大屋地爵士のJAZZYな生活

カテゴリ:おやじのジャズ( 117 )

アナ・マリア・ヨペック讃

b0102572_104957.jpg
b0102572_1042524.jpg

 ちょうど5年前、2012年今頃のことであった。ある読者さんからのリクエストで、「絶世の東欧美女たちが、ささやくように歌うボサノバを聞きたい。」というリクエストに応えようとたどり着いたのが、ポーランドの歌姫、「アナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」。それ以来すっかりその透明感あふれる歌声にハマっている。

 ヨペックは1970年、ポーランド生まれ。幼少時からクラシック・ピアノを学び、17歳で「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」を聴いてジャズに開眼し、1997年にポーランドでアルバム・デビュー。すでに自国ではかなりの支持を得ていたが、2002年、「パット・メセニー/Pat Metheny」の全面的協力を得、彼の楽曲にポーランド語詞を乗せて歌ったアルバム、「ウポイエニェ/Upojenie」は、本国で10万枚のセールスを記録。日本はじめ世界のJAZZファンの間で話題を集めたという。(参照拙ブログ 「東欧の囁き姫を探して ・・・ 」「ポーランドの癒し姫にはまりそう」 などなど)

 その、「アナ・マリア・ヨペック」が、2011年以来、6年ぶりに新譜をリリースした。しかも、キューバ出身の私のご贔屓のピアニスト、「ゴンザロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」のトリオとの共演である。待ちに待ったそのCDがやっと届いた。タイトルは、「Minione」。辞書で調べたら「原初年代記」とあった。

 第2次世界大戦以前、ポーランドで流行っていたポーランド・タンゴ&ボレロにインスパイアされたアルバムだという。「小曽根真」らとの日本音楽と邂逅を果たした「Haiku(俳句)」(2011)、ポルトガルの伝統音楽、ファドとの出会いを昇華させた「Sobremesa」(2011)。ヨペックの次なる出会いが、ポーランド・タンゴであった。アルバム・タイトルにその心情が込められている。聴く。甘美、切なさ、光と翳。1930年代、世界中で流行ったあのタンゴの響きが、今蘇る。

 パーソネルは、「Anna Maria Jopek (voice)」、プロデュース、アレンジも担当した「Gonzalo Rubalcaba (piano)」、「アルマンド・ゴラ/Armando Gola (bass),」、「アーネスト・シンプソン/Ernesto Simpson (drums)」。録音は、2016年8月、キューバにほど近いマイアミ。

Minione

Anna Maria Jopek / Gonzalo Rubalcaba / Universal



「あなたの唇は嘘をつく」という意味の「Twe usta kłamią(Your Lips Lie)」を。

「Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba - Twe Usta Klamia」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-21 10:10 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

Daddy! ここが腕の見せどころですよ!

b0102572_18472614.jpg

 毎月第3日曜日は所属している森林ボランティアクラブの主催する木工工作イベントの日。従って、6月は毎年「父の日」と重なる。この日も30人を超える家族が参加。本当は感謝される「父の日」でありながら、ここが見せ場とばかりに、真面目顔で腕を振るうお父さんたちの姿。

 いや、前回の「セリーヌ・ディオン/Celine Dion」の「My Heart Belongs to Daddy」、そそられました。背景に「マリリン・モンロー/Marilyn Monroe」の写真が見えていましたが、こうなるとマリリンの「My Heart Belongs To Daddy」も聴いてみたくなりますね。「私の名前はロリータ ・・・」から始まる、映画「恋をしましょう/LET’S MAKE LOVE」の一シーンから。「イヴ・モンタン/Yves Montand」の懐かしい姿も。

「MARILYN MONROE - My Heart Belongs to Daddy」

          

 「もう他にはないのか?」って。よっしゃ、在庫一掃、あと三人だけですよ。まずは、ストックホルムの妖精と呼ばれ、ロリータ・ボイスで人気の「リサ・エクダール/Lisa Ekdahl」。アルバムは、「Back to Earth」から。説明不要ですね。

