大屋地爵士のJAZZYな生活

<   2017年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

思いつく四文字熟語は「厚顔無恥」

b0102572_1730778.jpg

 遠目に見てもひときわ目立つ花。ひとつだけポツンと咲いている。「タイサンボク(泰山木、大山木)」。その名の通り、大きな花を咲かせるモクレン科の常緑高木。公園樹として植栽されているのはよく見るが、ご近所では庭木は珍しい。

 「藤井聡太」四段の快進撃が素晴らしい。「威風堂々」、「泰然自若」。そんな雰囲気すら感じさせる。そして、卓球や陸上短距離でも10代のアスリートの活躍が目覚しい。夢を叶えて、この「タイサンボク」のようにひときわ目立つ存在を目指してほしい。それに引き換え、この総理、この大臣、この国会議員、この官僚 ・・・。思いつく四文字熟語は、「厚顔無恥」。そんな昨今。

 今宵の歌は、「The Boulevard Of Broken Dreams」。「破れし夢通り」とでも訳しましょうか。「60歳過ぎたら聴きたい歌 (89)~The Boulevard of Broken Dreams~」でも取り上げたことがあります。 きっとこれから遭遇する挫折や敗北にも負けずに輝いてほしいというエールを込めて。

 1934年の映画「ムーラン・ルージュ/Moulin Rouge」のために書かれた「ハリー・ウォーレン/Harry Warren」と「アル・ダービン/Al Dubin」の手になる歌。

 「アメリカン・ドリーム」を夢見た人たちが、大都会の現実の厳しさに直面し、夢半ばで挫折する。その夢が華やかな世界であればあるほど落胆は大きいかもしれない。夢を持ち、夢破れてしまった人々の哀愁を都会的なメロディが鮮やかに映し出す。

【 The Boulevard of Broken Dreams 】  ハリー・ウォーレン作曲、アル・ダービン作詞

「♪ I walk along the street of sorrow,   哀しみの大通りを彷徨う
  The Boulevard of Broken Dreams;   「破れし夢通り」と名付けられた通りを
  Where gigolo and gigolette        そこはジゴロやジゴレットが
  Can take a kiss without regret,     悔やむことなくキスできる場所
  So they forget their broken dreams.  彼らの夢が破れ去ったことを忘れるために

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


b0102572_1711244.jpg
 ふたりの歌姫が歌う「The Boulevard Of Broken Dreams」。最初の歌姫は、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」。1984年、アラスカで生まれ、幼年期にジャズ・シンガーの「エッタ・ジョーンズ/Etta Jones」、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」などを好んで聴き、12歳の頃に「ダイアナ・クラール/Diana Krall」に影響を受けたという。2006年、21歳の時でオリジナル・ソングを纏めたデビュー・アルバム、「Full Circle」を発表。2008年に発表した「They Oughta Write a Song/邦題:青い影」が世界中で大ヒットし、一気にファンが増えた。2015年の最近作、「Butterfly Blue」から。

Butterfly Blue

Halie Loren / Justin Time Records



「Boulevard Of Broken Dreams - Halie Loren」

          

b0102572_17185159.jpg
 二人目は、ウィスパリング・ヴォイス、韓国ナンバー・ワン・ジャズ・ヴォーカリストと人気の高い「ウン・サン/woong san」。彼女を知ったのは、2ndアルバム「Close Your Eyes」。久しぶりのハスキー系、ウィスパー系の歌い口にすっかり魅了されてしまった。17歳から仏教寺院で尼僧の修行をし、山を下りてからJAZZに目覚めたが、修行中に授かった法名、それが「Woong San(雄山)」であったという特異な経歴を持つ。4作目のアルバム、「Tomorrow」から。

Tomorrow

Woong San / ポニーキャニオン



「The Boulevard Of Broken Dreams - Woong San」

          
  



  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-30 09:57 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(170) ~ 和の風情を楽しむ ~

b0102572_1072397.jpg

 ウォーキングの道筋にある小川の斜面に「アサガオ(朝顔)」が一面に咲いている。子供の頃よく見た懐かしい光景になにかホッとする。小学生の頃、夏休みの宿題で朝顔を育て、花の色を観察して、「メンデルの遺伝の法則」を学んだことを思い出す。

