大屋地爵士のJAZZYな生活

カテゴリ:音楽的生活( 469 )

ディープな秋色へ

b0102572_14483085.jpg
b0102572_1448505.jpg

 ディープな秋色へと色を濃くしてゆく「カキ(柿)」、「ムラサキシキブ(紫式部)」。

今宵は、「ディープ・パープル/Deep Purple」というよく知られたスタンダード曲を ・・・。「ピーター・ドロウズ/Peter De Rose」が1934年に作曲し、1939年に「ミッチェル・パリッシュ/Mitchell Parish」が歌詞をつけてヒットしたという。メロディが美しく、何か懐かしさを感じさせる曲である。

【 Deep Purple 】   
           
「♪ When the deep purple falls   眠たげな庭の垣根の向こうに
  Over sleepy garden walls     深い紫色の夜の帳が落ちて
  And the stars begin to twinkle in the night 星がまたたき始める頃
  In the mist of a memory      思い出の霧の中をさまよいながら
  You wander all back to me      やっと君が僕のもとに帰ってきた
  Breathing my name with a sigh    僕の名前を囁きながら

  In the still of the night        この夜のしじまの中で
  Once again I hold you tight      再び君をしっかり抱きしめる
  Tho' you're gone             君が去ったとしても
    your love lives on when light beams  君の愛は月の光の中で生き続けるんだ
  And as long as my heart will beat    僕のハートが鼓動を続ける限り
  Sweet lover, we'll always meet     いとしい人よ 僕たちはずっと会い続けるんだ
  Here in my deep purple dreams     この深い紫色の僕の夢の中で

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

b0102572_1534082.jpg

 歌手にとっては致命的ともいえる声帯の手術をし、再生復活した女性ボーカルがいる。ご贔屓のひとり、「イーデン・アトウッド/Eden Atwood」である。1969年1月、テネシー州メンフィス生まれ。父は「ハリー・ジェイムス/Harry James」、「スタン・ケントン/Stan Kenton」などの一流バンドに作・編曲を提供する音楽家だった。彼の影響で幼少の頃からクラシック・ピアノ、高校時代にはクラシック、ジャズ両分野のヴォーカル・トレーニングを積んでいる。アメリカ音楽院在学中からシカゴでジャズを歌っていたが、卒業後は女優、モデルとして全米、ヨーロッパで活躍。自主制作したアルバムが認められプロ歌手デビュー。私は、「Waves: Bossa Nova Session」(2002)、「This Is Always: Ballad Session」(2004)の2枚ですっかりファンになってしまったのである。(参照拙ブログ「Jazzyな「艶女~アデージョ」 その2」)

 そんな彼女のアルバム、「This Is Always: Ballad Session」から。

This Is Always: Ballad Session

Eden Atwood Groove Note



「Deep Purple - Eden Atwood」

          

 二人目は、「ほっこりおばさん」こと、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」。ウクレレをフューチャーしたアルバム、「マナクーラの月/The Moon Of Manakoora」(2012)から。「マナクーラ」とは1937年製作の「ジョン・フォード/John Ford」監督のアメリカの海洋スペクタクル映画、「ハリケーン/The Hurricane」の舞台となった南太平洋の架空の島の名前で、「マナクーラの月」は、その主題歌だという。

マナクーラの月

ジャネット・サイデル / MUZAK



「Deep Purple - Janet Seidel」
   
          
   


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-10-16 09:17 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

Happy Birthday

b0102572_7152212.jpg

 妻の誕生日ということで、次男一家がプレゼントを持ってやってきた。孫の小学校初めての運動会のビデオと既に写真館で撮り終えた「七五三」の写真も持って。妻の6?回目の誕生日。ごく普通の人生の一コマ。今更のように感じるのが、あっという間の月日の流れ、孫娘の成長の速さ。

 今日は脇役だった「爺」が贈るのは、「グランドファーザーズ・ワルツ/Grandfather's Waltz」。ノルウェイのジャズ・ピアニスト、「ヘルゲ・リエン/Helge Lien」のアルバム、「To The Little Radio」から。