Back to Earth

Lisa Ekdahl Peter Nordahl TrioRCA



「My heart belongs to Daddy - Lisa Ekdahl」

          

b0102572_13371456.jpg

 独特のけだるげなヴォーカルで人気だというノルウェーの女性シンガー、「スールヴァイグ・シュレッタイェル/Solveig Slettahjell」。彼女のデビュー作、「Slow Motion Orchestra」(2003) から。日本版では、自身の名前をタイトルにした「スールヴァイグ・シュレッタイェル」となっているが、けだるげで蠱惑的なヴォーカルの中に北欧らしさを感じさせるスタンダード集。このアルバムの「My Heart Belongs To Daddy」は、かの「寺島靖国プレゼンツ JAZZ BAR 2003」に収録されており、私もそれで知ったシンガーである。1971年生まれ、2005年には、「ラドカ・トネフ賞/Radka Toneff Memorial Award」を受賞している。

 余談になるが、「JAZZ BAR 2003」、このコンピ・シリーズでも傑出した年度のアルバムで、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」、「カーラ・ヘルムブレヒト/Carla Helmbrecht」、「ジャン・フィリップ・ヴィレ/Jean-Philippe Viret」などを知ったアルバム。

寺島靖国プレゼンツ JAZZ BAR 2003

オムニバス / ディスク・ユニオン



スールヴァイグ・シュレッタイェル (BOM13004)

スールヴァイグ・シュレッタイェル / ボンバ・レコード



「Solveig Slettahjell - My Heart Belongs to Daddy」

          

 「ステイシー・ケント/Stacey Kent」も歌っています。パートナー、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」名義のアルバム、「Lyric」(2006)より。

Lyric

Jim Tomlinson / O Plus France




「Jim Tomlinson & Stacey Kent - My Heart Belongs To Daddy」


          

 前回と併せて6人の歌姫の「My Heart Belongs To Daddy」。さて誰がお気に召したでしょうか? 私は、「Solveig Slettahjell」ですかねえ。
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-20 09:45 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

懐かしいレイコーの味がした

b0102572_17285221.jpg

 「父の日」とやらで次男家族来宅。頂いたものは、この地域で有名なコーヒー焙煎工房「H」のコーヒー・セット。立派な箱を開けてみると、ワイン・ボトルと見間違うようなボトルに、本格水出し冷珈琲「森聖(SHINSEI)」と書いてある。しかもラベルには、リトグラフか版画のように通し番号「266/422-2」が打ってある。

 「大層な ・・」とも思ったが、能書きを読むと、コロンビアの農園で日陰栽培で育てられた豆を使い、京都西山の軟水で長時間かけ、水出しの手法でアイス・コーヒーに仕立てたとある。ホットが多く、あまりアイス・コーヒーは飲まない私であるが、早速飲んでみると、かって喫茶店で飲んだような懐かしい「レイコー」(関西地方ではアイス・コーヒーのこと)の味がした。

 「父の日」とくれば、今宵の曲は、「My Heart Belongs To Daddy(私の心はパパのもの)」。この曲は、「コール・ポーター/Cole Porter」が、1938年、ミュージカル「Leave It To Me」のために書いたもので、1960年の「マリリン・モンロー/Marilyn Monroe」主演の映画「恋をしましょう/LET'S MAKE LOVE」で彼女が歌ったことで一躍有名に。

 「♪ ゴルフを楽しんでるときに キャディの男の子を誘惑したりするかも でも、それ以上のことはしないわ 私の心はパパのもの ・・・ ♪ 」とこんな意味深な歌詞。この歌詞を読み、歌唱をみると、「daddy」とは、間違いなく「father」ではなく、「darling」。

 今宵も「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」のハスキー・ボイス。デビュー・アルバム、「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」(2004)から。もし、妙齢の女性から、こんなふうに言われたらどうしようかと、まったくもっていらぬ心配をしていますが ・・・。

ソフィー・ミルマン

ソフィー・ミルマン / ビクターエンタテインメント




「Sophie Milman - My Heart Belongs To Daddy」


          

