大屋地爵士のJAZZYな生活

お祭りわっしょい~ラテン フレーバー

博多の山笠、小倉の祇園祭始まりましたねえ。我が関西でも夏祭り本番。京都祇園祭、大阪天神祭り、京都大文字送り火、地蔵盆、河内音頭、淀川・PLの花火大会・・・・目白押しですな。
祭りといえば、ラテン。あのリオのカーニバルを一度見てみたいものです。
日本人は昔からラテン大好き。またJAZZとLATIN、きってもきれない関係です。もちろんボサノバはサンバとJAZZの融合、サルサもJAZZの影響があるし、あのデヴィッド・マシューズは日本人向けにラテンジャズオーケストラを作る始末。

b0102572_22441583.jpg

Maya。私が最近、注目している若手日本人JAZZ歌手の一人。ラテン系猫目顔で和製ブリジット・バルドー(古う~~)なんて誰か言ってました。amazon.comにデータベースがないのでジャケットも紹介できないが、1stアルバムはインディペンデントレーベルから出た「She’s Something」。女豹のような目でこちらをぐっと睨んでるジャケット。ジャケ買いしてもOKのアルバム。2枚目のインディ・レーベルの「Why Try to Change Me Now?」とあわせたミニベストみたいなアルバムがメジャー移籍後発売されている。お気に入りの「ベサメ・ムーチョ」「星に願いを」がはずされているのが、大不満。「私はピアノ」が入っているから、許しあげよう。メジャー盤で発売されたのはミニベストの「ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ」「MAYA」「Love Portion No9」の3枚。「キエンセラ」「ある恋の物語」「夏をあきらめて」などなどラテンの魅力いっぱい。

ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ
Maya 荻原亮 嶌田憲二 松尾明 TAKE TEN 藤井寛 二村希一 小林裕 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00077DABW
スコア選択:


Maya
Maya フェビアン・レザ・パネ 納浩一 岩瀬立飛 キヨシ小林 クリヤ・マコト CECIL MONROE / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00023GSQU
スコア選択:

Love Potion No.9
Maya 松尾明 TAKE TEN フェビアン・レザ・パネ 吉野弘志 岩瀬立飛 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00077DAC6
スコア選択:

「MAYA - 夏をあきらめて」

         

さあ、つぎは 「Suzana Da Camara」。たまたまショップでみて買ったのだが、インディレーベルのせいか、ジャケットを見ても経歴など書いてないのでよく分からないがこの方も中東、中南米風の美人。確か買ったときの店での宣伝文句には、カナダで活躍し、6ヶ国語を操るラテンの歌姫とかいっていたような気がする。全編オリジナル曲のように思えるが、ラテンフレーバーとスパイスが満載。「No Ordinary Love」「Cha Cha」は哀愁を帯びたいかにも日本人好みのラテンの逸品。  追記;「No Ordinary Love」が「シャーデー Sade」のカバーだとはつい最近まで気がつきませんでした。

スザーナ・ダ・カマラ
スザーナ・ダ・カマラ / インディペンデントレーベル
ISBN : B000CNDIA4
スコア選択:

さて次は、極めて個人的好み、SANTANAの「ブラックマジック・ウーマン」が好きであるという理由だけでかったCD。この曲がJAZZでカバーされた例を私はほかに知らない。サンタナの「Moon Flower」は寺島靖国氏の「Jazz Bar シリーズ Vol.5」で取り上げられたことはあるし、「哀愁のヨーロッパ」は「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」「タック&パティ」などがとりあげているが・・・・。 シカゴで活躍の「Patricia Barber/Companion」。もうお聴きあれというしかない。
サンタナオリジナルの狂奔を予感させる出だしと違い、低いかすれ声で静かに秘めたる情熱を感じさせる出だしを聴いたら、BMW(車ではないのだ)フリークの私としては至福というしかない。
 
Companion
Patricia Barber / Mobile Fidelity Koch
ISBN : B0002IQOOG
スコア選択:

盛り上がった?盛り上がらない。それならフルバンドをバックに豪華絢爛とうたう「ミリアム・アイーダ Pearls」はどうでしょう。北欧スエーデンの歌手だというからびっくりします。「Sway」= 「キエンセラ」いいですね。「MAYA」と比べてみるのも楽しい。

パールス
ミリアム・アイーダ / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000F6YQ5Y
スコア選択:

どう?? まだだめ。 う~~~~~~ん。もう女性歌手では限界か?それではどかんと打ち上げ花火を。また「キエンセラ」がでてきますが。

熱帯ジャズ楽団VIII~The Covers~
熱帯JAZZ楽団 スリービックリーズ / ビクターエンタテインメント
ISBN : B00024Z64Y
スコア選択:

熱帯JAZZIX~Mas Tropical!~
熱帯JAZZ楽団 / ビクターエンタテインメント
ISBN : B0009J8I8S
スコア選択:

「September - 熱帯JAZZ楽団 Tropical Jazz Big Band」
 
          

どや! リズムとホーンの饗宴。やはりラテンはこれでなくっちゃ。
ラテンの魅力はまだまだ尽きない。またそのうち・・・・。
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-12 20:22 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(1)

第14回 ダ・ヴィンチ コード

b0102572_16534280.jpg

本も映画も大ヒット。イエス・キリストはマグラダのマリアと結婚していて、その子孫の存在を隠すために、或いは存在を巧妙に知らせるサインをダヴィンチは残した。こんな謎解きの歴史アドベンチャーミステリーであるが、実際に存在する教会、修道会、絵画を使ってストーリーが展開されるため、どこまでが史実でどこまでがフィクションか判別がつかない巧妙なストーリーになっています。冒頭も最後もルーブル美術館がストーリーの重要な舞台となっています。日本語訳の発売後、すぐに買って読んだんですが、もう一度パリ、ルーブルへ行って、この本の追体験をしたいと思っていたんですが、幸運にも、昨年の秋パリを妻と訪れる機会がありました。本当に美しい街で、しっかりルーブル美術館も見てきましが、マリアの遺骸があの逆三角のピラミッドの下にあるかどうかは分かりませんでした。もちろん映画も見ましたが、事前に本を読んでないと、ストーリーの展開についていけないのではと思います。帰国してからパリを舞台にした映画のDVDを買い込んで思い出に浸ることしきり。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント



中でも「リュック・ベンソン」監督の「ニキータ」。彼女が秘密機関にリクルートされて初めて、殺人の仕事をするレストランは、「ギャレ・リヨン リヨン駅」の中にある「La Train Bleu ル・トラン・ブリュー」、ブルートレインと言う名のレストランで、ここで食事をしたんですよ。パリ万博の時に建造されたリヨン駅の構内にあり、それは素敵な映画の場面どおりのレストランでした。
パリを舞台にした映画は数々ありますが、私が最初にJazzに出会ったのは、ジャンヌ・モロー主演の「死刑台のエレベーター」、ボサノバに出会ったのは「男と女」。最後にジャン・ルイ・トランティニアンニがアヌーク・エーメを迎える駅はどこであったか?私の青春時代の中心にはヨーロッパ映画があり、音楽に対する感受性も映画から大きく影響を受けたように思う。映画についてはそのうちに「定年後のCinemaな生活」なるブログでもオープンしたらそのときにでも。

二キータ [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン



パリをタイトルにしたJazzアルバムには、ピアノトリオ ケニー・ドリューの「パリ北駅着、印象」などの傑作があるが、今回のミューズは「Dee Dee Bridgewater」、米国のJazzシンガーである彼女が10年間ほど定住して音楽活動をした「フランス」への「オマージュ」で、全編フランス語で歌われたアルバム。純粋なJazzアルバムとは言いがたいが、おなじみのシャンソンがフラメンコ、Jazz、シャンソンなど独自の粋なアレンジで歌われる。
「Que Reste-t-il De Nos amours(愛のわすれもの)」「Ne Me Quitre Pas(行かないで)」「Et Maintenant(そして今は)」などが、しみじみ聞き惚れる歌いっぷり。残念ながらジャケのイメージはありません。

フランスへのオマージュ
ディー・ディー・ブリッジウォーター / ユニバーサルクラシック
ISBN : B000793BA0
スコア選択:


パリ北駅着、印象
ケニー・ドリュー・トリオ / エムアンドアイカンパニー
ISBN : B0000A8UY8
スコア選択:

カルチェ・ラタン界隈には、Jazz Clubがたくさんありました。また、ムーラン・ルージュなども楽しめれば、パリのナイトライフとしては、まあ、最高か。

「リクエストによる埋め込み無効」となっていますので、クリックでどうぞ。
「Kenny Drew trio -  Impressions/Evening in the /Autumn Leaves」
 
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-12 20:20 | JAZZY紀行 | Trackback | Comments(2)

第13回 ドライブに連れてって!