トゥー・ザ・リトル・ラジオ

ヘルゲ・リエン・トリオ / ディスク・ユニオン



「Helge Lien Trio - Grandfathers Waltz」

          

 この曲は、アルバム、「スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス/Stan Getz & Bill Evans」(1964)、「スタン・ゲッツ&/ジョアン・ジルベルト Vol. 2/Getz/Gilberto Vol. 2」(1964)などに収録されていることで知られている。その肩のこらない2つの演奏を ・・・。

b0102572_10274986.jpg

Stan Getz & Bill Evans
ビル・エヴァンス スタン・ゲッツ
Polygram Records




「Stan Getz & Bill Evans - Grandfather 's Waltz」

  
          

b0102572_10313344.jpg
 
Getz/Gilberto 2 CD, Import, Live
スタン・ゲッツ & ジョアン・ジルベルト
Polygram Records



「Stan Getz - Grandfather's Waltz」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-10-09 11:22 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

どこまでも青い秋の空

b0102572_2185857.jpg

 どこまでも青い秋の空。深まる青。うろこ雲。いや、いい季節になった。こんな宵はピアノ・トリオでしょう。

 「エリック・リード/Eric Reed」のアルバムに、「ブルー/Blue」の言葉にちなんだ曲ばかり11曲を集めた「ブルー・モンク/Blue Monk」(2006)がある。表題曲を始めとして、「AM I BLUE?」、「BLUE DANIEL」、「BLUE ROSE」、「BORN TO BE BLUE」 ・・・と続く。その中から何曲か。

 日本のレコード会社、「M&I」の企画もので、プロデューサーは、昨年惜しくも亡くなってしまった「木全信(きまた・まこと)」。パーソネルは、「Eric Reed (piano)」、「 Ron Carter (bass)」、「 Carl Allen (drums)」。深まる秋の宵に ・・・。

b0102572_21532121.jpg
   
ブルー・モンク
エリック・リード・トリオ
M&I




「Eric Reed Trio ー Blue and Green」


          

「Eric Reed Trio - Blue Daniel」

          

「Eric Reed Trio - Blue Rose」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-10-04 21:49 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

秋の陽がつくる鮮やかなコントラスト

b0102572_17152626.jpg

 秋が深まり、陽が南に傾いてきたため、景色の見え方や色の感じ方が変わってきたのを実感している。「シュウメイギク(秋明菊)」の織り成す「光と影」。夏には感じなかった光と影がつくる秋の光景。

b0102572_17155537.jpg

 鮮やかな「ザクロ(柘榴)」。空気の加減か、太陽の光線の加減か、同じ赤でも、「ノウゼンカズラ(凌霄花)」などの「夏の赤」より一層深みのある赤に見える気がする。

b0102572_111897.jpg

 「EGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)」という奇妙な名前のユニットがある。「森雅樹」、「中納(なかの)良恵」の二人によって構成される大阪出身のJAZZ色の濃いバンドである。その名を全国区で知られるようになったのが、2000年にリリースしたアルバム「色彩のブルース」である。この曲、「ディック・ミネ」や「フランク永井」など、どこか懐かしい昭和のジャズ風歌謡曲にも通ずる雰囲気を持った「今様ジャズ歌謡」。

【 色彩のブルース 】  作詞;中納良恵 作曲;中納良恵/森雅樹

「♪ 昨日の夢 オレンジ色の翳り
   今日の夢 沈黙の気配示す
   アルコールの川をゆっくり渡る
   長ぐつのリズム 心で酔いましょう

   鉛の指から流れるメロディー
   激しく染める光の渦
   あかりの色が奏でるブルース
   やさしく泣いてる吐息に 甘えさせて…

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

色彩のブルース

EGO-WRAPPIN’ / インポート・ミュージック・サービス


   