 そして、極めつけは、カナダの美人歌姫「セリーヌ・ディオン/Celine Dion」。出典がよくわかりませんが、マリリンへのトリビュートらしい。動画に出てくるおじさんたちの鼻の下の長さが見もの ・・・ 。たしか彼女、30歳近く年上の音楽マネジャーと結婚したんですよね。そのコケティッシュぶりは相当なもの。もう歌なんかどうでも ・・・。

「Celine Dion - My heart belongs to daddy」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-19 11:20 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

猛暑日にお隣の国のJAZZシンガーを聴く

b0102572_17482764.jpg
b0102572_1413098.jpg

いや暑いです。一気に猛暑日に突入しましたね。老いの身には ・・・。この地域で一番初めに鳴き出す「ニイニイゼミ」も羽化し、鳴き始めたところから、もう梅雨は明けたのではではないでしょうか。勝手にそう思っています。ろくに雨も降らないまま、今年の梅雨が明けてしまった感じだが、心配なのは水。遊びの山の麓の一庫ダムの貯水量、減ってはいるが、それほど心配する必要はなさそうだ。しかし、関東地方では断水も心配される深刻な状態のようである。

さて、こんな暑さを凌ぐには、デビュー10数年、もうベテランの域に達したといっていいでしょう、韓国のシンガー、「ウン・サン/Woong San」を聴く。かって魅力のウィスパリング・ヴォイスにすっかり魅了された時期がありました。最近はジャズ歌手というより、魅力的な「Jazzy,Not Jazz」歌手といったほうがいいかもしれません。

b0102572_20583684.jpg

「ウン・サン」。1973年生まれ。彼女の実家が仏教の研究をしている家系だったことから、17歳から寺院で尼僧の修行に入るという特異な経歴を持つ。修行中に授かった法名、それが「Woong San(雄山)」であったという。厳しい修行中のある日、無意識の中で自分が「歌」を口ずさんでいることに気づく。音楽への思いが捨てきれないと分かり、山を下り歌手への道を歩み始めた。

2004年、1stアルバム「Introducing Woong San」(別タイトル「Love Letters」)が、日韓で同時発売され、「韓国最高のJAZZシンガー」という評価をされ、日本国内でもかなり注目を浴びたという。その後、2008年には日本全国ツアーを敢行。日本の人気ミュージシャン、「TOKU」、「小沼ようすけ」らと共に「Blue Note」や「Billboard Live」を始め日本全国において公演を行ない、大成功を収めた。

b0102572_2059273.png

2008年、通算4thとなる「Feel Like Making Love」(韓国盤は「Fall in Love」)を日本メジャー・デビュー・アルバム第一弾としてリリース、2009年5thとなる「Close Your Eyes」をリリース。スイングジャーナル選定【ゴールドディスク】に選ばれる。私がよく聴いていたのはこの時期である。「マイケル・フランクス/Michael Franks」の「Jazzy,Not Jazz」の代表曲である「Vivaldi's Song」からスタンダードである「Love For Sale」まで幅広い選曲と、ウィスパリングからシャウトまで、歌い分けができるその歌唱力に驚いてしまった。

Close Your Eyes [Import]

Close Your Eyes



「Woong San - Vivaldi's Song」

          


「Love For Sale---WoongSan in JAPAN」


          

2011年、6th「Tomorrow」と続き、2013年、2年ぶり、通算7枚目となるアルバム「アイ・ラヴ・ユー/I Love You」を発表した。全13曲中、ジャズのスタンダード・ナンバーは1曲もなく、彼女のオリジナル作品の6曲のほか、「ボブ・ディラン/Bob Dylan」や「サンタナ/Santana」、「レイ・チャールズ/Ray Charles」、更にはオペラまでもといった彩り豊かな構成。「“ジャズではないところでジャズを探す”というのもテーマのひとつだった」という彼女の言葉。

7th Album / I Love You (1CD)

Woongsan



「サンタナ」のヒット曲「Smooth」、「レイ・チャールズ」の「Unchain My Heart」。アレンジの妙もあるが、ラテン系、ソウル系の曲が似合ってるのかも知れない。

「Smooth - Woong San」

          

