズの魅力にとりつかれた。
JAZZ評論家になった。
「楽器を持たないJAZZマン」とも呼ばれた。
すげえスノッブな爺さんだった。
博覧強記、雑学の天才だった。
1960年代後半から70年代にかけて若者文化のシンボル的存在だった。
19歳の私と57歳の青年J・Jとの出会いがあった。
不思議な人だった。
歳をとったら、あんな爺さんになりたいと思った。
我が青春のキーワードの一人だった。

行ったこともないのに、雑誌と本とでニューヨークを知り尽くしていた。
初めてNYに行く人には、「○○には行ったほうがいいでしょう。ここにあります。」と助言していた。
本人が初めてNYへ行ったのは1974年4月、66歳の時だった。
3ヵ月半も滞在した。  
NYの古本屋で店員も知らないような英語の古書を山ほど買い込んでびっくりさせた。 

1979(昭和54)年没。71歳。
いまだに伝説の人である。
いまだに不思議な人である。

もう手元にないが、そのころ、夢中になって読んだ本は、

ジャズの前衛と黒人たち (1967年) (晶文選書)

植草 甚一 / 晶文社


ぼくは散歩と雑学がすき (1970年)

植草 甚一 / 晶文社



そのJ・J伝説を「YOU TUBE」で見ることが出来る。本当に不思議な人だった。

植草甚一伝説①
植草甚一伝説②
植草甚一伝説③
植草甚一伝説④
植草甚一伝説⑤
[PR]
by knakano0311 | 2009-04-04 10:00 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(1)

我が青春のジャズ・グラフィティ(9) ~銀のフルート~

b0102572_17332880.jpg

『片隅に眠っていた銀のフルート
 そっとほこりを払って唇をあててみる
 青春の挫折が一瞬聴こえたような気がした』





学生バンドはずっとベースだった。
何か優しいメロディを奏でる楽器をやってみたかった。
キラキラとまぶしい輝きを持つ銀のフルートを手に入れた。
おもちゃを貰った子供みたいにうれしかった。
簡単なメロディくらいは吹けるようになった。
でもそれだけだった。


「ヒューバート・ロウズ」、「ソウル・フルート」と一緒に、よく聴いていたアルバムは、「ハービーマン/メンフィス・アンダーグラウンド」。なんといっても、「Hold On,I'm Comin'」が最高にいい。「ハービー・マン」のフルート、最初からいきなりフルスロットルで飛ばし、そして、ラリー・コリエルのギター、ロイ・エアーズのバイブ、そしてソニー・シャーロックのなんともアナーキーなギターソロへと続く。

メンフィス・アンダーグラウンド

ハービー・マン / Warner Music Japan =music=



「Herbie Mann - Memphis Underground & New Orleans」

          
[PR]
by knakano0311 | 2009-02-28 17:33 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(0)