「EGO-WRAPPIN' ー 色彩のブルース」

  
          

b0102572_1114487.jpg 
 
 同じようなデュオ編成のユニットがこの歌をカバーしている。「Winterplay/ウインタープレイ」。かって韓国JAZZチャート第一位にランキングされたこともある人気ジャージー・ポップ・ユニットで、「ソングス・オブ・カラード・ラヴ/Songs Of Colored Love」(2009)は、日本デビュー・アルバムである。透明感に溢れる美声を持つ歌姫、「ヘウォン/Hye-won」と、「色彩のブルース」の英詩も担当し、プロデュースとソング・ライティングも手掛けるトランぺッター、「ジュハン・リー/Juhan Lee」によるデュオ・ユニット。米国西海岸発を思わせるようなクールなサウンド。

ソングス・オブ・カラード・ラヴ

WINTERPLAY / ユニバーサル ミュージック クラシック


  

「WINTERPLAY ー SONGS OF COLORED LOVE~色彩のブルース~」

  
          
  
 そして番外編は「中森明菜」。私は歌謡曲のファンではないのですが、彼女のいくつかのアルバムには「う~ん」とうなってしまう。私生活では時折スキャンダラスな話題がつたえられたが、本当に歌はうまい。カバー・シリーズの「歌姫Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」のなかでは、Ⅱの「ZERO album~歌姫II」が一番Jazzy。スキンヘッドのジャッケトでも大きな話題になったが、中身もなかなかなもの。「色彩のブルース」のスイング感もすごい。

ZERO album~歌姫II/
中森明菜 千住明 永六輔 康珍化 庄野真代 荒木とよひさ 竹内まりや / ユニバーサル・シグマ



「色彩のブルース ー 中森明菜」
  
          
[PR]
by knakano0311 | 2017-10-03 13:05 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

電脳鉄馬を走らせJAZZを聴く

b0102572_133524.jpg
 新しい車に乗り始めて1ヶ月半。極めて快調に走っている。私の場合、車に欠かせないのが、オーディオ・システム。そう大きなこだわりはないのだが、運転している間は、ずっとお気に入りの曲を流しているので、やはりいい音で聴きたい。その点、前の車より結構いい音がすると思うのは気のせいか。

 USBポートが2つ付いているので、これを使わない手はないと、せっせとUSBメモリーに入力を始めた。以前、出張時には、満杯になるまで入力したi-PODを使っていたので、そのデータはUSBに簡単に転送できるはずだが、形式の違いもあるようでうまくいかない。それ以後に増えたアルバムもかなりあるので、結局最初から入力するはめに。とはいえ、車で聞くのである。あまり運転のさわりになるようなアルバムは外し、女性ボーカル、ピアノ・トリオ、J-POPSなどBGMとして聴きたくなる数百のアルバムが入力できた。これで快適なドライブ、JAZZYなドライブを楽しめる準備は万端整う。

 入力していて気がついたことであるが、CDのデータにミスが結構多いこと。データとしては、アルバム名、アルバム・ジャケット写真、曲タイトル、演奏者、ジャンル、製作年などが入っているが、ジャケット写真がない、誤字・脱字はあたり前、曲順やタイトルがでたらめだったり、ひどいものになると、CD中身とデータがまったく別物というものさえある。すべて自分でデータを修正し直した。メディア・フリーで音楽を楽しむための音楽(データそのもの)配信では、私の体験した限りでは、こんなことはなかったように思う。デジタル時代、音質のはるかにいいデジタル配信が主流になりつつある今、CDのデータがこんな有様では、CD衰退の流れを止めることができないのも仕方ないことであろうか。

 さて、写真のディスプレイに表示されているのは、「アン・バートン/Ann Burton」のアルバム、「バラード・アンド・バートン/Burton & ballads」(1968)のデータ。これもジャケット写真が実際とは違っている。

 それはさておき、「ルイス・ヴァン・ダイク・トリオ/The Louis Van Dyke Trio」の絶妙なサポートを得たバートンの歌唱を何曲か楽しみましょう。

バラード・アンド・バートン

アン・バートン / SMJ



「Ann Burton ー Lovely way to spend an evening」


          