b0102572_18182421.jpg

「ドライブに行こうよ!」定年退職してから時間的なゆとりができたせいか、よく妻から誘われます。元来、車を運転するのは好きなほうなので、まあドライブに出かけることになります。
私は大阪北部のベッドタウンに住んでいますので、適当なドライブコースには事欠きませんから、短時間の手軽なドライブをよく楽しみます。
以前に書いたように田舎に親を残していますので、比較的頻繁に帰省もしているのですが、そんなドライブも含めて、音楽は必需品です。あまり肩が凝らずに、そうはいっても、何かしら心浮き立つような、ノリのいい、車の騒音に負けないような音楽がいいわけです。
CDをもっていくのもよし、私は愛用の「i-POD」をFMのアダプターを組み合わせて楽しんでいます。FMということで音質に不満のある方は、AUXの端子のついているカーステレオに「i-POD」を接続されることをおすすめします。最近のくるまには、「i-POD」専用端子が用意されているようで、「i-POD」ワールドの影響の大きさ、いかに、「i-POD」がヒットしたかを端的に物語っています。
おすすめの最初は「SONIA」。「SONIA」というのアメリカの西海岸で活躍している多国籍のメンバーから成る、UNITの名前でボーカルは、オーストラリア出身の「ポーラ・テリー」という女性です。これまた、好みのロリータボイスで、何でもかんでもBOSSA NOVAにしてしまうというUNIT。あのスタンダードで超有名な「You'd Be So Nice To Come Home To」のボサノバアレンジを聞いたときはびっくりしましたが、「へえ~ 意外といけてるじゃん!」と感心したものです。そのほか「ビリー・ジョエル」から「セルジオ・メンデス」「シャンソン」「プレスリー」「エリック・クランプトン」と、まあ次から次へと繰り出されてきます。
まさに、ボサノバ バージョン 洋楽ヒットパレード。ドライブにはもってこいのおしゃれなアルバム。

メロウな週末の午後
ソニア / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B0001LNOT2
スコア選択:

ア・テイスト・オブ・ボサノヴァ
ソニア / インディペンデントレーベル
ISBN : B00005F0RA
スコア選択:

オススメその2は「Sophie Milman」。何気なくCDショップでジャケ買いしたアルバム。素性はよく分からないが、ロシア生まれのイスラエル育ちの学生で、カナダでレコーディングデビューらしい。ジャケみるかぎりとても学生とも思われない美人。第1曲目の「おいしい水」が素晴らしい。
張りのある声ではじけるようなドライブ感のある歌いっぷり。バックもご機嫌のノリでうきたってくる。

Sophie Milman
Sophie Milman / Linus Entertainment
ISBN : B000637XN8
スコア選択:

最後は極めて個人的な好みで「Paris Match」。けだるいというか危ういというか、独特の世界を醸し出してくれるが、私はドライブで聴くのが一番ぴったりしていると思う。歌詞もなにやら哲学的で、エロチック。やはり夏のドライブがにあう。

typeIII
paris match / ビクターエンタテインメント
ISBN : B0000677TH
スコア選択:

QUATTRO
paris match 古澤大 杉山洋介 Satoshi Sano Shiro Sasaki Pamela Driggs パメラ・ドリッグス OSAMU KOIKE / ビクターエンタテインメント
ISBN : B00009KM4G
スコア選択:

さあ、ドライブに出かけようか。阪神高速の湾岸線なら夕焼けが最高。北港のヨットハーバー内のレストラン「パパ・ヘミングウェイ」なら軽めのJazzの生演奏が迎えてくれます。新緑の六甲山のドライブもいい。西宮甲山近くの「カフェ・ザ・テラス」もJazzのBGM、それにもまして眺望が素晴らしい。こんなところが、我々夫婦のドライブ途中の定番の止まり木。(残念がら22010年3月で閉店したと聞いています)


「sophie milman - agua de beber」
 
          
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-07 11:29 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

第12回 我が「Jazzyな生活」のサポーター

前回は、CDの価格のことやら、CCCDの話でテンションがやや高くなってしまったが、今回はタイトルのごとく私の音楽の楽しみを助けてくれている心強い味方、ツールについて紹介しましょう。先回述べてように私のオーディオライフの基本は、「i-Pod + BOSE ノイズキャンセリング ヘッドフォン」です。したがって、まず最強のサポーターはパソコンです。
1)「i-Tune」によるCDのPodへのロード、編集 2)CDのバックアップ 3)このブログの書き込み 4)音楽情報の検索、ネットショッピング などパソコンなくしては我がJazzyな生活は成り立たないといっても過言ではありません。
次のサポータは「Amazon.com」。皆さんはCDをどこで買われますか?当然CDショップですね。しかし残念ながら一部のCDショップを除いて、Jazzはマイナーなジャンルのため、品揃えが少なく、お目当ての或いは気に入ったCDが見つからないという思いをしたことと思います。そんな方には、「Amazon.com」でのネットショッピングをオススメします。
1)在庫が豊富で廃盤、一部の海外盤など以外は中古なども含めほとんど手に入りました。
2)配送日時などデリバリーが分かりますし、在庫ある場合は1週間程度で宅急便で送られてきますので非常に便利です。決済方法はいろいろありますが、私の場合はクレジットカードですが、決済、配送いままで一度もトラブルはありませんでした。
3)リストマニアのオススメ、購入歴から分析した「Amazon.com」からのオススメ、新譜情報 など自分の好みに即した情報が簡単に得られますし、パソコン上にダウンロードして、試聴ができます。