「Woong San - Unchain My Heart」

          

最新作8thアルバム、「Temptation」(2015)にもジャズのスタンダード・ナンバーが1曲も入っていないようであるが、どんなJAZZYな歌を披露してくれるのか、ちょっとYOUTUBEで聴いてみたが期待できそう。

Temptation 〜誘惑〜

ウンサン / ポニーキャニオン



「トム・ウェイツ/Tom Waits」の「Temptation」を ・・・。「ダイアナ・クラール/Diana Krall」も歌っていましたね。

「WOONGSAN - Temptation」

          
 
[PR]
by knakano0311 | 2016-07-07 14:45 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

続・あれから50年

b0102572_152516.jpg


団地の公園や遊びの山で、この時期よく見かけるのが、「ネムノキ(合歓木)」。「マメ科ネムノキ亜科」の落葉高木。和名の「ネム、ネブ」は、夜になると。眠りにつくことを想起させる葉が閉じることに由来する。漢字名の「合歓木」は、中国において。「ネムノキ」が夫婦円満の象徴とされていることから付けられたものである。(Wikipediaより)

Wikipedia を調べついでにこの年の出来事を見てみると、その後の日本にとって、「黄金のまどろみ」ともいえる時期であった高度成長期~バブル期の社会の状況を先駆けするような出来事が目についた。あれから50年 ・・・ 。

2月4日 - 全日空機が東京湾に墜落。(全日空羽田沖墜落事故)
3月31日 - 日本の総人口一億人突破。
4月1日 - 日本でメートル法完全施行。尺貫法などの公的な使用が禁止される。
10月1日 - トヨタ自動車が「カローラ」を発表(11月5日に発売)。
10月28日 - 「週刊プレイボーイ」(集英社)創刊。
12月31日 - この日までに核実験を成功させた国のみ、核拡散防止条約に定める「核兵器国」と
         認められ核武装の権利を与えられる。

b0102572_1045381.jpg

さて、あれから50年、ビートルズ・カバー特集。まずは、米国出身スウェーデン在住の作曲家でピアニスト、「スティーブ・ドブロゴス/Steve Dobrogosz」。アルバムは、「ゴールデン・スランバー/Golden Slumbers ~Plays Lennon/Mccartney」(2009)。

北欧出身ではなく、1956年、アメリカ・ペンシルヴァニア州に生まれ。6歳からピアノを始め、ボストンの「バークリー音楽院」で学ぶ。22歳の時、スウェーデンに移住、「ストックホルム王立音楽アカデミー」に入学。その後はずっとスウェーデンで活動し、「ラドカ・トネフ/Radka Toneff」など、北欧の人気女性ボーカルとのデュオ・アルバムを多くリリースしている。多くのジャズ・ピアニストとは違って、1990年代に入り、逆にクラシック畑にシフト。1992年に発表した「ミサ」(合唱、ピアノ、弦楽のための)が大きな支持を受け、30ヶ国以上で演奏されるという。生涯の作品数はすでに800曲を超えているらしく、日本も含め、世界中の合唱団が、こぞって彼の曲を演奏しているという異色の音楽家。

「レノン&マッカートニー」のナンバーをカバーしたアルバムは世に山ほどあるが、ピアノ・ソロで綴ったこの「ゴールデン・スランバー/Golden Slumbers (黄金のまどろみ)」は、彼の美しいタッチ、北欧の透明感、豊かなハーモニーが十分伝わってくる。「Goodnight / グッドナイト」に始まり、「I Will / アイ・ウィル」で終わるこのアルバムは、まさにタイトルのように、ドブロゴスの世界にと心地よいまどろみを誘う。録音はECMでおなじみのオスロのレインボー・スタジオ。

ゴールデン・スランバー(BOM23001)