「Ann Burton - Here's That Rainy Day」

          

「Someone to Watch Over Me ー Ann Burton」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-29 09:13 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

野菜VS花戦争敗戦後は・・・

b0102572_1639826.jpg
b0102572_1063644.jpg

 我が家の「野菜VS花戦争」。妻が「野菜」軍、私が「花」軍であったが、勝敗の結果は野菜軍の圧勝に終わったことは、少し前のブログに書いた。(参照拙ブログ 「無条件降伏ではちょっと癪なので ・・・ 」 など) 相手の圧倒的勝利となれば、敗戦側はそれなりの代償を払わされるのが常。小さな畑にするための土留づくりを頼まれる。家にあった廃材と山の間伐材とで囲って土留を作り、土を入れる。完成すると、妻は早速に、肥料やら野菜の種、苗、防虫ネット、追加の土などを買いに走る。もちろん、私は運転手と荷物運び。これでもはやはっきりと、ここは妻の「野菜畑=サンクチュアリー」となったのである。

b0102572_11454215.jpg
 初秋の秋の宵にぴったりの曲は、「トライ・ア・リトル・テンダネス/Try a little tenderness」。我が永遠のミューズ、「アン・バートン/Ann Burton」の歌唱。

 この曲は数多くの歌手がカバーしてきた有名な曲だが、「オーティス・レディング/Otis Redding」の曲と思われていることが多いようだ。だが、実際の原曲は1932年に「レイ・ノーブル楽団/the Ray Noble Orchestra」により発表されたもので、レディングがこの曲をソウルにアレンジし、1968年に発表し有名になったという。

 アルバムは、「バラード・アンド・バートン/Burton & ballads」(1968)。「アン・バートン」の歌唱は、レディングとは全く違い、抑揚を抑えたしっとりとした雰囲気の中にも秘めた思いを強く感じる抜群の歌唱となっている。「ルイス・ヴァン・ダイク/」のピアノも最高のサポート。リリースは1968年。レディングでヒットした年と同じ年のリリースである。録音当時のヒット・ナンバーのこの歌をいち早く取り上げた彼女のセンスと先見性も感じる。

【 Try a little tenderness 】
                by Reg Connelly, Jimmy Campbell, Harry M. Woods

「♪ She may be weary       彼女 ちょっと疲れているかも
  Women do get weary       女性っていつも同じ粗末な服を着ると
  Wearing the same shabby dress   疲れてしまう生き物
  And when she's weary       だから彼女が疲れているように見えたら
  Try a little tenderness       ほんの少しでいいから 優しくしてあげて

  She may be waiting        彼女はずっと待っている
  Just anticipating           決して手には入らないものを
  The things she may never Possess   期待して
  And while she's without them     手に入らないうちは
  Try a little tenderness        ほんの少しでいいから 優しくしてあげて

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

バラード・アンド・バートン

アン・バートン / SMJ



「Ann Burton ー try a little tenderness」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-26 16:19 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

ふぞろいの果実たち

b0102572_21192377.jpg
b0102572_1647557.jpg

 玄関先の鉢に植えてある「カマツカ(鎌柄)」に真赤な実がついている。そして、「イチジク(無花果)」にも。「イチジク」はわが町、川西市の特産品でもあるので、今年の夏に鉢を買い求めたもの。この時期が旬で、店頭で売られているものより、不揃いで、相当小ぶりではあるが、このところ続けて食卓にあがっている。

b0102572_21194869.jpg

 こちらはご近所の庭先。食用にはあまり適さないが、その不揃いさがかえってユーモラスな、「カリン(花梨、榠樝)」。

b0102572_13272294.jpg

 今から30年ぐらい前であろうか、「ふぞろいの林檎たち」という人気のTVドラマがあり、その主題歌が、あの「いとしのエリー」であった。その「いとしのエリー」をジャズ・アレンジで最初にカバーしたのは誰であろうか。私の知っている限り、「金子晴美」ではないかと思う。全編「サザン・オールスターズ」のジャズ・カバー・アルバム、「スペシャル・メニュー/Special Menu」(1983)(後に「いとしのエリー」のタイトルで再発された)のタイトルでリリースされたアルバムに、「My Love So Sweet」というタイトルで収録されている。これほど桑田の曲がJAZZにアレンジするとすばらしいとはと驚いた記憶がある。その後、「レイ・チャールス/Ray Charles」が、「Ellie My Love」というタイトルでとりあげ、ヒットするのはずっと後のことである。