 さて、今宵は、古き和ジャズ風の雰囲気を ・・・。「星影の小径」。歌うは、私がJAZZを歌わせてみたいと思う歌手の一人、「ちあきなおみ」とシャンソン歌手「秋元順子」。

【 星影の小径 】  作詞/矢野 亮 作曲/利根一郎

「♪ 静かに 静かに 手をとり 手をとり
   あなたの 囁きは アカシヤの香りよ
   アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも
   夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ

   静かに 静かに じっとして じっとして
   私は散ってゆく アカシヤの花なの
   アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも
   いだかれて たたずみましょう 星影の小径よ    ♪」


「ちあきなおみ/星影の小径 秋元順子/星影の小径」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-29 14:59 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(169) ~ 半夏生を見て今年も明石の蛸を食べねばと思う ~

b0102572_17155172.jpg

 ウォーキングの道筋に、「ハンゲショウ(半夏生、半化粧)」が一面に咲いている。名前の由来は、旧暦の「二十四節気」の他に設けられた特別な暦日である「雑節」の「半夏生」の頃に花を咲かせることに由来する説と、葉の一部を残して、片面(表面)だけが白く変化する様子から、「半化粧」とする説がある。後者の意味で、「カタシログサ(片白草)」とも呼ばれているという。

 「半夏生」。「七十二候」の1つである「半夏生ず」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつて旧暦では夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日で、毎年7月2日頃にあたる。「半夏生ず(はんげしょうず)」とは、「半夏(からすびしゃく)」が生え始めるころという意味で、農家にとっては、この日までに田植えなどの農作業を終わらせる大事な節目の日とされている。この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)といい、大雨になることが多いという。(Wikipediaより参照)

 そして、関西地方では、理由はよくわからないが、「半夏生」の日に、「蛸」を食うという習慣があるようで、その日が近づくと、スーパーの魚売り場は、蛸が山と積まれている。今年もその日が近づいてきた。「蛸」といえば、それはもう「明石の蛸」でしょう。明石海峡の激しい潮流にもまれて身が締まっているということ。そして、明石海峡は稚ガニの宝庫。ごちそうのカニやエビを毎日食べていれば、そりゃ~美味いはず。

 ということで、今宵は、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」のアルバム、「潮流/Tide」(1970)から、タイトル曲を。「デオダート/Eumir Deodato」のアレンジによって生まれ変わったジョビンの名曲が満載。

潮流+4

アントニオ・カルロス・ジョビン / ユニバーサル ミュージック



「Antonio Carlos Jobim - Tide」

          

 フル・アルバムもアップされていました。

「Tom Jobim - Tide - 1970 - Full Album」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-28 09:59 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(168) ~ 炎天の花も咲く ~

b0102572_11494812.jpg

 炎天の花も咲きだした。「ナツツバキ(夏椿、沙羅)」である。仏教の聖樹である「娑羅樹(さらのき)」に擬せられ、この名がついたといわれる。ご近所の、兵庫県三田市にある「有馬富士公園」には、「ナツツバキ」の群落が自生している。花びらは5枚で白く、雄しべの花糸が黄色い。朝に開花し、夕方には落花する一日花であるという。母の詠みし歌 ・・・。

      見上ぐれば夏椿咲き夕映えの果の雲のゆる流るる

b0102572_1322306.jpg

 「ムクゲ(木槿)」。炎天を代表する花。茶道における夏の茶花としても欠かせない花だと聞く。そういえば、たしか、映画「利休にたずねよ」の一シーンにも「ムクゲ」が飾られていた。

b0102572_17315837.jpg

 今宵も、「アナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」の新譜「Minione」から。ラテンの哀愁、ヨーロッパの陰影の融合。

Minione

Anna Maria Jopek / Gonzalo Rubalcaba / Universal



 「あなたを信じられない」。
「Nie Wierzę Ci - Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba」

          

