大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:家庭菜園 ( 3 ) タグの人気記事

興味は野菜に

b0102572_1435266.jpg
b0102572_14351412.jpg

 最近、妻からウォーキングのコースについて、リクエストが出るようになった。そのリクエストは、授業で使う小学校の菜園や家庭菜園を見て回るコース。野菜の生育具合や畑の状態を参考にしたいようである。カボチャ、スイカ、キューリ、シシトウ、ナス、トウモロコシ ・・・。これからが野菜は生育の本番。これからもっと頻繁にリクエストがあるんでしょう。カボチャの花の黄色と葉の緑が鮮やか。

 野菜の葉の緑がますます濃くなる季節を迎えての曲は、「The Green Leaves of Summer(邦題:遥かなるアラモ)」。かの「ディミトリ・ティオムキン/Dimitri Tiomkin」の手掛けた映画音楽である。1960年公開、「ジョン・ウェイン/John Wayne」製作・監督・主演の超大作西部劇の「アラモ/The Alamo」の主題歌。当時メキシコ領であったテキサスの、アラモ砦に立てこもったアメリカ人と、それを包囲攻撃するメキシコ軍との壮絶な戦いを、史実に基づいて描いた作品。70mmの大スクリーン、上映時間190分、3時間を越える超大作。行きましたよ、映画館へ。たしか途中に休憩時間がありましたね。

アラモ [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 作詞は、「ポール・フランシス・ウェブスター/Paul Francis Webster」。まるで「平凡パンチ」の表紙絵から抜け出したようなアイビー・ルックの4人組、当時のフォーク・ブームの中心だった「ブラザーズ・フォー/The Brothers Four」が歌ったレコードが大ヒット。日本でもフォークソング・ブームに一層拍車がかかった。

 いやいや、我が家の「野菜VS花バトル」を「アラモ」に例える気は毛頭ございませんが、まずは、「ウェス・モンゴメリー/Wes Montgomery」のCTi大ヒットアルバム、「ロードソング/Road Song」(1968)から。

Road Song

Wes Montgomery / A&M



「Wes Montgomery - Green Leaves Of Summer」

          

 やはり、ブラフォーも聞いてみたくなるのが人情。我々シニア世代の多く、ギターを始めるきっかけとなったのが、ベンチャーズかブラフォーだった。懐かしき日々が蘇る。

【 The Green Leaves Of Summer 】 by Paul Francis Webster / Dimitri Tiomkin

「♪ A time to be reaping      収穫の季節
  A time to be sowing       種まきの季節
  The green leaves of summer    夏の緑の葉が
  Are calling me home       わたしを故郷へと誘う
  Was so good to be young then  若いあのころはよかった
  In the season of plenty      豊かな季節に恵まれて
  When the catfish were jumping  ナマズが空よりも高く
  As high as the sky         跳ねていたあの頃が

  A time just for planting      植え付けの季節  
  And the time just for ploughing  耕しの季節
  A time to be courting       そして求愛の季節
  a girl of your own         自分にふさわしい女性を求めて
  Was so good to be young then   若いあのころはよかった
  To be close to the earth      大地とともに暮らし 
  And to stand by your wife     妻の出産にも立ち会った
  At the moment of birth       あの頃が
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 若い頃、あまり意味も気にせずに聞いていましたが、こんな詩だったんですね。

グレイテスト・ヒッツ

ブラザーズ・フォア / Sony Music Direct



「The Green Leaves of Summer - The Brothers Four」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-05-17 09:41 | いもたこなんきん | Trackback | Comments(0)

花より野菜

b0102572_1451759.jpg


 妻が育てているミニミニ家庭菜園。玉葱の初めての収穫。玉が小さい品種なのか、発育不良なのかよくわからないが、玉葱は初めてなので、タブレットや図書館で借りてきた本でのチェックに余念がない。土、畝の作りや深さ、肥料、霜、陽当り、水遣りなど気を配らねばならないことも多いらしく覚えたての知識やノウハウを話し出したら止まらない。

 芋も南瓜もないが、ゴーヤ、小松菜、ピーマン、ミニトマト、ミツバ、パセリ、大蒜(ニンニク)、キュウリ、ナス、春菊、大葉、オクラ、サンショウ ・・・。猫の額よりまだ狭い我が家の庭の、一体どこに植えるのか?と思うほど。答えは、今までそこに植わっていた花がきれいになくなっていました。花より野菜。

 農家出身の親父は、実家の菜園で相当な種類の野菜を趣味で育てていた。小型の耕運機まで買っていたので、プロといってもいいくらいの、相当な入れ込みようだった。存命ならば、妻の良き師匠になったろう。

 野菜の歌。ゴキゲンなR&Bから、「Red Onion」。ソウル・オルガンの名手「リチャード・グルーブ・ホームズ/Richard "Groove" Holmes」のアルバム、「New Groove」(1974)から。

ニュー・グルーヴ

リチャード・グルーブ・ホームズ / Pヴァインレコード



「Richard Groove Holmes - Red Onion」

          


  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-05-06 09:58 | いもたこなんきん | Trackback | Comments(0)

他人の畑が気になる?

b0102572_17493967.jpg
b0102572_17502415.jpg

今年になって、妻が家庭菜園らしきものを始めだした。もちろん初心者である。しかし他人の畑の生育度や、設え、手入れの仕方が気になるらしく、ウォーキングをしていても、車にのっていても、同じように野菜を植えてある他人の庭や、貸し農園、プロの農家の畑にも目も足も止まるのである。写真は、近くの農家の「オクラ畑」。さすが、プロの育てている「オクラ」は全然違う。

それでも何かしらの手入れのヒントを得たらしく、「ちゃんと追肥や適葉せねば ・・・」などと専門用語をつぶやくから驚き。しばらくは、「〇〇のやさしい育て方」などというNET検索を頼まれる日がつづくであろう。

それにしても、この辺はのどかな田園風景であったが、近くを走る予定の新名神高速道路の工事によって、景色がすっかり変わってしまった。

b0102572_1732389.jpg

さて、真夏の夜、オリンピックを見るのに忙しく、なかなか音楽を聴けていないのだが、お気に入りのデュオ・アルバムをかけてみる。「チャーリー・ヘイデン&ケニーバロン/Charlie Haden and Kenny Barron」の「Night and the City」。

1996年にニューヨークのジャズ・クラブ、「イリジウム/Iridium」でライブ録音されたアルバム。「・・・・ 静かな緊張感、それにときおり高揚感を漂わせる音楽が生まれている。ここにあるのは、街中であれどこであれ夜ふけに耳を傾けるには最高の音楽だ。」

パーソネルは、「Kenny Barron (piano)」、「Charlie Haden (bass)」。

Night & The City

Charlie Haden / Polygram Records

 

そこからスタンダード3曲を ・・・。 


「Charlie Haden and Kenny Barron - For Heaven's Sake」


          
  
「Charlie Haden and Kenny Barron - The Very Thought of You」

          

「Body and Soul - Charlie Haden with Kenny Barron」

          



   
[PR]
by knakano0311 | 2016-08-18 17:33 | いもたこなんきん | Trackback | Comments(0)