そんな「Amazon.com」からのおすすめで購入し、大満足の1枚。「Carla Helmbrecht カーラ・ヘルムブレヒト」の「Be Cool Be Kind」。ウィスコンシン州出身。このアルバムは2001年発表されたが、グラミー賞3部門にノミネートされたことから分かるように実力派。おとなの女の魅力にあふれる本格派といえる。タイトル曲ほか「風のささやき」が私が聞き惚れるナンバー。寡作で、私のしるかぎり、このほかデビューアルバム「One For My Baby」、日本人アーティストとコラボした「Here's To Love」の3枚のみ。


Be Cool Be Kind
Carla Helmbrecht / Heart Music
ISBN : B0000560GJ
スコア選択:

同様のオススメで知ったもう一人は「Sue Raney スー・レイニー」の「New and now」。アルバム6曲目のビートルズの「Yesterday」が秀逸。

ニュー・アンド・ナウ!(紙ジャケット仕様)
スー・レイニー / 東芝EMI
ISBN : B000803EW8
スコア選択:

3っつめのサポーターは「ジャズ詞大全」。「日本語でジャズを味わう」というキャッチコピーで中央アート出版社から発売されている。いわゆるスタンダードの英語の歌詞がきちっと日本語に翻訳され、その歌の誕生秘話とか当時の世相、だれが歌ってヒットさせたかなど、歌にまつわる歴史的背景や裏話が紹介されている。多分ほとんどのスタンダードは網羅されているでしょう。著者の「村尾陸男」氏は、「歌詞の意味を正確に把握するだけでなく、その歌の時代や環境からその社会や過去についても考え、その歌の全体像のようなものをつかむ。そのために広い意味で歌について考える、歌の意味を解釈する。」が著作の目的と書いています。
非常に真摯に取り組まれていて、その努力とできばえには敬意を表します。わたしも好きな歌があるとこの本に一応あたってみて、歌の意味を理解しながら聴くことを楽しんでいます。しかし全19巻、1巻3,000円と高価なため、なかなか全巻をそろえることが難しい。公立の図書館あたりがそろえてくれたらいいのになどと思います。

ジャズ詩大全〈2〉
村尾 陸男 増田 悦佐 / 中央アート出版社
ISBN : 4886395627
スコア選択:



最後のサポーターは「TSUTAYA」。いうまでもなく大変大変お世話になっています。
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-07 11:26 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

第11回 コンサートにいこう!!

b0102572_1862916.jpg

今日7月8日、妻とコンサートに行ってきました。我が田舎の小さなホールに「女子十二楽坊」がやってきたんです。Jazzyとはすこし離れているかもしれませんが、美女十二人(実際は十三人である)が中国の伝統楽器でオリジナル、クラシック、POSなどを演奏するグループというので前から気になっていたユニットではありました。ま、なかなかの演奏振りで楽しめたし、CDを買ったら彼女たちと握手ができるというので、すっかりミーハーしてしまいました。ジャンルを問わずコンサート、ライブはいいもので会場の雰囲気、ノリが演奏のレベルなどそっちのけで心浮き立たせてくれるものです。オヤジどもよ!ゴルフもいいけど、ぜひたまには奥さんと、コンサートへ行くことをおすすめします。