スティーヴ・ドブロゴス / ボンバ・レコード



以前は何曲かYOUTUBEにアップされていましたが、残念にも削除されたようです。興味ある方は、さわりが 「iTunes preview」 で聞けますので、試聴してみてください。

b0102572_10213974.jpg

さて、女性ジャズシンガーのビートルズ・カバーとくれば、この人のアルバムをあげないわけにはいかない。「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」の「Let It Be... Jazz」。1962年生まれ、生まれ故郷のミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動をしているようです。この人器用な歌手で、スタンダード、ラテン、ボッサから「ビートルズ」までなんでも上手にこなす。けっして軽んじているわけではありません。数ある「ビートルズ」カバーものの中でも、私のお気に入りの一枚。

Let It Be Jazz-Connie Evingson Sings the Beatles

Connie Evingson / CD Baby



フル・アルバムがアップされていました。「When I'm 64」の1時間9分くらいまでが「Let It Be... Jazz」、あとはおまけ。

「Connie Evingson - Let It Be Jazz ( Sings The Beatles ) 」

          



 
[PR]
by knakano0311 | 2016-06-30 14:58 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

あれから50年 ・・・

b0102572_2129397.jpg

「あれから50年 ・・・」。「綾小路きみまろ」ではありません。「ビートルズ/The Beatles」です。しかし彼の毒舌ユーモアがグサグサと心に突き刺さる年になったことには違いありません。

「あれから50年 ・・・」。初来日が、1966年6月29日。翌6月30日から7月2日にかけて、東京・日本武道館において、全5公演、「ビートルズ」の日本公演が行われました。

当時、私は大学2年生。エレキ・バンドを結成したばかりだったが、たしか下宿だったと思うが、白黒TVで見た記憶があります。もちろんビートルズの曲も何曲かレパートリーに加えて演奏していました。

「あれから50年 ・・・」。TVでいろんな特集番組が組まれていますが、何もかも若かくて、甘酸っぱくて、そして懐かしい。

b0102572_14591622.jpg

さて、その「ビートルズ」のカバー特集。イタリアのロック爺い、「ルディ・ロッタ/Rudy Rotta」の全曲「ビートルズ」のブルース・カバー・アルバム、「The Beatles in Blues」(2001)に続いて取り上げるのは、「リタ・リー/Rita Lee」。ブラジル・ロック界の女王といわれていた、「ムタンチス/Os Mutantes」のリード・ヴォーカル。ビートルズ・ナンバーをボッサ・アレンジしたアルバム、「ボッサン・ビートルズ/Bossa 'n Beatles」は、ビートルズ・カバーの楽しさを教えてくれた一枚。

Bossa N Beatles

Rita Lee / Random Music


ボッサン・ビートルズ

リタ・リー/ワードレコーズ



フル・アルバムがアップされています。暑気払いには持って来いかも ・・・。

「Rita Lee - Bossa'n Beatles」

          

お次は、イケメンのジャズ・ギタリスト兼ボーカリスト、「ジョン・ピザレリ/John Pizzarelli」のアルバム、「John Pizzarelli Meets The Beatles」。これも、どちらかといえば、私とは距離があった感のある「ビートルズ」を、そのスウィング感とノリで、ぐっと近づけてくれたアルバム。

John Pizzarelli Meets The Beatles

John PizzarelliSMG



これも嬉しいことに、フル・アルバムがアップされてました。

「John Pizzarelli - John Pizzarelli Meets The Beatles」

          

 


 
[PR]
by knakano0311 | 2016-06-29 09:33 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

グラミー賞って、アメリカではきっとすごい賞なんでしょうね

b0102572_1835690.jpg


「小澤征爾」さんが受賞したというニュースが話題となっている「グラミー賞」。日本人の受賞者は10人目だとか。JAZZ部門では、数年前に「上原ひろみ」が受賞したことも ・・・。その第58回グラミー賞(2015年度)の発表が2月15日に行われた。ノミネートされるのは、2014年10月1日から2015年9月30日までに全米でリリースされた作品で、全83部門だとか。たくさんありすぎてピンとこない感もあるが、JAZZ関連部門だけでもとチェックしてみました。あまりアメリカン・ジャズやPOPSを聴かなくなった私にとっては、ノミネートされた人も受賞した人もそれほど馴染みがない。主要4賞なども全く知らない名前なので、「コンテンポラリーな私」とは到底言えませんが ・・・。これだけの大騒ぎ。日本人にはなかなか実感できませんが、アメリカではきっと権威のあるすごい賞なんでしょうね。まっ、参考までに。