いとしのエリー
金子晴美 / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005FEJT

 ライブから、「My Love So Sweet(いとしのエリー)」を。「What a wonderful world」、「Cute」を続けて ・・・。

「金子晴美 - いとしのエリー/My Love So Sweet」

          

 そして、もうひとりは、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」。アルバム、「Heart First」(2011)で「Ellie My Love」を取り上げてる。

 ハスキーでありながら、漂う透明感、独特のファルセットにこめられた情感、セクシーで、美人で歌がうまく、ハスキー。そのうえ彼女の独自の世界の心地のよさ。爺い御用達の条件に全て合格。花丸印をあげてもいいくらいでしょう。

ハート・ファースト

ヘイリー・ロレン / ビクターエンタテインメント



「Halie Loren - Ellie, My Love」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-23 13:36 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

秋に鳴く虫 冬支度をする虫

b0102572_9501412.jpg

 夕刻、「スズムシ(鈴虫)」か「マツムシ(松虫)」だろう、一段と大きく虫の音が聞こえる。例年より鳴く虫の数が多いと感じるのは、妻が今年領域を大幅に広げた家庭菜園と無関係ではないだろう。ビールを飲みながら、虫の音に耳を傾ける。秋の風情 ・・・。

 写真は、「ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)」か、単独行動だが、「オンブバッタ(負飛蝗)」のオスか。例年通りいつもの秋のお客さんが姿を見せてくれた。

b0102572_9502961.jpg

 ウォーキングの途中、「ギョッ」と声がして、妻が後ずさりをする。目の前に桜の枝から「ミノムシ(蓑虫)」だろうか、よく似た虫がぶら下がり、風に大きく揺れている。こちらはもう冬支度だろうか?

b0102572_20483584.jpg

 今宵の歌姫は、「スーザン・トボックマン/Susan Tobocman」。パソコンを整理していたら気がついた。たしか当時、配信からしか入手の手立てがなく、ダウンロードしたアルバムだが、パソコンのファイルの中に埋もれていた。たしか、「寺島靖国」氏も「うますぎる」と絶賛の歌手だった。「Live In Detroit With The Cliff Monear Trio」(2012)から。


b0102572_23171152.jpg

Live In Detroit With The Cliff Monear Trio
Susan Tobocman /MP3 ダウンロード



  
 「クリフ・モネア・トリオ/The Cliff Monear Trio」をバックに迎えたデトロイトでのライブ・アルバムから。前回も紹介した「Wild Is The Wind」がお気に入りだが、アップされていないので、「I Never Meant To Dream Of You」を ・・・。 

「I Never Meant To Dream Of You ー Susan Tobocman」

          

 「クリフ・モネア・トリオ」とのライブの映像がいくつかアップされています。その中から、これもご存知、「Sting」の「フラジャイル/Fragile」を ・・・。

「The Fragile - Susan Tobocman」

          

  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-21 16:52 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

台風のような ・・・

b0102572_2250413.jpg

 雨戸を閉め、ベランダや家の周辺のものが飛ばされないよう、一応は準備をした。夜8時ころから相当に雨風が激しくなってきた。そして、10時ころ、台風18号は明石付近に上陸したと報じている。大河ドラマを観たあとは特にすることもないので、あたらしい電脳鉄馬には、USBのポートがつている。すなわちUSBメモリーに曲を入れておけば、車の中で聴けるのである。それを利用しない手はないと、台風そっちのけでお気に入りのCDをUSBに溜め込んでいた。大型台風の直撃コースにあたっていたが、ほとんど何もなく過ぎ去っていった。台風一過、新しきメディアでJAZZを聴きながらドライブをしようか。

b0102572_012663.jpg

 今宵の曲、ちょっと台風らしく、ご贔屓のR&Bシンガー、「ランディ・クロフォード/Randy Crawford」の歌う「Wild Is The Wind」。アルバムは、「Play Mode」(2000)

