大屋地爵士のJAZZYな生活

枯れ木に花はもう咲かない

b0102572_9122711.jpg
b0102572_9124127.jpg

 枯死した「コナラ(小楢)」の木である。いわゆる「ナラ枯れ」である。原因は、
「カシノナガキクイムシ」。「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。根元には、孔を穿つときに出る粉、「フロス」が堆積している。この付近の山でも茶色に変色し、枯死した木が目立つようになってきた。

 「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、真夏から晩夏にかけ急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色に枯れてしまう。1本の木から数万頭が羽化するといわれ、一度罹ると、その森には爆発的に被害が拡がるという。「ミズナラ」、「ブナ」、「コナラ」、「クヌギ」などのナラ類、「シイ」、「アラカシ」、「シラカシ」などのカシ類は、身近な森林を形成している馴染のある樹木であるから、「ナラ枯れ」は身近な自然に係わる深刻な問題でもある。

 本日の山作業、「ナラ枯れ」をひこ起こす原因である「カシノナガキクイムシ」の対策として、この春に被害木にまいた粘着シートを剥がす作業を行った。この対策を4年前、この山で被害木を見つけて以来毎年時実施した結果、2年前をピークに被害木は減ってきている。しかし、安心してまだ手を抜くわけには行かない。枯れてしまったら、もう花は咲かないのだ。(参照拙ブログ「熱中症も怖いですが ・・・」「続・秋が少し見えた ~カシナガの活動も始まる~」「虫、虫、虫 ・・・ 」「小雨の中で「カシノナガキクイムシ」を数える」「虫は嫌いではありませんが ・・・」  などなど)

 さて、今宵は木が憂いなくぐっすり眠れるようにと、「木の葉の子守唄/Lullaby of the Leaves」。大昔の1932年、「バーニス・ペトキア/Bernice Petkere」(といっても全く知りませんが)が発表した曲。演奏と歌とで。

 最初は、「エディ・ヒギンズ/Eddie Higgins」と「スコット・ハミルトン/Scott Hamilton」のコラボ・アルバム、「煙が目にしみる/Smoke Gets In Your Eyes」から。

煙が目にしみる

エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン / ヴィーナス・レコード



「Lullaby of the Leaves - Eddie Higgins & Scott Hamilton」

          


【 Lullaby of the Leaves 】 by Joseph Young / Bernice Petkere

「♪ Cradle me where Southern skies   南国の空の下、ゆりかごで私を寝かせておくれ
  Can watch me with a million eyes    百万の星と見守ってくれることができるから
  Sing me to sleep            眠りにつくまで歌ってくれ
  Lullaby of the leaves          木の葉の子守唄を

  Cover me with heaven's blue      空の青さに覆われて
  And let me dream a dream or two   一つ、二つの夢を 見てみたい
  Sing me to sleep            眠りにつくまで歌ってくれ
  Lullaby of the leaves           木の葉の子守唄を

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

 まずは、「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」。小気味の良い「ジプシー・ジャズ(ジプシー・スウィング)」を聴かせてくれるアルバム、「Gypsy in My Soul」(2004)から。

Gypsy in My Soul

Connie Evingson / Minnehaha Music




「Connie Evingson - Lullaby of the Leaves」

          

 金髪をなびかせ、ベースを弾きながら歌う「ニッキ・パロット/Nicki Parrott」。四季それぞれの歌を歌ったシリーズアルバム、「枯葉/Autumn Leaves」(2012)から。

b0102572_15135646.jpg

枯葉/Autumn Leaves
ニッキ・パロット
ヴィーナスレコード



   
「Lullaby of the Leaves - Nicki Parrott」

          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-14 09:00 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

落ち葉のダンス

b0102572_14375958.jpg
b0102572_14381536.jpg

 山はいたるところで「落ち葉のダンス」。朝方の雨で少し濡れた葉が、こもれびに反射している。この日の山作業は、春に巻いたナラ枯れ対策の粘着テープ剥がし。こんな地道な作業が、森を守ることにつながっていく。

b0102572_23565297.jpg

 山の秋の定番曲は、「デイヴ・グルーシン/Dave Grusin」の「マウンテン・ダンス/Mountain Dance」(1980)。ここ数年は毎年決まってこの時期に聴いているような気もする。「ロバート・デ・ニーロ/Robert De Niro」、「メリル・ストリープ/Meryl Streep」主演の映画、「恋に落ちて/Falling in Love」(1984)のテーマ曲ともなった曲である。