【31. Best Improvised Jazz Solo】部門
Winner;Christian McBride/Cherokee

Nominees;Joey Alexander/Giant Steps
         Christian McBride/Cherokee
         Donny McCaslin/Arbiters of Evolution
         Joshua Redman/Friend or Foe
         John Scofield/Past Present

【32. Best Jazz Vocal Album】部門
Winner;Cécile McLorin Salvant/For One To Love

Nominees;Karrin Allyson/Many a New Day: Karrin Allyson Sings Rodgers
                     & Hammerstein
         Denise Donatelli/Find a Heart
         Lorraine Feather/Flirting With Disaster
         Jamison Ross/Jamison
         Cécile McLorin Salvant/For One to Love

【33. Best Jazz Instrumental Album】部門
Winner;John Scofield/Past Present

Nominees;Joey Alexander/My Favorite Things
         Terence Blanchard feat. The E-Collective/Breathless
         Robert Glasper & The Robert Glasper Trio/
                      Covered: Recorded Live at Capitol Studios
         Jimmy Greene/Beautiful Life
         John Scofield/Past Present

【34. Best Large Jazz Ensemble Album】部門
Winner;Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields

Nominees;Gil Evans Project/Lines of Color
         Marshall Gilkes & WDR Big Band/Köln
         Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra/
              Cuba: The Conversation Continues
         Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields
         Patrick Williams/Home Suite Home

【35. Best Latin Jazz Album】部門
Winner;Eliane Elias/Made In Brazil
Nominees; Eliane Elias, Made in Brazil
         The Rodriguez Brothers/Impromptu
         Gonzalo Rubalcaba/Suite Caminos
         Wayne Wallace Latin Jazz Quintet/Intercambio
         Miguel Zenón/Identities Are Changeable

受賞、ノミネートされた中で私が知っているアーティスト、或いは聴いたアルバムの中からいくつかを ・・・。

Past Present

John Scofield / Impulse Records




「John Scofield - Get Proud」


          

Find a Heart

Denise Donatelli / Savant



「Denise Donatelli - Find a Heart」

          

Made in Brasil

Eliane Elias / Concord Records



「Eliane Elias - Brasil (Aquarela do Brasil)」

          
[PR]
by knakano0311 | 2016-02-21 23:32 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

夜更けに哀愁の男唄を聴く

b0102572_14524154.jpg


11月になると咲くご近所の花。孤高の花、「皇帝ダリア」である。別名、「木立ダリア」とも呼ばれるが、木ではなく草である。成長すると3~4mにもなり、直径約20センチメートルの ピンクの大輪の花が茎の頂上につけ、あたりを睥睨するように、空にそびえて立つことから、「皇帝ダリア」と名付けられたという。草ながら樹にもすこしも負けていないその堂々たる姿に、いつも見惚れてしまう。

b0102572_17365772.jpg

さて、孤高の「皇帝ダリア」に見惚れた今宵は、その「皇帝」にちなんだ哀愁の男唄。ちょっと前にその眼力がただものではない女性シンガー、「シルヴァーナ・デルイージ/Silvana Deluigi」を取り上げた。そこで流れていた、私がご贔屓とするアルゼンチンのフォルクローレの吟遊詩人、「アタウアルパ・ユパンキ/Atahualpa Yupanqui」を聴いて、彼のアルバムを聴きたくなった。(参照拙ブログ「色づき始めた紅葉、そしてちょっと気になる哀愁」

「アタウアルパ・ユパンキ/Atahualpa Yupanqui」。「遠くから来た物語る人」という意味らしいインカ帝国の皇帝の名を、自らなずけたユパンキを知ったのは高校生のときであった。それ以来のご贔屓である。

