大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:川遊び ( 3 ) タグの人気記事

川遊び終わる

b0102572_1453937.jpgb0102572_1482260.jpg



恒例の地域の子供たちと遊ぶ「川遊び」。前日は川底に沈んでいる危険なものを取り除いたり、河川敷の草刈り、テントや道具の運び込みなどの準備を行う。そして今日、50人くらい集まっただろうか。専門家の先生の説明を聞いたあと、一斉に川に入る。「ナマズ」に似た「ギギ」、ヤゴ、ザザムシ、ドジョウ、メダカ、カワヨシノボリ、カワエビ、オタマジャクシなど意外と多くの水生生物が、子供たちの網に入っていた。

b0102572_14133195.jpg

さて、私が当日仕掛けた「もんどり」。揚げてみると、「カワムツ」や故郷・信州では「ゴリ」と呼んで佃煮などで珍重される「カワヨシノボリ」などが入っていた。結構この川もきれいになったということが実感できる。1時間ほどの川遊びで採集した水生生物に、先生が一つ一つ解説を加え、子供たちの活発な質問にも答えていただく。夏休みの宿題の目途がついたのか笑顔の子供たち。

東北の子どもたちも、今年は川で遊べたのだろうか?。熱中症などもなく、今年も無事に終わったことにスタッフ一同、安堵と感謝。

邦楽で「川」につながる代表曲といえば、この歌でしょう。「美空ひばり/川の流れのように」。2003年デビューの歌手「椿」のカバーで ・・・。「椿 ー 川の流れのように」

          

さあ、そしてJAZZでといえば、子供たちの無邪気で純真な歓声や川面をわたる爽やかな風とはまったく真逆、だいぶ違和感があるかもしれませんが、失恋のトーチ・ソング「Cry Me A River」でしょうか。有名なスタンダードで、「涙が川のように溢れるほどあなたを思って泣く」という意味であるが、「おやじ声」とも評される「ダイアナ・クラール/Diana Krall」でいかがでしょうか。こんなん聴いていると、子供となんか遊んでいられません。爺さんでもそんな気になりますね ・・・。

ザ・ルック・オブ・ラヴ

Diana KrallUniversal Music =music=



Diana Krall/Live In Paris [DVD]

ヤマハミュージックアンドビジュアルズ



パリ、オランピア劇場でのライブから。 「Diana Krall - Cry Me a River」
 
          
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-08-20 15:24 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

川に遊び、川に学ぶ

b0102572_16474954.jpg

今日は地域ボランティアとして私がお手伝いをしているグループの夏のイベント、「川遊び」を行う日。子供に学校や親が教えなくなったいろんな遊びを教えているグループの主催である。団地のはずれを流れている猪名川の支流で、子供たちに川にすむ生き物を観察してもらい環境への関心を少しでも持ってもらうが主な目的。もちろん夏休みの宿題がこれでできるというのが子供側にとっても、大きなメリットであるのは言うまでもない。安全対策など準備万端で当日を迎えたが、始まる早々激しい雷雨に見舞われた去年とは違って、今年は連日の炎天・猛暑。熱中症を警戒したのか、参加人数は50人くらい、去年の半分以下であった。

b0102572_17464357.jpg

それでもやはり子供は子供。日ごろはまず入ることのない川に入って大喜び。自分の住んでいる地域にこんな自然豊かで遊べる川があったとは知らなかったという親御さんも。カワゲラ、トビケラ、エビ、ヤゴ、カゲロウ、ヨシノボリ、オイカワ、メダカなど、多分、今日はじめて見たり、触ったりする虫や小魚などがたくさん捕れましたね。専門家の先生の解説もあって、自然に対する理解もちょっと深めて、今日の川遊びはおしまい。怪我や熱中症もなく、全員喜んで帰ってもらえたようだ。お世話をした爺さん婆さんたちは、それから後片付けをして、もうクタクタ、クラクラ。でも子供の喜ぶ顔を見ると、また来年もやってあげようと思うのである。

水に足を浸し、川面を渡ってくる風にほっとする。ウォーキング途中の緑陰の涼しさに足を止める。山遊びの最中、木漏れ日と下から上がってくる上昇気流の心地よさに憩いながら水筒の栓を開ける。クーラーに頼らない「涼」を楽しむ方法はまだまだある。こんなクーラーに頼らない緑や水を生かしたアイデアをもっと都市の環境設計やビルなどに生かせないものだろうか?