 「デイヴ・グルーシン」。1934年、コロラド州出身、アメリカのジャズ、フュージョン、映画音楽を代表するピアニスト、編曲家、作曲家、プロデューサーである。米国グラミー賞受賞10回、ノミネーション1回、アカデミー賞受賞1回、ノミネーション7回、ゴールデン・グローブ賞ノミネーション4回という輝かしい経歴を持つ強者。

 「マウンテン・ダンス」がリリースされた1980年当時、その新鮮に響きに、なんて才能あるミュージシャンが現れたものかと思ったこともある。そんな懐かしの一枚で、クロス・オーバーの名盤が、「マウンテン・ダンス」。

マウンテン・ダンス

デイヴ・グルーシン マーカス・ミラー ジェフ・ミロノフ イアン・アンダーウッド エドワード・ウォルシュ ハービー・メイソン ルーベンス・バッシーニビクターエンタテインメント




「Dave Grusin - Mountain Dance」


          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-13 00:05 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(186) ~ トランペット協奏曲のように ~

b0102572_16275112.jpg

 これは見事なトランペット。協奏曲のように咲き誇っている。園芸名で、「エンジェルストランペット」、あるいは「エンジェルトランペット」。和名は、「キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)」といい、ちょっと微妙な名前。ナス科の属のひとつというから、ちょっとびっくりする。原産地はアメリカの熱帯地方だが、暑さが苦手で高地にしか生息していないという。

 むかし、私が洋楽に夢中になりだした頃、「ニニ・ロッソ/Nini Rosso」というトランペッターが一世を風靡したが、今宵は、スムース・ジャズ系、若手「イケメン・トランペッター」の肩のこらない演奏で。

b0102572_1001465.png

 名前からすると、イタリア系でしょう、まずは「ドミニク・ファリナッチ/Dominick」。1983年、オハイオ州生まれの今年まだ弱冠34歳であるが、アメリカ人ジャズ・トランペッター、作曲家、そしてビッグバンド・リーダー。10歳でトランペットを始めたという。1999年、地元で行なわれたクリニックで、かの「ウィントン・マルサリス/Wynton Marsalis」の目にとまり、翌年には、ウィントン率いる「リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラ」との共演が実現した。

 2003年、なんと19歳で初リーダー作「マンハッタン・ドリームズ」で幸運なデビュー。ストレート・アヘッドなプレイを得意とするが、バラードでもうまさを発揮するという申し分のないスタイルで人気を集めた。マルサリスの薫陶を受けたジャズ界の若きエリート、「ドミニク・ファリナッチ」の3作目は、同じくスウィング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクを獲得した、「ベサメ・ムーチョ」(2004)。ストレート・アヘッドなドライブ感と、ラテン系の甘い緊張感と同時に楽しめる佳作。

ベサメ・ムーチョ

ドミニク・ファリナッチ / ポニーキャニオン



 タイトル曲、「ベサメ・ムーチョ」と「アストル・ピアソラ/Astor Piazzolla」のオリジナルで、多くの分野のミュージシャンにカバーされている「リベルタンゴ/Libertango」を。

「Dominick Farinacci Quartet - Besame Mucho」

          

Libertango ー Dominick Farinacci

          

 もうひとりのイケメン・スムース・ジャズ・トランペッターは、「クリス・ボッティ/Chris Botti」。端正なマスクで人気があり、スムース・ジャズの代表のように言われているし、また実際そうには違いないが、そのと官能的な音色には惹かれるものがある。

b0102572_1015478.jpg

 「クリス・ボッティ」は、1962年、アメリカオレゴン州ポートランド生まれ。若手とばかり思っていましたが、55歳、円熟の歳ですね。幼少の頃より、クラシック・ピアノの講師であった母親の影響で、ピアノを弾き、10歳でトランペットを始めたという。「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」に影響され、トランペッターとしての道を進む決意をし、高校時代よりプロとして活動するようになる。大学に卒業後は、ニューヨークに拠点を置き、ポップス/ロック系からジャズに至るまで多くのミュージシャンと共演している。