1908年1月、アルゼンチン、ブエノス・アイレス州の田舎町生まれ。子供の頃家にあった一本のギターにとりこになった彼を、父親はブエノス・アイレスに先生を見つけ、ギターを習わせてくれたという。しかし、父を早くに亡くした彼は独力で歩み始め、農夫、肉体労働者から新聞記者、学校の先生、時にはギタリスト、旅芸人といういろいろな仕事を経験したという。そして、アルゼンチン全土をくまなく放浪した彼の体なかに、各地の人と暮らした生活に根ざすフォルクローレが、音楽地図として蓄えられていった。

b0102572_17441424.jpg

やがて1929年「インディオの小路/Caminito Del Indio」を発表してから、次第にギタリスト兼歌手として頭角を現していくが、広く認められるまでには相当な苦労をしたという。一時期、作品が反政府的と目され、フランスに亡命したこともある。南アメリカの音楽を代表する最高の巨匠と讃えられ、「歩く大地」と呼ばれたが、1992年5月、84歳でこの世を去った。

牛車、月、こうろぎ、雨、種蒔き、子守唄、風、祈り、夜、光、雪、太陽・・・・・。広大な草原に生きるインディオの生活、祈り、愛、心の内面をギターにのせて弾き語る。スペインの文化、音楽がやがて、スペインに侵略され、殺された、この地のインディオたちに同化し、独自の文化に育てられていったインディオの音楽「フォルクローレ」が、哀愁のギターの調べに乗せて語られる。この一枚のCDに凝縮された哀愁。アルゼンチンの草原に吹きわたる風や、牛を追うインディオの姿が脳裏に鮮やかに浮かぶ、インディオの魂が聴こえる。(拙ブログ「男唄に男が惚れて(2)  ~アタウアルパ・ユパンキ インディオの魂を聴く ~」 より再録)

ベスト・ナウ

アクワルパ・ユパンキ / EMIミュージック・ジャパン



代表曲のひとつ、「私は光になりたい/Quiero Ser Luz」。若くして世を去った音楽家の遺作のサンバをユパンキが世に出したという。

「 ♪ 午後の半ばを過ぎると   私には死がやってくる
      私は影になりたくない   私は光になりたい
        そして、そのままとどまりたい  ・・・・・・・・ ♪」

           (「私は光になりたい」 ダニエル・レゲーラ作詞作曲 訳者不詳)

「Atahualpa Yupanqui - Quiero Ser Luz(私は光になりたい)」

          

もうひとつの代表曲、「牛車に揺られて/Los ejes de mi carreta」。

「♪ 心棒に油をささぬから
     おいらは碌でなしだとさ
        音の立つのが好きなのに
           どうして油をさすものか
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   静かさなんぞほしくはない
     思うこととてないものを ・・・
        あるにゃあったが今はもう
           古い昔の思いぐさ

   おいらの牛車の心棒よ ・・・
      けっして油はさすものか   ♪」  (濱田滋郎 訳)

「Atahualpa Yupanqui - Los ejes de mi carreta(牛車に揺られて)」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-11-13 09:34 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

お父さんの腕は逞しい

b0102572_16382334.jpg


父の日は、いつも山の仲間たちで主催するイベントの日である。毎月第3日曜日がイベントの日と決めてあるからである。今日のメニューは、木工と手作りピザ。朝のうちは雨模様であったが、9時ころには、すっかり上がり夏を思わす日差し。たくさんの家族連れが来てくれた。木工にせよ、ピザの生地づくろにせよ、頼りになるのはお父さん。はやり、お父さんの腕は逞しい。父の日、日曜日 ・・・、夕食には刺身が出た!

b0102572_23471299.jpg

さて、逞しいかどうかは本当のところはわかりませんが、イメージからすればそれらしい男性シンガーがいる。身長2mを超える大男で、世界的に男性JAZZボーカル不作と言われる中で、ただ一人その声の色気で気を吐いている「マリオ・ビオンディ/Mario Biondi」、私は勝手に「イタリアの海坊主」と呼んでいますが ・・・。