 「最後の日曜日」。
「To Ostatnia Niedziela - Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-27 09:31 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

やっと梅雨らしく

b0102572_112147100.jpg
b0102572_11225635.jpg

 雨が断続的に降り続く。妻はありがたいと喜ぶ。庭の「アジサイ(紫陽花)」も瑞々しい。

 梅雨空に咲く紫陽花のように、小気味のいい「ウェス・モンゴメリー/Wes Montgomery」のギターを ・・・。12枚目のアルバムで、「クリード・テイラー/Creed Taylor」のプロデュース、「Movin' Wes」(1964)から、「Moça Flor (Flower Girl)」。もともとブラジルの曲のようで、1964年といえば、アメリカでボサノバ・ブームが真っ盛りの頃。そんなこともあって、アルバムに収録されたのでしょう。

Movin Wes

Wes Montgomery / Polygram Records



「Wes Montgomery - Moça Flor (Flower Girl)」

          

 同じくギター・トリオ、ジプシー・スウィングの代表的ユニット、「ザ・ローゼンベルグ・トリオ/The Rosenberg Trio」と、「アン・バートン/」の歌伴でお馴染みの、「ルイス・ヴァン・ダイク/Louis Van Dijk」との共演ライブ・アルバム「Live」から、「サンタナ/Santana」の曲である「Moonflower」。トリオでの録音もあるが、「ルイス・ヴァン・ダイク」が加わることによって、またちょっと変わった哀愁の趣が感じられる。この演奏、「寺島靖国」氏の「JAZZ BAR 2005」にも選ばれている。

ライヴ

ルイス・ヴァン・ダイク・アンド・ザ・ローゼンベルグ・トリオ ガッツプロダクション



寺島靖国プレゼンツ JAZZ BAR 2005

アラン・ミオン アンドリュー・リード イングリッド・ルチア エリック・ヴァン・ダーリュイット エルンスト・グレラム スティーヴ・クローヴァー スライディング・ハマーズ デヴィッド・ゴードン デヴィッドディウレコード



「Louis Van Dijk & The Rosenberg Trio - Moonflower」

          
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-26 11:41 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

負けていません

b0102572_23312439.jpg
b0102572_23321833.jpg
b0102572_2333092.jpg

 妻が育ている、「キュウリ(胡瓜)」、「ナス(茄子)」、「ピーマン」、「ゴーヤ」などがだいぶ大きくなってきた。食卓に上がる日も近そうだ。

 「負けていません」とばかりに、劣勢を強いられている花たちも咲き出す。「ヤマホロシ(山保呂之)」、「テリハノイバラ(照葉野茨)」、「ユリ(百合)」。

b0102572_17302117.jpg

 今宵も、待ちに待った「アナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」の新譜「Minione」から。透明感のあるアナの歌声と、流麗なルバルカバのピアノに酔う。

Minione

Anna Maria Jopek / Gonzalo Rubalcaba / Universal



 辞書を引いたら、「ベルツ町」と ・・・。
「Miasteczko Bełz - Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba」

           

 ご存知、「ベサメ・ムーチョ」。スペイン語で「もっとキスして」。今まで聞いた事のない新アレンジ。
「Besame Mucho - Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba」

          


  

  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-25 09:54 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

梅雨に咲く花

b0102572_1349921.jpg
b0102572_13492856.jpg

 梅雨になると咲く花、「クマノミズキ(熊野水木)」。西日本に多く分布し、谷沿いなどの水分条件の良好な場所に自生するという。遊びの山の麓のダム湖一帯に多く自生し、梅雨時になると一斉に花開く。和名は、三重県熊野に産する「ミズキ(水木)」の意味。いつもは雨中に見ることが多いが、今年は ・・・。

b0102572_1442248.jpg
b0102572_13494857.jpg

 山頂へ向かう尾根筋の自然観察路には、昨日の雨と風で落ちた「ヒノキ(檜)」の実がいっぱい散乱している。もう6月も下旬。「エドヒガン(江戸彼岸)」桜を愛でたのは、つい昨日ように思えるが、着実に季節は進んでいるのだ。