 2004年発表の「ホェン・アイ・フォール・イン・ラヴ/When I Fall In Love」では、「スティング/Sting」と「ポーラ・コール/Paula Cole」をゲストに、2005年発表の「トゥ・ラヴ・アゲイン/To Love Again」では、「スティング」をはじめ、「ジル・スコット/Jill Scott」、「グラディス・ナイト/Gladys Knight」、「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé」等多くのゲストを迎えている。

To Love Again

Chris Botti / Sony



「Chris Botti To Love Again ( Full Album ) 」

          

 「When I Fall In Love」(2004)から表題曲を。

b0102572_10253977.jpg
 
When I Fall in Love Import
クリス・ボッティ
Sony  

 
「When I Fall In Love- Chris Botti」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-11 11:37 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

山の秋が深まりゆく

b0102572_0313042.jpg
b0102572_0314513.jpg
b0102572_03207.jpg
b0102572_210331.jpg

 山の秋も深まってきた。自生している「シバグリ(柴栗)」、「カキ(柿)」。「アキサンゴ(秋珊瑚)」とも呼ばれる「サンシュユ(山茱萸)」の実も色づいてきた。そして、「ドングリ(団栗)」も大豊作。ところがである。これらは鹿の大好物。やはり日中でも出てきます。これから、繁殖期に入るとあってか、我が物顔に闊歩し、食べ漁っている。

 山の秋。今宵のピアノは、「里の秋/Sato No Aki」。「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ/European Jazz Trio」の演奏。彼らのアルバムには、日本の曲を演奏、収録したしたアルバムがいくつかある。その一つ、「モナリザの微笑み/Mona Lisa」から。

 「日本の詩情」という形容にまったく違和感のない情感あふれる演奏である。それはとりもなおさず、ヨーロッパに住む彼らが、日本の曲に感じた心象風景が、我々のそれとそう違いはないということであろうか。やはり日本の四季の美しさは世界に誇れるのであろう。

モナリザの微笑み

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ / ポニーキャニオン



「European Jazz Trio with strings - Sato no Aki (里の秋)」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-10 09:52 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

Happy Birthday

b0102572_7152212.jpg

 妻の誕生日ということで、次男一家がプレゼントを持ってやってきた。孫の小学校初めての運動会のビデオと既に写真館で撮り終えた「七五三」の写真も持って。妻の6?回目の誕生日。ごく普通の人生の一コマ。今更のように感じるのが、あっという間の月日の流れ、孫娘の成長の速さ。

 今日は脇役だった「爺」が贈るのは、「グランドファーザーズ・ワルツ/Grandfather's Waltz」。ノルウェイのジャズ・ピアニスト、「ヘルゲ・リエン/Helge Lien」のアルバム、「To The Little Radio」から。

トゥー・ザ・リトル・ラジオ

ヘルゲ・リエン・トリオ / ディスク・ユニオン



「Helge Lien Trio - Grandfathers Waltz」

          

 この曲は、アルバム、「スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス/Stan Getz & Bill Evans」(1964)、「スタン・ゲッツ&/ジョアン・ジルベルト Vol. 2/Getz/Gilberto Vol. 2」(1964)などに収録されていることで知られている。その肩のこらない2つの演奏を ・・・。

b0102572_10274986.jpg

Stan Getz & Bill Evans
ビル・エヴァンス スタン・ゲッツ
Polygram Records




「Stan Getz & Bill Evans - Grandfather 's Waltz」

  
          

b0102572_10313344.jpg
 
Getz/Gilberto 2 CD, Import, Live
スタン・ゲッツ & ジョアン・ジルベルト
Polygram Records



「Stan Getz - Grandfather's Waltz」

          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-09 11:22 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(185) ~ なぜ塀際で ~

