大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:カルミア ( 2 ) タグの人気記事

母の好きだった花が

b0102572_17323439.jpg


昨年他界した母親が好きだった花の一つ。「カルミア」である。久しぶりの弾丸帰省。主なき庭に今年も咲いていた。花言葉の一つは「優美な女性」だとか ・・・。

b0102572_1747818.jpg

東日本大震災以来、いろいろなコンサートやイベントなどでうたわれる歌に、「ふるさと」という小学唱歌がある。あの誰でも知っている歌である。

「♪ 兎追いし かの山
   小鮒釣りし かの川
   夢は今も めぐりて、
   忘れがたき 故郷

      如何に在ます 父母
      恙(つつが)なしや 友がき
      雨に風に つけても
      思い出ずる 故郷

           志を はたして
           いつの日にか 帰らん
           山は青き 故郷
           水は清き 故郷      ♪」   作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一


この作詞者の「高野 辰之(たかの たつゆき)」が長尾県人であるということは意外と知られていない。1876年(明治9年)、長野県下水内郡豊田村(現中野市永江)の農家出身の国文学者、作詞家。号は斑山(はんざん)。幼年時代を豊かな自然の中で育ちながら学問の道を志し、苦学の中から、わが国の近代国文学に大きな功績を残した。その一方、小学唱歌の作詞者として著名で、その代表作に、彼の幼少を過ごした信州の自然を織り込んで作詩した「故郷(ふるさと)」、「朧(おぼろ)月夜」「紅葉(もみじ)」「春がきた」「春の小川」 などがある。晩年は、野沢温泉村の別荘で過ごし、1947年(昭和22年)1月、野沢温泉で没した。71歳。

長野県は山に囲まれ、産業の乏しい国。子供に豊かな教育を施し、立身出世を夢見て都会に送り出す。そんな気風が強いことからかっては「教育県」と呼ばれていた。「ふるさと」の歌詞を読むと、自分が重なって、そんな心根がよくわかるのである。

訪れたことはないが、郷里の豊田村には、「故郷」の記念碑・高野辰之記念館が、野沢温泉村には、「朧月夜」の歌碑が建てられていて「おぼろ月夜の館」という名前の記念館があるという。

(追記;この歌は長らく作詞作曲者不明だったが、昭和48年3月13日、日本音楽著作権協会の理事会で「紅葉」「春の小川」「朧月夜」「故郷」について、高野辰之の著作権を承認されたが、このことに別の見解も存在する。例えば、「言世と一昌の夢幻問答_尋常小学唱歌と早春賦の秘密」 など)

YOUTUBEで見つけた故郷安曇野の風景とともに流れる、ジャズ・アレンジの動画が郷愁を誘ったのでをアップしておきましょう。2012年9月、長野県安曇野にて録音されたCD 「Field / Sayuri Isatsu 伊佐津さゆり」より。

Field

伊佐津さゆり / Bright Sun's Record



「ふるさと - 伊佐津さゆり」

          


 
[PR]
by knakano0311 | 2016-05-25 20:53 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)

母を待ちわびて咲くカルミア

b0102572_16162853.jpg


今は主なき実家の庭に今年もまた花が咲く。施設に入居して3年になる母が好きだった「カルミア」。別名、「アメリカ石楠花(しゃくなげ)」。ツツジ科に属する常緑の低木である。家族の顔の見分けも怪しくなってきた母親、もうこの花の名前などすっかり忘れてしまったに違いない。

時期を過ぎたので、写真では分からないが、蕾は金平糖(コンペイトウ)のような形をしているが、花が開くと、花弁に模様が入って西洋皿のような形になり、華やかな印象となる。何も手入れなどはできず、放ったらかしになっているが、もう帰ってこないかもしれない母を待ちわびて今年も咲いたカルミア。

さて、前回は、「スザンナ・マッコークル/Susannah McCorkle」を紹介したが、1970年代、80年代、LP時代最後の頃の女性ジャズ・シンガーをもすこし続けてみましょうか。「カーメン・ランディ/Carmen Lundy。「カーメン・ランディ」の歌声は、10年ほど前に、車のCMフィルムで流れていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

b0102572_14333041.jpg

「カーメン・ランディ」。1954年生まれのアメリカ人ジャズ・シンガーで、作曲家、編曲家、作詞家、そして、女優、画家という多彩な才能を持つ。「ビリー・ホリデイ/Billie Holiday」、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」、「サラ・ヴォーン/Sarah Vaughan」等が築きあげてきたジャズ・ヴォーカルの王道を継承する実力派という評価を得ている。

フロリダ州、マイアミ生まれの彼女は、幼い頃からゴスペル・グループで歌い、10代の頃にジャズ活動を開始。1985年にファースト・アルバムを発表し、「マーカス・ミラー/Marcus Miller」、「ロン・カーター/Ron Carter」ら数多くの有名ミュージシャンと共演を重ねてきた。その一方で作曲家、女優、画家としても多彩に活動、「They Were All Gardenias」では、主人公「ビリー・ホリデイ」役を演じたという。  

風のささやき

カーメン・ランディ / ビクターエンタテインメント

 


「女性ボーカル特定曲衝動買い症候群」(参照拙ブログ「持病がまた出た・・・・・」など)という多分完治はしない発作で買ってしまったアルバムから、タイトル曲の「風のささやき/Windmills Of Your Mind」。

「Carmen Lundy - Windmills Of Your Mind」

          
[PR]
by knakano0311 | 2014-06-17 10:23 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)