 TVの訃報のニュースを見ていて聴きたくなった曲。「For once in my life(人生でただ一度の)」。この曲は、「スティービー・ワンダー/Stevie Wonder」の代表曲になっているが、元々はスロー・バラード曲として書かれたもので、スティービーがアップテンポ曲に仕上げ、1968年に大ヒットした。

【 For once in my life 】

「♪ For once in my life       人生で初めて
  I have someone who needs me  私を必要とする人を見つけた
  Someone I've needed so long   ずっとそんな人を探し求めていた

  For once, unafraid,        人生で初めて 恐れることなく
  I can go where life leads me   人生の導くままにこの身を任せられる
  And somehow I know I'll be strong そうすれば、なんとなく強くなれると思っている

  For once I can touch         人生で初めて
   what my heart used to dream of  ずっと夢見てきたことに触れられる
  Long before I knew          ずっと長い間思っていた
  Someone warm like you        いつか君のような心の温かい人が
  Would make my dreams come true   夢を叶えてくれるって
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

 今宵は、好漢「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé 」の歌で ・・・。

Michael Buble

Michael Buble / Reprise / Wea



「Michael Buble - For Once in My Life」

          









  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-24 09:45 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

母の詠みし花々

b0102572_10215448.jpg

 ウォーキングの道筋にある雑草に埋もれた古き道標。先日の弾丸帰省、実家の周辺にあるいくつかの野の仏や道祖神を思い出させる。初夏。実家の庭には、母が趣味で歌に詠んだ花のいくつかが咲いていた。

b0102572_1401586.jpg


  初咲きの間近き蕾むらさきの色滲ませりミヤコワスレは

  石賣りのたくましき男ひと株の赤きなでしこ呉れと持ちゆく

b0102572_1455092.jpg


  たちまちに白馬乗鞍かき消して水芭蕉たたき走り雨ゆく

  ためらひて花瓶のバラを捨つる手にはらはらと散る心あるがに
 

b0102572_14355358.jpg
 今宵は、「バーデン・パウエル/Baden Powell」のギター。「バーデン・パウエル(1937年 - 2000年)は、ブラジルの音楽家、またブラジル音楽のギター奏者、作曲家。最初、ヴァイオリンを習っていたが、4歳の頃、ギターに転向。8歳の頃から正統派ブラジル古典音楽の教育を受け始めたという。10代の頃は、エスコーラに所属し、また15歳でナイト・クラブで演奏を始めたりと、ギタリストとしての腕を上げていく。

 19歳で作曲した「悲しみのサンバ/Samba Triste(サンバ・トリスチ)」がヒットし、一躍有名となる。24歳の頃、「ヴィニシウス・ヂ・モライス/Vinicius de Moraes」と出会い、その後アルバム作りや、「クロード・ルルーシュ/Claude Lelouch」監督の映画、「男と女/原題;Un homme et une femme」(1966年制作)のサウンドの製作などで共作を持つ。

b0102572_1533657.jpg
 1967年にベルリンで開催されたGuitarworkshopでは、楽曲に対するその独特のアプローチと奏法で聴衆の度肝を抜き、その名がヨーロッパ中に知れ渡ることとなる。70年代にはヨーロッパに活動の拠点を移し、「ヴィニシウス・ヂ・モライス」と産みだした土着的宗教をテーマとした世界観やブラジル民謡、バッハなどクラシックを取り入れた作曲をさらに追求し、ボサノヴァの範疇に納まらないギター奏者として活躍する。(Wikipediaより)

 最初聴いたときは、クラシックギター1本から繰り出される、機関銃のような速弾きにびっくりしたものです。

 ボサ・ノヴァの偉大な詩人「ヴィニシウス・ヂ・モライス」へのトリビュート作「Poema on Guitar」(1968)からいくつか ・・・。

ポエマ・オン・ギター

バーデン・パウエル / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Baden Powell - Reza(祈り)」

          

「Baden Powell - Samba Triste(悲しみのサンバ)」

          

「Baden Powell - Consolacao」

          