 「ランディ・クロフォード」。1952年ジョージア州生まれ。彼女を一躍有名にしたのは、1970年代に人気のジャズ・グループであった、「ザ・クルセイダーズ/The Crusaders」とともに、「Street Life」(1979)を大ヒットさせたことである。そして、「クルセイダーズ」のメンバー、今は亡き「ジョー・サンプル/Joe Sample」とのコラボ・アルバム、「Feeling Good」(2007)は私の愛聴盤となっている。

 「Wild Is The Wind」は、「ディミトリー・ティオムキン/Dimitri Tiomkin」と「ネッド・ワシントン/Ned Washington」によって書かれ、1957年の映画、「Wild Is The Wind(邦題:野生の息吹き)」の主題歌として、「ジョニー・マティス/Johnny Mathis」によって歌われたという。その後、「ニーナ・シモン/Nina Simone」、「デヴィッド・ボウイ/David Bowie」など多くの歌手によってカバーされている。

【 Wild Is the Wind 】  by Dimitri Tiomkin and Ned Washington

「♪ Love me, love me, love me, love me, 愛してくれ、愛してくれ
    say you do             愛していると言ってくれ
  Let me fly away with you        君とともにここから飛び立たせてくれ
  For my love is like the wind,       私の愛はあの風のよう
  and wild is the wind           荒々しく吹きすさぶ風のよう
  Wild is the wind             荒々しく吹きすさぶ風ようだから

  Give me more than one caress     もうちょっと僕の方を向いて
    satisfy this hungriness        この渇きを満たしてくれ
  Let the wind blow through your heart   風に僕の心を乗せて君の心まで届けよう
  Oh wild is the wind, wild is the wind   荒々しく吹きすさぶ風に乗せて

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_2316597.jpg
Play Mode/Randy Crawford
Wea International



台風のような恋心を歌った「Wild Is The Wind」。
  
「Randy Crawford - Wild Is The Wind」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-18 07:25 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

初秋の夕暮れに

b0102572_23272722.jpg

 夕日を浴びて、「コスモス(秋桜)」が、三輪輝いている。初秋の夕暮れの小さな庭先。平和なこんな時間が続くといい。

b0102572_9571954.jpg
 透明感、哀愁、儚さ、ロマンティシズムといった北欧らしさに溢れた美しいピアノが好きで、2ndアルバム「NORR」(2008)から付き合いを続けているのは、スウェーデンの若手ピアノ・トリオ、「ティングヴァル・トリオ/The Tingvall Trio」。ドイツ、ハンブルグを拠点に活動しているが、トリオを結成して10年以上のキャリアとなるという。

 リーダーの「マーティン・ティングヴァル/Martin Tingvall」はスウェーデン出身、ベースの「オマール・ロドリゲズ・カルヴォ/Omar Rodriguez Calvo」はキューバ出身、ドラムの「ユルゲン・シュピーゲル/Jürgen Spiegel」はドイツ生まれという国際的トリオ。普通ジャズを聴かない人たちにも魅力を感じさせることができるオリジナルな音楽を創りだし、これまで三十ヶ国以上でライヴを行い、高い評価を得ているという。そんなトリオが、今年、2017 年9 月4 日(月)、初来日し、「新宿 Pit Inn」で一夜限りの公演を行った。

 最新作は、 7 枚目になるアルバム 、「Cirklar」(2017)。そのアルバムから何曲か。

CIRKLAR

TINGVALL TRIO / SKIP



「TINGVALL TRIO - BUMERANG」

          

「Tingvall Trio - Bland Molnen」

          

「Tingvall Trio - Cirklar」

          

「Tingvall Trio - Elis Avis」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-10 10:02 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)