大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:マルガリータ・ベンクトソン ( 1 ) タグの人気記事

変りゆく風景、変わらない自然

b0102572_1545326.jpg
b0102572_14525938.jpg


久しぶりに雲一つない上天気。妻が最寄り駅から4つ先の日生中央まで歩こうと提案。しばらくこのコースは歩いていなかったが、10年ほど前は季節の変わり目によく歩いたコースである。6~7kmくらいか、1時間半ぐらいのウォーキング・コースである。

私が住んでいる団地の北側では、現在の名神、中国道の渋滞緩和のために建設される新名神高速道路の工事が終盤に差し掛かっている。本来は来年3月完成の予定であったが、橋脚の落下事故の影響で1年ほど完成が延びるらしい。地域の風景を一変させる高速道路建設現場を通り過ぎ、老舗のゴルフ場、「鳴尾ゴルフ倶楽部」へと通ずる道へと入っていく。私はゴルフはしないので縁のないところではあるが、21年ほど前の阪神淡路大震災の時、1ヶ月以上都市ガスの供給が途絶えたが、震災直後、このゴルフ場が風呂を地域住民に開放してくれたため、家族で世話になったことがある。ありがたかったな。

b0102572_1551152.jpg


やがて道は車も通ることができない細い山道となり、左手には「つるやオープン」開催で知られる「山の原ゴルフクラブ」のコース、右手には「鳴尾ゴルフ倶楽部」のコースに挟まれながらしばらく歩く。秋ではあるが、左右に広がるグリーンの鮮やかさが目に映る。そして、季節の花、「サザンカ(山茶花)」が咲き誇る。「プラタナス」でしょうか、紅葉も始まりだした。ここの自然は少しも変わっていない。

結構体力もついたのでしょうか、10年前に比べ、しんどかったという感じもせずに日生中央に着き、ショッピング・モールで弁当も買って、オープンカフェで昼食。帰りは最寄駅まで電車で10分。帰りはあっという間。

b0102572_21172719.jpg

さて今宵は、「マルガリータ・ベンクトソン/Margareta Bengtson」です。人気ア・カペラ・ユニット、「ザ・リアル・グループ/The Real Group」の元リード・シンガーで、北欧一美しい声の持ち主とか、北欧一美しいソプラノの持ち主といわれている。

1966年、ストックホルム生まれ。声楽の教師を母に、王立オペラの主席フルート奏者を父にもち、幼少から歌とピアノを、12歳からはハープを習う。1984年に王立音楽アカデミーに入学すると同時に、学友と「ザ・リアル・グループ」を結成。その後グループから独立し、ソロ活動へ。古き佳き時代のアメリカン・ジャズ・スタンダードへのオマージュとして制作された、2007年のデビュー・アルバム、「アイム・オールド・ファッションド/I´m Old Fashioned 」が、その美しいソプラノ・ヴォーカルとオーケストレーションで話題を呼んだ。(参照拙ブログ「スエーデン美女シンガー図鑑(その8) ~マルガリータ・ベンクトソン~ 」など)

アイム・オールド・ファッションド

マルガリータ・ベンクトソン / スパイス・オブ・ライフ



「マルガリータ・ベンクトソン」、7年振りの新アルバムは秋にふさわしい珠玉のバラード集。スウェーデンを代表するピアニストの一人、しなやかなタッチで人気の高い「マティアス・アルゴットソン/Mathias Algotsson」を迎えてのアルバム、「バラッズ/Ballads」。美しいソプラノで、スタンダードの名曲の数々を歌い上げる。

バラード

マルガリータ・ベンクトソン・ウイズ・スペシャル・ゲスト・マティアス・アルゴットソン / Savvy/Spice of Life



新アルバムからのアップがまだありませんので、「I´m Old Fashioned」に収録されているスタンダード、「Someone to watch over me(邦題は、やさしき伴侶を)」をライブで。

「Someone to watch over me - Margareta bengtson」

          


  
[PR]
by knakano0311 | 2016-11-04 13:29 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)