一休みしたときに、河原に生えている葦の葉で、舟を作って浮かべてみた。子供のころ笹の葉やいろんな葉っぱで舟を作っては川に流して速さを競って遊んだものだ。いまだに舟の作り方を覚えていたことに自分でもちょっとびっくり。おっと、これは爺さんのたんなる感傷ですね ・・・ 。

b0102572_16545693.jpg


何回もこのブログで取り上げたお気に入り「Eva Cassidy/ Live At Blues Alley」からアップテンポのソウル・ナンバー「Take Me To The River」。オリジナルは、「アル・グリーン/Al Green」。それにしても1996年1月にワシントンDCの小さなジャズクラブ「ブルース・アレイ」で行われたこのライヴ、なんと濃密な空気と貴金属のような贅沢な輝きに満ちているのだろうか。そしてこの年の暮れ、一瞬の光り輝くライブ・アルバムを残し、エヴァは癌で帰らぬ人となってしまった。

Live at Blues Alley

Eva Cassidy Eva Music



聴いてみます? 「Eva Cassidy - Take Me To The River 」。

          

そして画像終了時のメニューから選べば、続いて、「♪ ・・・ Wade In The Water,Children Wade ・・・子供たちは川を渡る ・・・ ♪」と歌うゴスペル、「Wade In The Water」も聴けます。
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2010-08-22 10:17 | 地域の中で・・・ | Trackback(1) | Comments(0)

川で遊ぶ・・・

b0102572_17525262.jpg
子供たちに色々な遊びを教え、世代間の交流を図るための、地域ボランティア活動を、私たち夫婦がお手伝いをしている。今日はその活動の中で、もっとも大掛かりな活動である「川遊び」があった。団地のはずれを流れている猪名川の支流で行うのであるが、子供達に、川に親しんでもらうとともに、環境のことも学び、水辺の観察を行う。子供達のとって何よりうれしいのが、これが例年、夏休みの自由研究の格好なテーマとなることである。

われわれシニアのボランティア・グループにとっては、結構大変で、前日から河原や水べり、川底の危険物の掃除を行い、当日は朝早くから、バケツ、採集網、など用具の準備、小学生低学年が主な対象のため、深みや急流、マムシの生息区域に行かないように、安全区域を確保するための、杭の打ち込みとロープ張り、テント張り ・・・・など様々な準備をして子供達を迎えるのである。

b0102572_17532165.jpg
親御さんも含めて100人を超える子供達が集まった。一斉に川へ入る・・・。歓声・・・。
子供達の殆どが採っていたのは、「ヒゲナガカワトビケラ」。当日、指導・解説をお願いしていた生態、環境の専門家の話によると、この虫は鮎の餌になるため、環境のいい川にしか見られないとのこと。この川の環境もかなりよくなってきた証拠だ。私の故郷、信州ではこの虫は「ざざ虫」と呼ばれていて、「いなごの佃煮」、繭から生糸を採った後の「蚕のさなぎ」とならんで、「信州3大ゲテモノ食い」のひとつであったことを思い出した。そのほか、ヤゴ、カワニナ、タニシ、ドンコなど。外来種ではあるが、アメリカザリガニ、ミドリガメなども・・・。一時はインフルエンザの問題で実行も危ぶまれたが、びしょぬれになりながらも喜ぶ子供達をみると、今年もやってよかったなとつくづく思うのだ。

この子達の未来に環境も含めて、日本をどう再生して渡すことができるのか? 政権選択を決める総選挙を翌日に控えた日のことであった。

「Eva Cassidy/エヴァ・キャシディ」が「川を渡る、子供達が・・」と歌うゴスペル・ナンバー「Wade In The Water」は、本人自身がリリースしたのはわずか4枚しかないエヴァのアルバム「Eva by Heart」から。

Eva by Heart

Eva CassidyLiason



b0102572_1825156.jpg

ある人にとっては、「病みつきになる」という言葉でしか表現できないアーティストがいる。私の場合、その一人が、「Eva Cassidy/エヴァ・キャシディ」である。ポップス、ソウル、スタンダード、カントリー、ブルースなどジャンルを超えた、一度聴いたら忘れられない、その美しいボーカルは、私を虜にした。1996年に皮膚癌で亡くなるまでの、33年の短い生涯のあいだ、ホームタウンのワシントンDC以外では無名に近かった。素晴らしいことに、スタンダードでも、ポップスでも、まるで彼女のために書かれた曲のように聴かせる驚くべき才能で、全力疾走のように、彼女は歌いつづけた。私は、秋の気配を感じるといつも聴きたくなるシンガーである。JAZZ以外の女性シンガーで「わがミューズ」を選ぶとすれば、間違いなく選ばれる一人。彼女の生涯最高のライブ盤は「Live At Blues Alley」。

Live at Blues Alley

Eva Cassidy Eva Music



「Eva Cassidy - Wade in the Water」

          
[PR]
by knakano0311 | 2009-09-02 09:49 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)