「マリオ・ビオンディ」。1971年、シチリア島に生まれの44歳。ソウル・ミュージックを愛するシンガーだった父の導きで、12歳から教会で歌い始め、ソウル・ミュージックを愛し、特に「ルー・ロウズ/Lou Rawls」、「アル・ジャロウ/Al Jarreau」、「アイザック・ヘイズ/Isaac Hayes」などから影響を強く受け、17歳の時には「レイ・チャールズ/Ray Charles」のイタリア公演の前座を任されるまでになったという。2006年、若手トランペッター、「ファブリッツィオ・ボッソ/Fabrizio Bosso」率いる人気ジャズ・コンボ「ザ・ハイ・ファイヴ・クインテット/High Five Quintet」をバックに、「Handful Of Soul」でデビュー。そして2ndリリースの「If」(2009)は、ヨーロッパで20万枚を売上げ、一般音楽ファンにまでその人気が浸透したという。

2011年3月から4月にかけ、アシッド・ジャズ・コンボ、「インコグニート/Incognito」のゲスト・ボーカルとして日本ツアーが予定されていたが、大震災発生。公演直前、彼だけがキャンセルして来日しなかったという。意外と見掛け倒しのビビリかもしれない。

ハンドフル・オブ・ソウル

マリオ・ビオンディ&ザ・ハイ・ファイヴ・クインテット / キングレコード



「mario biondi - this is what you are」

          

「Mario Biondi - Rio De Janeiro Blue」

          

If

Mario Biondi / Halidon



「Mario Biondi - Everlasting Harmony / "If"」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-06-22 09:44 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

父の日のプレゼントは、Something Cool

b0102572_2341460.jpg
b0102572_15534087.jpg

「父の日」とやら ・・・。1日前の20日に、次男夫婦が孫娘を連れ、プレゼントを持ってやってきた。孫娘から「じいじ、ありがとう」と言われて、手渡されれば、自然に顔もほころびる。プレゼントは濃紺のポロシャツ。父の日に、Something Cool ・・・。早速手を通そう。写真は咲き始めた「ムラサキシキブ(紫式部)」。ひょっとするとコムラサキ(小紫)」かも ・・・。

そんな少し嬉しい夜。大人の雰囲気を色濃く持つ女性シンガーが聴きたくなって、風呂井戸さんからご紹介いただいた「ルース・キャメロン/Ruth Cameron」を聴く。アルバムは、「ロードハウス/Roadhouse」(2000)。まずジャケットがいい。伏目がちな横顔、赤いルージュ。ささやくようなウィスパー・ボイス。落ち着きと安らぎ。これが彼女名義のファースト・アルバムというから驚く。

b0102572_1555218.jpg

「ルース・キャメロン」。私はすっかり忘れていたのですが、私が最高のベーシストと思っていた「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」の奥さん。音楽一家に育ったが、最初は北米やヨーロッパで活躍する舞台女優であった。「チャーリー・ヘイデン」と結婚してからは、彼のバンド、「クァルテット・ウエスト/Quartet West」のマネジャーとなり、プロデュースもしつつ、彼を支えつ受けてきた。ヘイデンの励ましで、ボーカルを志すようになり、「ジェリ・サザン/Jeri Southern」や「スー・レイニー/Sue Raney」の指導を受けたという。1999年に「First Songs」でデビューしたが、自身のフルネームでのアルバムは、この「Roadhouse」が最初だという。

実は、彼女の歌は、「Sophisticated Ladies」で聴いていたのですが、その名前も、ヘイデンのパートナーだということもすっかり忘れていたところでした。(参照拙ブログ「勝尾寺の紅葉に酔う」

Sophisticated Ladies

Charlie Quartet West Haden / Emarcy / Umgd



こんな素晴らしい歌手を忘れるところでした。いや思い出させてくれてありがとうございます。

Roadhouse

Ruth Cameron / Polygram Records



もちろんベースは、「チャーリーヘイデン」。ピアノは、「ブラッド・メルドー/Brad Mehldau」や「アラン・ブロードベント/Alan Broadbent」と、実力派を起用。

「Ruth Cameron - Something Cool」

          

今日、父の日は、義理と愛であふれる日曜日に ・・・。

「Ruth Cameron - Sunday kind of love」

          

「Ruth Cameron - ALL ABOUT RONNIE」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-06-21 15:55 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)