彼女たちの出身国、中国の音楽事情はいかなるものであろうか?なんて堅苦しいことではなく、中国にてJazzyな生活は楽しめるのであろうか?私のごく限られた経験では、都会ならばYESである。仕事で昨年は10回を超える中国出張(上海、北京、大連がほとんど)をしましたが、上海の最先端スポット「新天地」にはJazz Bar、ライブハウスがいくつかあります。
北京には北京初のJazzクラブ「Beijing CD Jazz Club/北京 CD爵士(ジャズとよむ)倶楽部」などいくつかのライブハウスがあります。「CD Jazz Club」は東三環路、農業展覧館の南脇にあり、北京出張の折はいつも通ってました。週二日ほどはライブがあり、ライブのない時は、「ノラ・ジョーンズ」や「チェット・ベイカー」などのライブのDVDがよく流されていて、少々飲んで食べてもも100元(1500円)程度、老舗の古い倶楽部といった雰囲気があり、お気に入りのSPOTでした。というのもオリンピックのために地下鉄工事がはじまり、休業を迫られ、現在は一時休業になっています。このあたりが中国の国家体制のかなしさか。早く再開されることを願っています。大連には欧州系のホテルにはライブが楽しめるラウンジやBarがあります。ということでJazzyな生活はかの地にても可能です。
驚くべきはCDの安さ、コピー盤は論外として、正規版でも20~40元(300~600円)という安さ。日本の業界があわてて逆輸入の禁止に走ったというのもうなずける。それにしても日本のCDはなぜあれほど高いのだ。感覚的に言って、新譜で2,000円、旧譜で1,000円というのが欧米先進国での価格。途上国では経済的配慮から格段に安くなっているという。それにしても、歌詞カード、日本語訳、ボーナストラックではごまかせないほど高い。その上に更に高いCCCD(コピーコントロールCD)だと!私みたいな「iーPod」ユーザーはどうしたらいいのだ。業界はお客より自分の業界のことしか考えていない。金科玉条のごとく複製禁止を唱えるばかりで、NETで音楽をダウンロードなどの新しいビジネスやマーケット、技術の進歩などを見通す先見性がないのではと思う。私みたいなヘビーリスナーはものすごく「TSUTAYA」さんのお世話にもなるし、それに倍するCDも購入する。これから団塊の世代、シニアがマーケットの動向を握るといわれている時代。年金生活者の財布のひもは固いですぞ!
あの大ヒットした「ノラ・ジョーンズ」。2作目からなぜか日本版はCCCD。輸入版を買いましょう。安いし、I-Podにもロードできます。

Come Away With Me
Norah Jones / Blue Note
ISBN : B00005YW4H
スコア選択:


COME AWAY WITH ME
ノラ・ジョーンズ ジェシー・ハリス リー・アレクサンダー ハンク・ウィリアムス / 東芝EMI
ISBN : B0000635NG
スコア選択:


Feels Like Home
Norah Jones / Blue Note
ISBN : B00018D44U
スコア選択:


フィールズ・ライク・ホーム (CCCD)
ノラ・ジョーンズ / 東芝EMI
ISBN : B000136TVA
スコア選択:


The Little Willies
The Little Willies / Milking Bull
ISBN : B000E6UJXS
スコア選択:


リトル・ウィリーズ(CCCD)
リトル・ウィリーズ / 東芝EMI
ISBN : B000E6G6JO
スコア選択:
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-07 10:00 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

第10回 アジアの癒し姫たち

b0102572_1802291.jpg

長い間音楽を聴いていると、不思議なこともあるもので、アルバムの方から「買ってみて!、聴いてみて!」と秋波を送ってくる場合がある。今回紹介する二人の歌手は出張先の東京のとあるCDショップでアンテナに引っかかり、買った結果、大当たりであった。ハイクオリティの音質のため、価格は割高であったが、それを割り引くだけの満足度を得られた。音質はかなりいい。
したがって二人の歌手に共通する声の透明感が、際立ってせまってくる。本当に癒される。

まずシンガポール出身の「Jacintha」(ジャシンサと発音するらしい)。1枚目は「Ben Webster」に捧げたもので、「The Look Of Love」、「Stardust」、「Tenderly」などのスタンダード曲が続く。とりわけ「Danny Boy」は鳥肌が立つほどの凛とした歌唱力に圧倒される。2枚目「Rush Life」、3枚目「Autumn Leaves~The Songs Of Johnny Mercer」もやはり同様。歌唱力、音質は前作に比べいささかも損なわれず、スタンダード曲満載のアルバムで女性ボーカルファンは至福の癒しの時間を過ごせるだろう。

Here's to Ben: A Vocal Tribute to Ben Webster
Jacintha / Groove Note
スコア選択:


Lush Life
Jacintha / Groove Note
ISBN : B00005UONM
スコア選択:


Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer
Jacintha / Groove Note
ISBN : B000040OJD
スコア選択:


さあ、二人目の姫は、フィリッピンの歌手「Jheena Lodwick ジーナ・ロドウィック」の香港録音版。ベートーベンの第九、「喜びの歌」のPOPSバージョンで始まり、イタリア民謡「オー・ソレミオ」のプレスリー版「It’s Now or Never」「Too Young」とつづく懐かしい50~60年代のPOPSのパレードには、本当に癒される。伸びやかな、張りがあるが決して硬くはないしなやかな高音。このCDをとある洋風居酒屋にさしあげたところ、おやじ連からリクエストが続出したいう。音質も前作同様太鼓判の大オススメ盤。ジャケットのイメージが掲載できないのは残念。
こんな歌手に出会えるとは、世界はあらためて広いなとも思う。

All My Loving
Jheena Lodwick / Jvc / Xrcd
ISBN : B0002KVUMA
スコア選択:

「Jacintha -Autumn Leaves」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-05 23:29 | ミューズたちの歌声 | Trackback | Comments(0)

第9回 矢沢永吉氏からのメッセージ

b0102572_17435120.jpg

リスナーを酔わすために
(2006年6月14日 日本経済新聞夕刊よりの抜粋)

これまでは作り手の俺自身が酔っていた。作り手が最高だと感じる音楽は、聴き手だって最高と感じるはずだと。でも今はリスナーがシンプルに感じる歌を作ろう、リスナーを酔わせてやろうって思う。長く音楽をやってきて、やっとそこに行き着いたわけよ。
  (中略)
頑固さっていうのは、純粋にマジであることの裏返しだと思うね。もし俺が、三十年前から「リスナーは肩の凝らない音楽を聴きたい」とぬかしていたら、矢沢はとっくに飽きられていたね。
  (中略) 
団塊の世代の人々が第二の人生を目の前にして立ち止まり、「仕事人間だったな」って悩んだり、四十歳過ぎの女性が更年期障害で悩んだり、皆さんのそういう気持ちがよく分かる。おれも同じ人間。ウルトラマンじゃない。喜びと悲しみのはざまで、悩むこともあるんだから。

むかしは五十歳まで音楽を続けられたらいいって、言ってた時期も歩けど、とんでもないね。これからの矢沢はどんな音楽を出せるのかって、わくわくしている。挑戦こそエネルギーだよ。

【矢沢 永吉 やざわ えいきち】
1949年生まれ。72年キャロルのリーダーとしてデビュー。ヒット曲多数。
「YOUR SONGS」と題したアルバム3枚を5月に発売した。1980年代以降の曲から36曲を厳選。余計な楽器の音を省き、ボーカルが前面に出るように編曲を構成しなおした。

あまり聴いたことはなかったけど、彼の歌を聴いてみようかなとちょっぴり思った。

YOUR SONGS1
矢沢永吉 / 東芝EMI
ISBN : B000EZ8C6U
スコア選択:


YOUR SONGS2
矢沢永吉 / 東芝EMI
ISBN : B000EZ8C74
スコア選択:


YOUR SONGS3
矢沢永吉 / 東芝EMI
ISBN : B000EZ8C7E
スコア選択:

(P.S.)聴いてみました「Your Songs 2」。「東京」「Big Beat」、オリジナルと比べてみましたが、確かに氏の意図するところが明確に感じられました。

参考までに、好きなライブバ-ジョンの「Big Beat」。


「BIG BEAT(FIFTY FIVE WAY)'04」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-05 23:09 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

第8回 ビートルズはお好き?

今年はビートルズ来日40周年だそうな。う~ん、私が20歳の時か。当時TVもない安下宿だったので、見た記憶がない。後日何かの特番で前座がドリフターズということを知りました。
シニアの皆さんは多分ビートルズには、思い入れやら思い出を多くもっていると思います。先日も来日40周年を記念するバンドコンテストに、多数のシニア世代のおじさんバンドが出演しているニュースをTVで放映していました。かくいう私も学生当時バンドを組んでブイブイ?いわしていたひとりです。

さて、数多くのミュージシャンがビートルズの曲を歌っているが、ここではアルバムとして気に入ったもの、或いはJazzの手だれが取り組むとこうも完成度が高くなるのかと思うものを紹介したい。
最初の1枚はムタンチスのボーカリストとして有名な「Rita Lee/Bossa'n Beatles」。タイトルが示すように、ボサノヴァ テイストのビートルズ曲集。「A Hard Day's Night」、「Michelle」、「I Want To Hold Your Hand」などおなじみの曲が軽快なBOSSAのノリで歌われる。何故か数曲がポルトガル語なのもご愛嬌。

ボッサン・ビートルズ
リタ・リー / ワードレコーズ
ISBN : B0007WADLW
スコア選択:

ビートルズと同じイギリス人「Connie Evingson /Let It Be Jazz」。タイトルからわかるように「Let It Be」をパロったアルバム。そんな遊び心に溢れるアルバムであるが、「上手い、上手すぎる・・・」。「Blackbirds」のアレンジの巧みさ、「Wait」のゆたりとした心地よさ、「When I’m 64」の軽妙さ、いずれもオリジナルとは違うレベルのすばらしいできばえである。カバーの名盤とはこのアルバムのこと。本業、JAZZスタンダードの「Some Cats Know」も一聴の価値あり。

Let It Be Jazz: Connie Evingson Sings the Beatles
Connie Evingson / Summit
ISBN : B0000AINL2
スコア選択:

「John Pizzarelli /Meets The Beatles」。ジョン・ピザレリ、男性ボーカルです。音楽一家で、お父さんもJazzギタリスト、いとこもベーシストのはず。女性ボーカル一筋のブログのはず、場違いにも程があると怒らないでください。ビートルズとくれば、このアルバムははずせません。楽しい、かっこいい、ノリがいい、の三拍子揃ったアルバムです。「Here Comes Sun」、「Oh Darling」、「Get Back」、「粋」の一言に尽きます。とにかくJazzファンで、ビートルズファンだったら聴いてほしい。アルバム唯一のインストメンタル曲「Eleanor Rigby」では、彼のギタープレイが堪能できます。私がビートルズを見直すきっかけとなった1枚です。

John Pizzarelli Meets The Beatles
John Pizzarelli / SMG
ISBN : B00000HZOU
スコア選択:

「John Pizzarelli - Can't Buy Me Love」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-05 01:03 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

第7回 秘密の花園

b0102572_17334045.jpg

女性Jazzボーカルの楽しみ方は本当に奥が深いものがある。最近、女性歌手を評して「エロかっこいい」なんて言葉が流行っているが、言いえて妙!!この道は、はまったら、まっしぐら。
CDを聴いて楽しむ以外にも、いろいろ楽しみ方があります。アルバムジャケット、DVD、関連図書など。  なかでも女性ボーカルの場合は、アルバムジャケットに惹かれて、おもわず買ってしまう「ジャケ買い」。これがいいんだなあ。ヴィーナスレコードはボーカル以外でも、頻繁に女性ヌードをジャケにつかうことで有名であるが、ジャケットを開くと髭面の3人組がなどということもあり、やはり「ジャケ買い」は女性に勝るものはないと思う。数ある「ジャケ買い」から、中身(音楽)も、ジャケットに負けていないくらいよかったものを紹介したいと思う。

まずは「Gabriela Anders 」の「Wanting」。ミニスカートのスレンダーな女の子がすこしうつむき加減で歩いている姿を望遠で撮ったと思われる写真。「楚々とした風情」と言う表現がぴったり。なにかのストーリーを感じさせ、映画の1シーンを思わせるようなジャケット。どんな顔をしているのだろう? 聴いてみると、これがロリータボイスで、耳元でささやかれているような全身がけだるいマッタリ感につつまれる。(なぜかジャケットが表示されない場合はクリックを)
アルゼンチン出身の歌姫と言うが、情熱のラテンの国でもこのマッタリ感は通用するのだろうか?

Wanting
Gabriela Anders / Warner Bros.
スコア選択:


第2作目「Last Tango in Rio」が出たというので、早速買ったら、今度は顔のドアップ。超美人である。だがやはり紛れもない、ラテン系、肉食系の猫顔である。前作以上に輪をかけた超ロリータボイスで全身をくすぐってくれる。「アダブラカダブラ」などいう呪文めいた曲がさらに脱力感を加速する。ロリコン親父には超オススメのアルバム。
私に関していえば、「秘すれば、花・・・」。そこはかとない儚さ、可憐さを感じる前作のジャケットほうが好みか。

Last Tango in Rio
Gabriela Anders / Narada
ISBN : B0002Y4T8S
スコア選択:

つぎのおすすめは、スウェーデンの妖精「Lisa Ekdahl」。こちらも伏せ目がちで、横ずわり。
おやじの弱点をちゃんと見抜いていらしゃるから憎いこと。声はこれまた「ガブリエラ」と同じロリータボイス。
「Back to Earth」、「When Did You Leave Heaven」どちらも歌もジャケットもオススメ。ささやくような声で、あの往年のナットキングコールの「Lonely One」やスタンダードの「Cry Me A River」、「My Heart Belongs to Daddy 」なんかを歌うからたまらない。
元祖?ロリータボイスののブロッサム・ディアリーも真っ青か。

Back to Earth
Lisa Ekdahl Peter Nordahl Trio / RCA
ISBN : B00000IFUZ
スコア選択:

When Did You Leave Heaven
Lisa Ekdahl / RCA
ISBN : B000003ETV
スコア選択:

最後のオススメは、「Simone」。いや成熟した女の魅力がジャケットから漂ってきますネ。まさに「エロかっこいい・・・」。「ムーンライト・セレナーデ」はタイトル曲をはじめ、スタンダード満載のアルバム。特に「ベサメムーチョ」はメロメロになること請け合い。もう1枚の「ロマンス」はあまり知られていないが、「A Blossom Fell」「Just Squeeze Me」など珠玉のバラードが魅力の一枚。バックのロマンティック・ジャズ・トリオも絶妙なサポート。

ムーンライト・セレナーデ
シモーネ ジョン・ディ・マルティーノ ハンス・グラヴィシュニック フィリップ・コップマイヤー / ヴィーナスレコード
ISBN : B00018GZEG
スコア選択:

ロマンス
シモーネ&ロマンティック・ジャズ・トリオ シモーネ ロマンティック・ジャズ・トリオ / ヴィーナスレコード
ISBN : B000657MMS
スコア選択:

いやー、ジャケ買いも決して捨てたもんではありませんぞ!!

「Gabriela Anders / Wanting」

          
 
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-01 17:37 | 秘密の花園 | Trackback | Comments(0)

第6回 いつでもどこでも・・・

さて、この辺で私のオーディオ環境について触れておきましょう。基本的には、アップル社の60GBの「i-Pod」+BOSE社のノイズキャンセリング・ヘッドホン、「QuietComfort2」 です。家にはオーディオ コンポは持っているのですが、圧倒的に「i-Pod+HP」で聴いている時間が多いのです。理由はいくつかあります。

1)通勤時間が長い。家から会社までドア・ツー・ドアで片道1.5時間。この時間を有効に使わない手はない。
2)ここ数年間は、出張がむちゃくちゃ多く(昨年なんぞは、エアラインに乗った回数が130回、海外出張は17回を数えた)、この移動時間、待ち時間、滞在時間などの時間をどう楽しく使うか?
3)毎週トレーニング・ジムに通っており、1時間のウォーキング・メニューの際、ただ歩いているだけでは、味気ない。
4)親を田舎に残しており、けっこう頻繁に帰省しますが、片道400kmのドライブの友が必要。
5)いまだ、3人のパラサイトが同居して部屋を占拠しており、私の所有する数百枚のCDは衣装箱にいれて積み上げており、聴きたいからといって、すぐに望みのCDを出せる状態にない。

これらの悲惨?な状況から得られる必然的な答えが、「i-Pod+HP」であった。最初は20GBの「i-Pod」であったが、すぐに満杯になり60GBに変えたが、CDをかたっぱしから「i-Pod」に入れた結果,現在8,700曲、36GBという途方もない数字になっています。「塵もつもれば・・」とはこのことか。でも、先ほどの5つの条件下で、かつ高音質で、音楽を楽しむという命題は、見事に解決できています。現時点で、モバイル環境でのシステムとしては、ベストではないかと思われます。「いつでも、どこでも、ヘッドフォンかけたらそこは別世界、あなたは数百枚のCDをもって出かけられますか?」なにやらCMくさくなってきましたが・・・

「i-Pod」にはいくつかの機能がありますが、その中のひとつに、ある曲を何回聴いたか、その回数を表示してくれる機能があります。私のTOP回数の曲は何だったでしょう?
答えは、「Sheila Walsh」の「You Raise Me Up」でした。そう、荒川静香がトリノオリンピックのエキシビジョンで使ったあの美しい曲です。実際に使った「Celtic Woman」の「You Raise Me Up」もいいけど、美しく、ダイナミックにドラマティックに歌い上げている点で私は、「Sheila Walsh」のバージョンのほうが好きです。一時期、毎日出勤の電車の中で、モチベーションを高めるために聴いていました。Jazzyな世界とはちょっと離れましたが、ごかんべんを。

BOSE社に注文。あのヘッドホンの柔な作りは何とかなりませんかねえ?結構なお値段する割りは、プラスチックの筐体部分の強度が不足しているため、買って半年もたたないうちにヒビがはいるわ、割れるわ。仕方がないのでグルグル巻きに補強して使っています。今後、「QuietComfort2」を使おうと思っているヘビー・ユーザーは、買ったらすぐに頑丈な補強を施すことをお奨めします。


You Raise Me Up
Sheila Walsh / Integrity Music
スコア選択:


ケルティック・ウーマン
ケルティック・ウーマン / 東芝EMI
ISBN : B000CSUYJM
スコア選択:
[PR]
# by knakano0311 | 2006-07-01 17:01 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)