「Baden Powell - All The Things You Are(君がすべて)」

          


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-23 00:33 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)

凌霄花の花が咲く

b0102572_20441519.jpg

 ご近所の庭の「ノウゼンカズラ(凌霄花)」がことしも咲きだした。この真っ赤な炎天の花を見ると、決まって母の歌を思い出す。

  甲子園の熱戦終わり夕風にノウゼンカズラの残り花散る


b0102572_2154378.jpg

 吸い込まれそうな碧い瞳を持つのは、ポーランドの「アンナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」。世界中に知られることになった2002年のアルバム、「ウポイエニェ/Upojenie」から、彼女自身の作曲になるタイトル曲を。「エクスタシー/ecstacy」という英語タイトルがついているが、ポーランド語で「めまい」、「酔い」という意味だという。こんな英訳詩がブックレットにのっていました。(日本語訳は拙訳)

「♪ 男の鼻孔を膨らませるような風が吹く
   男の顎を大理石にしてしまうような霜が降りる
    あなたは私にハーブも薔薇の一束も贈ってくれなかった
     そして月が輝く宵の甘いひとときさえも
       あなたは闇のような風、あなたは青白き霜 ・・・ ♪」


ウポイエニェ

パット・メセニー&アンナ・マリア・ヨペク / ワーナーミュージック・ジャパン



「Anna Maria Jopek - Upojenie」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-22 13:20 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

アナ・マリア・ヨペック讃

b0102572_104957.jpg
b0102572_1042524.jpg

 ちょうど5年前、2012年今頃のことであった。ある読者さんからのリクエストで、「絶世の東欧美女たちが、ささやくように歌うボサノバを聞きたい。」というリクエストに応えようとたどり着いたのが、ポーランドの歌姫、「アナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」。それ以来すっかりその透明感あふれる歌声にハマっている。

 ヨペックは1970年、ポーランド生まれ。幼少時からクラシック・ピアノを学び、17歳で「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」を聴いてジャズに開眼し、1997年にポーランドでアルバム・デビュー。すでに自国ではかなりの支持を得ていたが、2002年、「パット・メセニー/Pat Metheny」の全面的協力を得、彼の楽曲にポーランド語詞を乗せて歌ったアルバム、「ウポイエニェ/Upojenie」は、本国で10万枚のセールスを記録。日本はじめ世界のJAZZファンの間で話題を集めたという。(参照拙ブログ 「東欧の囁き姫を探して ・・・ 」「ポーランドの癒し姫にはまりそう」 などなど)

 その、「アナ・マリア・ヨペック」が、2011年以来、6年ぶりに新譜をリリースした。しかも、キューバ出身の私のご贔屓のピアニスト、「ゴンザロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」のトリオとの共演である。待ちに待ったそのCDがやっと届いた。タイトルは、「Minione」。辞書で調べたら「原初年代記」とあった。

 第2次世界大戦以前、ポーランドで流行っていたポーランド・タンゴ&ボレロにインスパイアされたアルバムだという。「小曽根真」らとの日本音楽と邂逅を果たした「Haiku(俳句)」(2011)、ポルトガルの伝統音楽、ファドとの出会いを昇華させた「Sobremesa」(2011)。ヨペックの次なる出会いが、ポーランド・タンゴであった。アルバム・タイトルにその心情が込められている。聴く。甘美、切なさ、光と翳。1930年代、世界中で流行ったあのタンゴの響きが、今蘇る。

 パーソネルは、「Anna Maria Jopek (voice)」、プロデュース、アレンジも担当した「Gonzalo Rubalcaba (piano)」、「アルマンド・ゴラ/Armando Gola (bass),」、「アーネスト・シンプソン/Ernesto Simpson (drums)」。録音は、2016年8月、キューバにほど近いマイアミ。

Minione

Anna Maria Jopek / Gonzalo Rubalcaba / Universal



「あなたの唇は嘘をつく」という意味の「Twe usta kłamią(Your Lips Lie)」を。

「Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba - Twe Usta Klamia」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-06-21 10:10 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)