b0102572_21133446.jpg

 黄色い花。そして見事な「ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)」が垂れ下がっている。塀だけでなく、庭の方にまで、たくさんの「ヘチマ」を育てているようだ。最近はあまり見かけないが、昔は果肉を乾燥させ、そのスポンジ状になった繊維を使って、「たわし(束子)」として使ってきた「ヘチマ」。そして実家では、母親がやはり塀際で「ヘチマ」を育てていて、実を採っては、それを化粧水に作ってくれる店に持って行っていた。あとは、「緑のカーテン」、それくらいしか、利用法が思い浮かばないのだが、こんなに大量の「ヘチマ」を育ててどうするのだろう。もっとも、最近では料理して、食する人も多いというが、それにしてもこの大量の「ヘチマ」 ・・・。何故?

b0102572_21135034.jpg
 
 「ブドウ(葡萄)」。生っている場所といい、状態といい、とても食するためとは思えない。その実も鮮やかとは言い難く、とても観賞用とは思えない。何故?

b0102572_211419.jpg

 「ピラカンサス」。和名は、「タチバナモドキ(橘擬)」、または 「トキワサンザシ(常盤山樝子)」。こちらの意図はきわめて明確。そのたわわに実る赤い実が鮮やか。

b0102572_12392366.jpg

 さて、今宵のピアノ。USBへの取り込みの手を止め、聴きだしたのは、イタリア人ピアニスト、「フランチェスコ・マッチアンティ/Francesco Maccianti」。1956年イタリア生まれということくらいしか、バイオグラフィもキャリアもわかっていません。持っていたことも忘れていた2004年録音盤は、「Crystals」。このピアニストの持つリリシズムは、同じヨーロッパでも北欧のそれとは違い、ウェットでぬくもりがあって、すこし官能的な感じがする。やはりイタリアの生み出す風土のためか。

パーソネルは、「Francesco Maccianti(p)」、「エシット・エシット/Essiet Essiet(b)」、「ジョー・チェンバース/Joe Chambers(ds)」。

Crystals

Francesco Maccianti / Imports



「Francesco Maccianti - Distant Call」

          

 こちらはYOUTUBEからのアップ。

b0102572_12274173.jpg
  
Passo A Due
Maccianti Francesco
Almar Records



「Francesco Maccianti - Passo a due 」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-07 12:32 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

カズオ・イシグロ氏とJAZZ

b0102572_9371097.jpg
 TVを観ていたら、「ノーベル文学賞に日系人のカズオ・イシグロ氏」というテロップが流れてびっくり。確かに「カズオ・イシグロ」氏は素晴らしい作家であるが、ノーベル文学賞を受賞するとは、思ってもみなかった。しかし、うれしい限りである。

 このブログで、彼を取り上げたのはいつだったろうか。前のブログを繰ってみたら、2009年8月10日の記事、「読むJAZZ(7)  ~音楽と夕暮れをめぐる五つの物語~ 」が最初のようである。

 『ずっと気になっていたひとりの作家、「カズオ・イシグロ」。その名前からして日系の作家であることは容易に察せられる。この名前が目に留まったのは、彼が、わがジャズ・ミューズの一人、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」が2007年9月にリリースした最新アルバム「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」にタイトル曲を含め4曲の詩を提供していたからである。  ・・・(中略)・・・  「二人の愛を確かめる旅にふさわしいのは北極よ」と誘う「アイス・ホテル/The Ice Hotel」、「傷心のあまり眠れなかった朝を迎えるには朝の路面電車で朝食をとることが一番」と歌う「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」など。ステーシーが語るように、良質の短編小説を読むような感性豊かな情景が拡がる。』

 そんな記事であった。その後もジャズ歌手、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」に詩を提供したことで、何回か取り上げたことがある。(参照拙ブログ「立春の朝に」「とどろく爆音に ・・・」「元気が出る朝の食卓」 など)

 彼の経歴や作品については、新聞などに詳しく報道されているから、そちらに譲るとして、「ステイシー・ケント」に提供されたいくつかの詩のうち、「アイス・ホテル」と「市街電車で朝食を」を紹介しておきましょう。

市街電車で朝食を

ステイシー・ケント / EMIミュージック・ジャパン



Breakfast on the Morning Tram

Stacey Kent / Blue Note Records

  

【 The Ice Hotel 】  作詞;Kazuo Ishiguro  作曲;Jim Tomlinson

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Let's you and me go away     二人で行きましょうよ
  To the Ice Hotel             アイス・ホテルへ

  They've built it all with ice that's pure and clear  透明で純粋な氷で造られているの
  The sofas, the lobby          ソファーも、ロビーも
  Even the chandelier          シャンデリアさえも
  A thermostat guarantees      温度は常に
  A steady minus 5 degrees     マイナス5度に保たれていて
  What other place could serve our needs so well 私たちのニーズに叶う所は他にないわ
  Let's you and me go away     二人で行きましょうよ
  To the Ice Hotel             アイス・ホテルへ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「Stacey Kent & Kazuro Ishiguro's 'The Ice Hotel'」

          

【 Breakfast on the Morning Tram 】
                 作詞:Kazuo Ishiguro 作曲:Jim Tomlinson

「♪ So here you are in this city     この街に佇んでいる そうあなた
  With a shattered heart, it seems   こころを閉ざしているように見えるわ
  Though when you arrived       この街についたときから
        you thought you'd have   ずっと夢で考えていたような
  The holiday of your dreams        休日を過ごせるなんて思っていた
  You'd cry yourself to sleep if you could  できることなら泣きながら眠ってしまいたいと
  But you've been awake all night     しかし残念ね 一晩中起きていたんでしょ
  Well here's something that you need to do  何が必要か教えてあげようか
  At the first hint of morning light      夜が明けてしなくてはならない最初の事を

  Walk right across the deserted city   まだ誰もいない街を歩いて 
  To the Boulevard Amsterdam      アムステルダム大通りへ行き
  And wait there             しばらく待ってなさい
  For what the citizens here        この街の人たちがこう呼ぶ
  Refer to as the Breakfast Tram    「ブレックファスト・トラム」を薦めるわ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  
  And even though you're a stranger  初めて訪れた土地にもなのに
  They'll make you feel         街の人たちは
  Right at home             家にでもいるように心地よくさせてくれる
  They'll be offering to refill your coffee  コーヒーのおかわりを注いでくれたりして
  They won't have you sitting there alone  人々はあなたを一人で放って置きはしない
  'Cause they've seen many others just like you  あなたのような人は大勢見てきたから
  And each one of them has had it happen too   みんな同じようなことを経験している
  So just enjoy your fresh croissant and jam  さあ、クロワッサンとジャムを楽しんで
  And don't neglect the Belgian waffles     ベルギー・ワッフルも忘れないで
  You'll soon forget your troubles        食べれば、悩みなんかすぐ消えるわ
  When you have breakfast on the morning tram  朝の電車で朝食をとれば   ♪」


「Stacey Kent - Breakfast on the Morning Tram」

  
          

 もうひとり、毎年ノーベル文学賞の候補に上がるのが、元ジャズ喫茶のオヤジにして、ジャズに関連した著書も多くある「村上春樹」。(参照拙ブログ 読むJAZZ(2) 或いは読みたいJAZZ ~村上春樹の世界~ 「読むJAZZ(12) ~村上春樹の音楽観~ 」「非現実的な夢想家として ~村上春樹氏のスピーチ~ 」  など)

 そうそう、「カズオ・イシグロ 」氏が最も関心のある作家は「村上春樹」氏だそうで、彼とロンドンであったときは、専らジャズの話をしていたと、あるインタビューで語っている。なんと「カズオ・イシグロ 」もご同様の御仁であったのだ。来年こそは ・・・。

 さて、小説以外の私のお気に入りの「村上春樹」の本は、彼がお気に入りの曲を自らの訳詩とエッセイで紹介した本、「村上ソングス」。

村上ソングズ (村上春樹翻訳ライブラリー)

村上 春樹 / 中央公論新社




 
[PR]
# by knakano0311 | 2017-10-06 10:18 | 読むJAZZ | Trackback | Comments(0)